神戸ボードゲームの会へようこそ!

平日昼休み 放課後 見学自由
毎月第4日曜に定例会やってます

問題は鼎の軽重だけではない(byシルバ)

2017年07月23日 20時20分46秒 | 17年TRPG報告

更新遅れてしまいましたが、7/20のTRPG報告をさせて頂きます。


 

参戦PCは以下の通りです。

猫猫:15歳 女
田舎育ちのタビット。自信満々なちびっ子で、語尾に「にゃ」を付けるというRPを貫ききりました。

冷・蔵庫(そうっこ):4歳
ヒタチジェネレーターが生み出したという冷蔵庫型ルーンフォーク、天華でのルーンフォークの地位は低いとは言ったが、誰が冷蔵庫になれといった(誉め言葉)

ゲルト・グレッソ:25歳 男
東から流れてきた、元宮廷お抱えの傭兵だった人間の男。チャイナな雰囲気の世界の中で、フルフェイスな鎧騎士はダメージソースとして無双しました。

アイビー・キール:40歳 男
西の方の生まれ、そこから流れてきたリルドラケン。所謂”龍”のような姿をした人物 (……あれっ、二本の脚ってどこに生えてるの?)

*プレイ中の様子*

GM「皆さんは本棚の裏に隠し階段を見つけました」

一同「上ります!」

GM「くっくっく 了解です(焦りやがって…… この先に恐ろしい罠があるとも知らずに、命知らず……な) 皆さんは二階につきます。こんな感じで扉が見えてるよっ」

一同「開けます、前衛はゲルトとアイビー、冷蔵庫で他は後衛です」

GM「(゚∀゚)キタコレ!!

一同「?」

GM「無警戒な前衛組をレーザーが襲うよっ! 威力30の純魔法ダメージ、死にさらせっ!!」(これで懲りて、次からは警戒しながら階段上ってくれ)

一同「おぅ」

コロコロっ → ピンゾロ = ノーダメージ

GM「ノオオオオオオオオ」

一同「爆笑」

 

尚、同様のことがあと二回ぐらいあった模様(ほろり)


シルバ「さて……今回はもう、しんどいから相方を召喚せずにここら辺で終わらせよう。そうだそうし……」

ルカ「ご、ごめんね。たぶんそんなに長くは居ないはずですよ」(申し訳なさげな顔)

       シルバ「(なんだろ、すっごい罪悪感ガガガ)」

=閑話休題=

シルバ「さて、今回シナリオで無理やり登場してもらったのが留守……いえ、ルカさんです」

ルカ「今回のPCさんの目標は『遺跡を探索すること』 でしたが、私が見つけたとあるモノがきっかけになりました。」

シルバ「遺跡の調査と、冒険の仕方みたいなものを中心にしたシナリオと、単純だとは思ったのですが……」

ルカ「そもそも『3時間シナリオ』として終わらせるなら、SW2.0やCFSCのような重たいシステムは推奨されないということを証明してしまった……そんなところなのかもしれないですね。」

シルバ「えぇ、TRPG業界的にも『軽めのモノへ』という傾向が見られますからねぇ……」

ルカ「それにね、そもそもTRPGのゲームに何を求めるのかってことも大きいと思うのです。」

シルバ「と、云いますと?」

ルカ「例えば、軽快なRPを積み重ねていきたいっていう人も居れば、最終戦闘で開花させることを楽しみにしている人も居る。ということですよ。」

シルバ「自分は……『RPは全て何かを表現するためのものにしよう』と考えてはいますが、確かに違うでしょうね。」

ルカ「お互い、楽しみっていうのは違うし……そもそも、シルバ君はシリアス&レトリックが好きなのだと思うけれど、”シリアスが苦手”だって人も居るから……結局は、運任せなところもあると思いますよ。」

シルバ「……難しいなぁ、TRPG」

 


 

願わくば

時間をかけて、丁寧なRPが出来る

重厚でシリアス、そして達成感ある

そんなセッションがやりたい



ので、誰か……GMやってくださらないでしょうか(チラッチラッ)


最後にお題の回収をば

直近で見た映画の感想」ですか

直近でみたのは、「ゴースト・イン・ザ・シェル」ですね。

もう、スカヨハの草薙少佐がとにかくイケメン。

あと、北野たけしさんが「えっ コメディアンなの?」って云われる理由がよくわかります。

攻殻機動隊、お恥ずかしながらこれを見るまで全く知らなかったのですが……

 

肉体とは、精神とは? そもそも人間をどこまで人間と呼ぶことができるのか?

是非ともご覧くださいませっ

 

それにしても、どうして『少佐』って呼ばれる人は格好いい人が多いのだろう……

 

さて、次のお題は単純に。

「最近”異議ありっ”と思ったこと」について書いてくださいなー

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノゲノラゼロ面白かったです... | トップ | Civ中毒 byミズノ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

17年TRPG報告」カテゴリの最新記事