神戸ボードゲームの会へようこそ!

平日昼休み 放課後 見学自由
毎月第4日曜に定例会やってます

PPTQ参加記念~リミテ編~ byヒミコ

2017年07月17日 01時36分58秒 | つれづれなること

【新入生の方へ】これは通常のサークル活動報告ではなく、外部でのイベントへの参加記です。たまーにイベントでいい成績を残したりなんかするとブログで報告することがあります。今回はMTGの大会ですので、マジック・ザ・ギャザリングをご存じない方は読みづらいと思いますが、もしご興味のある方はどうぞ。
【お詫び】バックアップなしで書いていたところデータが飛んでしまい心が折れたためかなり簡略版でお送りします。具体的にいうとやってない人向けの説明を割愛したり専門用語で省略したりしています。わかりづらいですがご容赦ください。

OBのヒミコです。PPTQ2018#1に言ってきたので今期初ブログです。
今回はリミテッドのPPTQに行ってきました。

デッキ構築編

ボーラス様に空からの導き手2枚に発射2枚にケンラの潰し屋2枚…普通だな!(大嘘)
ご覧の通りそこそこ強いデッキが組めました。高タフネスが出るとつらいですがどこはまあバウンスで誤魔化していく方針で。
ちなみにサムトも剥きましたが緑がお通夜だったのでスルーしました。反省点としては悪運尽きた造反者がゾンビシナジーを加味してもなおかみ合わなかったので抜くべきでしたね。代わりの候補としては華麗な苦悶、縞カワヘビ、狡猾な生き残りあたりでしょうか。
プールが強かったので割といろんな組み方ができそうなプールでした(青黒サイクリングデッキとか組めそうなパーツ揃ってましたがグッドスタッフな方向で仕上げたため不採用)。

スイスドロー編
今回は13人4回戦。
1回戦 勝-勝
相手はトリコでした。2ゲーム目からは黒も入ってた気がする(朦朧)
1ゲーム目
相手の土地の色がそろわなかったり有効牌が来てなかったりするうちにライフを減らして勝ち。
2ゲーム目
でかいところを置物でしばかれたものの逆にマンティコアでほんわかふわふわしてるファッティを顔面に飛ばしてあげて勝ち。

2回戦 勝-勝
お相手はボロス。
1ゲーム目
相手が事故しすぎてて色しかわからなかったです
2ゲーム目
スカラベの責め苦でライフ9点くらい持って行ってくれました。
ラストターンにケンラの潰し屋督励から発射でジャスト削り切り。

3回戦 負-勝-勝
下当たり。相手はマルドゥ。
1ゲーム目
相手がハゾレトの終わりなき怒りから除去クリーチャークリーチャーと引っ張ってきたため一気に盤面ひっくり返された上に1/4加虐4のタダで呪文唱えられるミノタウロスやらアムムトの永遠衆やら湧いてきて負け。相手のボムレア鑑賞会の趣。
2ゲーム目
飛行で削り切った記憶。次の試合が鮮烈すぎて覚えてない。
3ゲーム目
3ターン目永遠衆を捌いたのちボーラス様降臨で勝ち。
やっぱり王神様がナンバーワン!

4回戦 ID
そら(4回戦で3-0してたら)そうよ

というわけで1位通過。

ドラフト編
1-1 夢盗人 レアは取り得
1-2 超克 バーランは取り得
ここから毒の責め苦2枚、待ち伏せを挟みながら緑が異様に流れてくるので緑の2,3マナクリーチャーが充実する。
1-12で3/3/3流れてくるのははっきり言って異常だ
緑黒ランプ決め打ちへ。

2-1 蠍の神 問答無用
2-2 ロナス最後の抵抗 緑流しすぎちゃう????
ここからオアシスの祭儀師2枚と選別ワーム確保成功。
この辺で飛行対策とファクト対策がないことに気付きアモンケットで確保にかかる。リリアナの敗北を取れたのはちょっとうれしかったですね。

3-1 名誉あるハイドラ グノシー…
3-4 ここがちょっと悩みどころでした。
候補は緑カルトーシュ、フィルター砂漠、大蜘蛛。
緑カルト―シュを取るべきだと思いましたが、砂漠が1枚しか取れていなかったため横這いナーガが強くならない+蠍の神用のマナ確保+ほぼ緑が卓1状態だと思っていたでフィルターランドをピック。
希望守りをピックしてるので楽園の贈り物をウキウキピックしたり刻み角や大蜘蛛を確保したりしてドラフト終了。

できたデッキがこちら。

そこそこですね(クソレビュー)
もう1枚優秀なスペルがあれば文句なしって感じでしたね(カルト―シュを途中参入者に取られた末路)

準々決勝 勝-勝
お相手は赤黒。
1ゲーム目
相手が土地詰まったので雑勝ちやな~と思いきや土地が伸びだし危うくなる。
最期は名誉あるハイドラで押し出して勝ち。DOSUKOI
2ゲーム目
バーランだにゃん

準決勝 勝-勝
1ゲーム目
相手は赤青t緑。
スクリューVSフラッド。
マナクリ並べてバーランで17点削り切り。ご無礼。
2ゲーム目
蠍の神の試練に相手のクリーチャーサムトは耐えることができなかった
破滅の刻の神様強すぎ問題
決勝 勝-勝
相手は赤青速攻。
1ゲーム目
向こうが王神の玉座と組み合わせたビートをどうにか敢行しようとしますがこちらのマナクリで阻んでる間にサンドワームビートで勝ち。
2ゲーム目
相手が送還持ってないことを祈って2ターン目ロナス最後の抵抗。
ライフ5まで詰めますがこちらのミスもあり5/5スフィンクスが定着してしまい、ライフ2まで詰められます。
最終的に向こうのアタックでこちらもダメージを通しやすくなり、きっちり立ってるクリーチャーを除去して勝ち。
刻み角で王神の玉座破壊できたのが活きましたね。

 

そんなわけで優勝してRPTQ出場権利を獲得できました。
かなりプレミしてますが、デッキパワーで押し切れたというのが正直な感想です。
来週はGP京都です。私は行けそうにありませんが、たぶん誰かしら報告を上げてくれることでしょう。
GPは行くだけでも楽しいものです。もしMTGに興味のある方がいれば、ぜひ行ってみることをお勧めします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

pptq参加記念 by みのる

2017年07月16日 16時09分31秒 | つれづれなること

【新入生の方へ】これは通常のサークル活動報告ではなく、外部でのイベントへの参加記です。たまーにイベントでいい成績を残したりなんかすると某氏とかの圧力によりブログで報告することがあります。今回はMTGの大会ですので、マジック・ザ・ギャザリングをご存じない方は読みづらいと思いますが、もしご興味のある方はどうぞ。
カードの解説はないのでググってください。デッキの簡単な解説くらいはしてます。
何故OBがブログを書いてるのかはよくわかんないですが、まあまた来週にもグランプリがあるのでその報告記事が現役から上がるでしょう。
とりあえず某MドリさんとPさんは体育館裏に来るように。

皆さん初めまして、初めてブログを書くみのるです。
今回はTCGマジック・ザ・ギャザリングの大会(PPTQ2018#1)に参加してきたので、その報告になります。

PPTQ(プロツアー予備予選)とは、MTGの最高峰の大会である(※MTGwikiより)プロツアーに参加する権利を獲得するためのRPTQ(プロツアー地域予選)に参加するため権利を獲得するための大会です。予選のための予選、まあPPTQが県内大会、RPTQが全国大会、プロツアーが世界大会と思ってください。
PPTQは日本各地で大体毎週開催されてます。で、その大会で一位のもののみRPTQにすすめます。RPTQは・・・書いててめんどくさくなったので以降の流れはググるかイサムさんに聞いてください。
今回のフォーマットはPPTQのフォーマット「モダン」。大雑把にいうと2003年7月以降に発売されたカードが使用できるルールです。禁止カードはあるもののMTG開始時からのカードが使用できる「レガシー」、MTGのカードがほぼ全て使える無法地帯の「ヴィンテージ」と違って、比較的最近のカードでデッキが組め、「スタンダード」と違って使用できるカードセットが定期的に変わることもないので、参入しやすい(※遊戯王あたりでガチデッキを組むくらいの費用は掛かる)フォーマットです。
現在の環境は前回記事であげた「GP静岡」からほとんど変更はありません。メタも混沌としています。
ただ今週金曜日に最新セット「破滅の刻」が発売されており、低マナ生物を復活させる「立身+出世」やモダン特有のカードを打ち消せる「敏捷な妨害術師」、モダンレベルでも十分に強い「スカラベの神」、MTGストーリーの悪役「王神、ニコル・ボーラス」、特殊地形を場に出せる「約束の刻」、各種サイクリングランド等、面白いカードが使えるようになってます。セット自体は塩とか言われてますが。

 

前置きが長くなった。以下デッキ紹介&大会レポ
大会の参加人数は27人、予選5回戦。その後TOP8によるシングルエリミネーション(勝ち抜き戦)が行われます。
まあ大体3勝1敗1引き分けで予選を抜けられるというところ。とはいえ予選の順位が勝ち抜き戦の先手後手選択権にも関わるので出来うるならばよい順位で抜けたほうがいい、まあそもそもシングルエリミにすべりこめるかもわかりませんが。
今回の大会はデスシャドウを筆頭に青いミッドレンジが多かった模様。ヴァラクートもそこそこ。逆に「バーン」「中隊」は見かけなかったです。

私のデッキは以前と変わらず「赤緑ポンザ」。マナ加速から「石の雨」「血染めの月」「内にいる獣」でひたすら相手の土地を破壊するデッキです。
まあ前回のGPでは集まりきらなかったパーツを買い集めてるので、まあまあ普通のリストになってます。よく使用される「嵐の息吹のドラゴン」が入っておらず、「情け知らずのガラク」「世界を目覚めさせるもの、ニッサ」「災難の大神」を入れているのがオシャレポイントでしょうか。
このデッキはフェアデッキ全般に強いですが、極端に早いデッキやコンボデッキは苦手です。特に軽量除去なんて入ってないのでウィニーと当たったら吐くしかない。


1回戦目 白黒エルドラージ 勝ー勝
優秀なエルドラージ生物を白と黒のスペルで支援するデッキ・・・だと思います。正直こっちの土地破壊で相手が色事故&土地詰まりして「未練ある魂」しか唱えてこなかったのでデッキの詳細は不明でした。その未練ある魂も「忌むべきもののかがり火」で一掃。

2戦目 5色スケープシフト 勝ー勝
ランパンで土地を7枚以上ならべてから「風景の変容」をうって6枚の山と「溶鉄の尖峰、ヴァラクート」で勝つデッキ。5色にする理由はデッキから「風景の変容」サーチして即使用する呪文「白日の下に」のため。それ以外にも優秀な黒のスペル「集団的蛮行」「虚空からの声」「大渦の脈動」を採用していました。
「ヴァラクート」デッキにはこの他にもスタンダードな「スケープシフト(ティムール型)」、「虹色の前兆」で山無しでヴァラクートを誘発させる「オーメンヴァラクート」、ヴァラクートととても相性の良い「原始のタイタン」を使用した「タイタンシフト/ブリーチトラップ」等があります。上にも挙げた「約束の刻」もこのアーキタイプを強化すると思います。

Game1:先手2ターン目からランデス4連打。1枚もスペル使わずに相手が投了。この時点で1ターン目から動くデッキではないこと、ショックランドと基本土地の入っている5色であることが判明。なお、それ以外なんの情報もなかった。
Game2:モダンでも5色のデッキは珍しいので上記の「5色ヴァラクート」と想定して、「塵への崩壊」だけサイドイン。すると相手が「溶鉄の尖峰、ヴァラクート」を置いてきたので、それに「塵への崩壊」をプレイ。相手のデッキを確認して、勝ち手段が「風景の変容」以外かなり薄いことがわかったので割と余裕ムード。なお、その後、土地を引き続けてる間に相手が「けちな贈り物」で手札を補充してきて、しかもそのカード選択を間違えてしまう痛恨のプレイミス。相手に「エレンドラ谷の大魔導師」ビートされるも、なんとか「業火のタイタン」引けて勝ち。

3戦目 青赤ストーム
呪文のコストを減らす「遵法長、バラル」等を並べて、ドロースペルとマナ加速から「ぶどう弾」で勝つコンボデッキ。このデッキの強みである「血染めの月」が効きにくいのもあり、苦手な相手です。
Game1:苦手とか関係なく相手の土地が詰まっている間にランデス+出てきたバラルには除去。勝ち。
Game2:サイドインした「三なる宝球」を2ターン目において、その後ランデスで相手の土地を二枚以下にしたらバラルがいようがゴブリンがいようが関係ない。勝ち。

4戦目 エスパートークン 勝ー勝
とかく殴り合いに強い「未練ある魂」、スペルに反応して強いハゲをばらまく「僧院の導師」をコアにして、青のドロースペル、黒の手札破壊や白の除去を足したデッキ。「真面目な訪問者、ソリン」も入っており、どのデッキにも粘り強い戦いができます。
「未練ある魂」もトップメタであるデスシャドウ系のデッキとの殴り合いで非常に強く、いいデッキです。ただ赤くない3色デッキなので・・・
Game1:血染めの月一枚で勝ち。
Game2:今度はハンデスで「血染めの月」が捨てさせられるも「反逆の先導者、チャンドラ」「情け知らずのガラク」で盤面を固めて勝ち。

5戦目
ほぼ1位抜けが確定したので合意の上引き分け。

運よく予選一回も負けずで一位通過できました。こっからは負けたら即敗退の勝ち抜け戦です。予選1位抜けしたので、シングルエリミネーションでは先攻後攻選択権があり、特にこのデッキは先攻で土地をつぶす動きが強いので良い先行きです。
特に苦手なデッキであるバーンを見なかったのと、TOP8が青いフェアデッキ(スゥルタイ昂揚とか4戦目であたったエスパートークンとか)が多いので、勝ったな(確信)とフラグを立てたところで1回戦、予選8位の方と当たります。

準々決勝 紛争Zoo 負ー勝ー勝
理論値先手2ターンで勝てるモダンの最速デッキの一つです。「Zoo」というのは赤緑(+白)の高速ウィニーを指しますが、「紛争Zoo」はそれに最近出た「隠れた薬草医」「無謀な奇襲隊」を採用することで大幅なスピードアップを図っています。先手2ターンは言い過ぎにしても3~4ターンで相手のライフを削りきれます。
弱点は1枚1枚のカードはそこまで強くないので軽い除去で出鼻をくじかれると相手のライフを削る手段に乏しいこと、土地を少しでも引きすぎると敗北につながる引きむらの大きさでしょうか。
なお、「Zoo」は猫やらゴリラやら動物クリーチャーを採用していたから付いたデッキ名なんですが、このデッキは猫以外あんまり動物は入っていません。
また、相手の方は「火打ち蹄の猪」やサイド後「熱烈の神ハゾレト」等、かなり重い構成の模様。また破滅の刻から「立て直しのケンラ」を採用されていました。
このデッキに対する赤緑ポンザの相性は最悪です。3ターン目には相手が手札を使い切ってるのに、そこからランデスしても意味ないですよねぇ・・・あと赤緑ポンザは軽量除去「稲妻」等を採用しないので、出鼻をくじくことすらできません。実質赤緑のデッキなので血染めの月も効果はないです・・・正直、一番当たってはいけない相手です。

Game1:最初に出てきた「野生のナカティル」を奇跡的に対処できたものの、相手に「炎樹族の使者」「火打ち蹄の猪」と展開されて、「アタルカの命令」で負け。相性通り。サイドチェンジで効果のない「血染めの月」と一部のランデスを抜いて全体除去と三なる宝球を追加します。とはいえサイドの制約から土地破壊カードを全抜きはできません。引かないことを祈るのみ。
Game2:きっちり初手に土地破壊しかないハンドを引いてきてマリガンするも、土地破壊とマナクリ、出来ればトップから引きたかったかがり火しか来ず、やむなくこのハンドをキープ。相手は「ナーナムの改革派」を場に。2ターンめ土地破壊で1ターン遅らせたら、相手は「ゴブリンの先達」で追撃。続くターンは「立て直しのケンラ」をプレイでダメージを重ねてきます。そこを「忌むべきもののかがり火」X=2で相手の攻勢を一旦ストップさせたあと、「世界を目覚めさせる者、ニッサ」「台所の嫌がらせ屋」で盤面を硬直に持ち込みます。
相手がハゾレトを出してくるも、それに「四肢切断」を合わせて、ニッサが製造する4/4クリーチャーの群れで殴り、勝ち。ニッサの土地の生物化が永続なのが本当に偉かった。
Game3:また全体除去のないハンドをマリガンしたら、今度は土地1枚にマナクリーチャー2枚、キッチンもいるけどとかいうクソハンドに。ただ、土地を一枚ひけたらニッサもいるのでなんとかなりそうと思い、気合のキープ。ちなみに冷静に振り返るとマリガンしたほうがいいです。
相手の動きもそこまで強くなかったですが、こっちもマナクリは引くものの土地を引けない状況でキッチンで耐えていたら相手の「ゴブリンの先達」が土地を供給してくれたので、ニッサを展開。盤面覆して勝ち。

準決勝 エスパーミッドレンジ 勝ー勝
月と土地破壊と「最後のトロール、スラーン」で10分くらい勝ったので相手のデッキよくわからなかったです☆とりあえず「未練ある魂」「グルマグのアンコウ」は入ってそうでした。

決勝 エスパートークン(4回戦目の方)

Game1:土地破壊から「災難の大神」「業火のタイタン」が「流刑への道」で除去される。が、引いてきた「ケッシグの狼の地」でマナクリーチャー強化して勝ち。
Game2:月。終わり。

というわけでトップやら初手やらにも恵まれ、1位を取ることができました。

当たり運やら引き運が良かったです。正直紛争Zooはあと十回やったら10敗します。

そろそろ、現役(OB)のイサムさんとかにブログを書かせたいところ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GP神戸参戦記 by minoru

2017年05月31日 01時11分46秒 | つれづれなること

【新入生の方へ】これは通常のサークル活動報告ではなく、外部でのイベントへの参加記です。たまーにイベントでいい成績を残したりなんかすると某後輩さんとかの圧力によりブログで報告することがあります。今回はMTGの大会ですので、マジック・ザ・ギャザリングをご存じない方は読みづらいと思いますが、もしご興味のある方はどうぞ。カードまでは解説できませんでしたが相手デッキの簡単な説明くらいは挟んであります。カードに関しては頑張ってググってくださいあと、私がブログを書くのはおかしい、どう考えてもイサムさんが悪い(断言)。

皆さん初めまして、初めてブログを書くminoruです!
今回はボードゲーム部の皆でTCGマジック・ザ・ギャザリングの大会(グランプリ神戸)に参加してきたので、その報告になります。

毎回のように説明している気がしますが、GP(グランプリ)とはMTGの大会の一つです。参加条件なしの大会としては最大規模の大会で、日本では年3~4回開催されています。今回は神戸国際展示場での開催でした。上位入賞すれば賞金やプロツアー出場権利が獲得できます。ちょくちょくブログに上がっているGPTはこのグランプリで不戦勝を獲得するための大会です。
賞金やら置いといても、純粋に、各地(外国から来られる方もそこそこいます)から集まったMTGプレイヤーと勝負できるので、TCGのお祭りとして楽しいものです。本戦中はひたすら苦しかったりしますがね。
今回のグランプリのフォーマットは「モダン」。大雑把にいうと2003年7月以降に発売されたカードが使用できるルールです。禁止カードはあるもののMTG開始時からのカードが使用できる「レガシー」、MTGのカードがほぼ全て使える無法地帯の「ヴィンテージ」と違って、比較的最近のカードでデッキが組め、「スタンダード」と違って使用できるカードセットが定期的に変わることもないので、参入しやすい(※遊戯王あたりでガチデッキを組むくらいの費用は掛かる)フォーマットです。

今回のグランプリ神戸は参加人数は2802人という規模、試合数にして2日間、15回戦もあります。初日全部で9回戦あり、4回負けてしまうと2日目に進むことができません。つまり6勝すればいいということで、みんなとりあえずこのラインを狙っていきます。
参加したのは、ゆめはらさん(OB)、ぺこさん(OB)、ヒミコさん(OB)、私の4人が参加しました・・・あれ?ボードゲームの会の現役参加してないやん?
ま、まあ、本戦の横で新入生へのMTGドラフト体験会が開かれてたり、イサム×ぺこがカップル双頭巨人戦に参加して上位入賞してたので全く無関係ではないからね?そっちの報告はあとでイサムさんがあげます(断言)。あげるんだよ。


それでは報告
金曜日:金曜日には前日トライアルと言って本戦のBye(不戦勝)が貰えるミニ大会や、その他サイドイベントも行われています。
ヒミコさんを除く3人はその前日トライアルに参加しました。前日大会は翌日のグランプリ本戦のデッキ調整のために多くのプレイヤーが参加しています。特に「モダン」は様々なデッキが跋扈する環境なので、自身が使うデッキが環境に通用するのか、自身のデッキに足りない部分があるかを探るのは重要です。もし、5連勝とは言わずとも3勝くらいできたら、自信がつきますし。
その時点では「エルドラージトロン」、「死の影(一番多いのはグリクシスカラー、その他にもエスパー、アブザン、ジャンド等)」、「無限頑強(+中隊系デッキ)」「親和」「バーン」が多いとの予想。
この時点でのデッキは、ゆめはらさんが「トリコナヒリ」。「先駆けるもの、ナヒリ」の能力で、MTG有数の壊れ生物「引き裂かれし永劫、エムラクール」を投げつけて、勝利するデッキです。基本的には「ナヒリ」を引いて、守りきって勝つので、それ以外は相手をコントロールする除去や打消しカードのみ搭載されている事も多いのですが、ゆめはらさんは「カマキリの乗り手」という速攻アタッカーを採用することで、相手のライフを素早く削ることも出来るようにチューンしていました。また、「呪文づまりのスプライト」を採用して、相手の軽量スペルを打ち消しながら盤面に生物を追加できる構築にしていました。
ぺこさんが「赤白バーン」。もう過去記事参考にしてくださいと言いたくなるくらいヒミコさんが好きなデッキで、赤の速攻アタッカーと火力呪文で相手のライフを速やかに0にするデッキです。コンボデッキ以外の遅いデッキを倒すのに長けたデッキです。当然ヒミコさんもこのデッキで本戦に出るとのこと。バーンデッキは固定パーツが多いですが、「跳ね返す掌」をメインに採用して、相手の大型フィニッシャーの一撃を跳ね返すことを狙ってるのがオシャレポイントでしょうか。
私は「アブザン昂揚」「ナヤヴァラクート」の2つ。前日大会で使って戦績の良かったほうで本戦に出ようという目論見でした。
アブザン昂揚は「ウルヴェンワルド横断」で、盤面に応じた生物をサーチするデッキ、ナヤヴァラクートは土地を並べるだけで相手のライフをゴリゴリ削る「溶鉄の尖峰、ヴァラクート」を中心として、先に紹介した「エムラクール」を「ナヒリ」「裂け目の突破」で叩きつけることもできるコンボ詰め合わせデッキ。

 

が、だめ・・・・。
ゆめはらさんも、ぺこさんも、私も、一勝すら遠かった・・・。
あまりに勝てないことに意気消沈しながら、環境にいるデッキに勝つためにぺこさんとゆめはらさんはデッキを微調整。ゆめはらさんは「呪文づまりのスプライト」よりも汎用打消しスペル「差し戻し」を採用することを決断していました。
私はというと、「赤緑ポンザ」というデッキと初めて対戦して、持ってきたデッキのどちらも勝てないことが判明。以前からその存在は聞いてたのですが、弱いと思ってたので、組むことは考えていませんでした。ただ、ゆめはらさんも赤緑ポンザにやられたらしく、割と強いデッキの模様。
どういうデッキかというと、マナ加速から「石の雨」「血染めの月」「内にいる獣」でひたすら相手の土地を破壊するデッキです。MTGは土地をリソースに呪文を使うため、土地が破壊されるとたいていのデッキは何もできなくなります。モダン環境は多色デッキが多いので尚更有効な戦略になります。
勝ち手段は「嵐の息吹のドラゴン」等、速攻で止めをさせる大型生物たちです。
とりあえず、「赤緑ポンザ」のパーツを会場で買い集めながら、「アブザン昂揚」でその他サイドイベントに出て、何とか戦えないか試行錯誤しましたが・・・惨敗。「赤緑ポンザ」のパーツも一部集まらなかったりと大惨事でした。
ただ、私は「赤緑」というカラーが好きなので、「赤緑ポンザ」のデッキを一応組める程度にはカードを持っていたので、何とかデッキは組める見込みがつきました。

 

そこから、ヒミコさんと合流し、夜飯のあと。ゆめはらさんは早々に自身のデッキを確定。ヒミコさんとぺこさんは「バーン」のサイドボードを二人で検討。皆が最終調整や対戦を行ってる横で、私は持ってきたカードをひっくり返しながら、「赤緑ポンザ」を組みました。
なお、パーツが足りなかったため、「世界を目覚めさせるもの、ニッサ」やら「炎呼び、チャンドラ」などネットに出回っている「赤緑ポンザ」のデッキでは採用していないカードを投入。ついでに「ムウォンヴーリーの酸苔」を持っていなかったので適当なカードで代用。
デッキリストを書き終えたら夜2時だったため、そのまま一人回しすらせずに就寝。なお、この時点でぺこさんが「神聖な力線なんて使うやつおらんてw」とフラグを立てていました。

 

土曜日:待ちに待ったグランプリ本戦です。ヒミコさんは前シーズンの戦績により1,2回戦が不戦勝です。1試合制限時間50分×9回戦といういう長丁場なので不戦勝は体力的にも有利ですね。
私は一回戦目「赤白バーン」に15分で焼き尽くされた後、2回戦目「青黒t緑ソプターコンボ」を土地破壊で事故らせて20分で勝利。
ぺこさんは「赤白バーン」同型対決を制した後、「ズアーロック」に「神聖な力戦」というバーンにとって致命傷のエンチャントを張られて負け。
ゆめはらさんは「無限頑強」にコンボを決められ、「バーン」に有効牌である「稲妻のらせん」を引かずに負け。
2回戦終了時にぺこさんと私が1勝1敗、ゆめはらさんが2連敗スタートと少し厳しい状況。

 

ではこっからは詳しく本戦レポ・・・の前に3回戦から参戦したヒミコさんですが、そこから怒涛の3連敗を喫しているのでしばらく省略。
ヒミコさん「練習不足だった。」

 

3回戦目 無限頑強 勝ー勝
生物主体のコンボデッキです。最新セット「アモンケット」から「療治の侍臣」を採用し、「献身のドルイド」と組んで無限マナ(+「薄暮見の徴募兵」で「歩行バリスタ」サーチから無限ダメージ)、「台所の嫌がらせ屋」「臓物の予見者」で無限ライフとコンボ2種のパーツを「集合した中隊」「召喚の調べ」で集めるデッキ。「集合した中隊」の強さからそのままビートダウンとして殴りきることもできる。
マナクリーチャーがいて土地破壊や血染めの月を展開されても戦えることや、相手が隙を見せたらコンボを開始できるデッキなので、メイン戦は不利だと思います。
1戦目
土地破壊するもそのまえにマナクリーチャーを展開される。そこから「献身のドルイド」が出された返しで「反逆の先導者、チャンドラ」で除去するも、スタック「召喚の調べ」で「療治の侍臣」をサーチされる。その後、相手は「集合した中隊」・・・が空振り何も出ず。こっちのターン、トップ「忌むべきもののかがり火」奇跡で唱えて相手の場が土地1枚残して壊滅。勝ち。
2戦目
何度も出て来る「献身のドルイド」を除去すると、相手は「復活の声」トークンでビートダウンを狙ってくる。こちらも「業火のタイタン」「嵐の息吹のドラゴン」をだして応戦すると、相手が「復活の声」トークンが白であることを忘れて殴ってきたところを「嵐の息吹のドラゴン」で撃墜。勝ち。

ゆめはらさんは「グリクシスデルバー(サイド後コントロール)」にカマキリで殴り勝ち。ぺこ君は対戦相手が来ず、不戦勝でした。

4回戦目 エルドラージトロン 負ー負
「エルドラージの寺院」「ウルザトロン」からエルドラージ生物を連打するデッキ。とりあえずデカい強い生物を連打できるうえにトロン系が苦手な土地破壊に対しても比較的耐性がある今大会のTier1デッキ。
私の組んだデッキのサイドボードにはこのデッキに対して有効なカードがほとんどありませんでした。そら前日組んだし多少はね?
1戦目
2ターン目「血染めの月」貼って、「世界を目覚めさせる者、ニッサ」だしてイージーウィンかと思ったら、こっちの土地が2枚でストップ。もたもたしてるうちに相手が7マナそろって「全ては塵」を決められて、その後、「カーン」「殴打頭蓋」「現実を砕くもの」叩きつけられて負け。プレイミスしてライフ削るのが1ターン遅れたのが敗因・・・。
2戦目
同じく「血染めの月」をはるも「精神石」の出す無色マナから「難題の予見者」が出てくる。そもそもこっちはフィニシャー引けておらず、負け。

ここで皆と集まると、メインから「神聖な力戦」を張られたぺこさんと前述のとおり負けてたヒミコさん、純鋼ストームに相性差で圧勝したゆめはらさん全員戦績が2勝2敗の神戸熊の会になってるという大惨事。あと一敗すると後がなくなるのでこっから三連勝しようと誓い合ったところで次のラウンドへ。

5回戦 エスパーデスシャドウ 勝ー勝
ライフを減らせば強くなる生物「死の影」とその他優良クリーチャーでビートダウンする多色デッキ。デスシャドウ系だと「グリクシス」「ジャンド」あたりがポピュラーだが、他の色の組み合わせでも戦える模様。エスパーだと「流刑への道」「未練ある魂」を採用できるのが強み。
ただこの系統デッキは多色+土地を少なくした構成なので有利。また、デッキの性質上、基本地形をサーチしにくいのも、「血染めの月」の影響を受けやすいです。
1戦目
土地破壊カードがあんまり引けなかったが、マナ加速から「世界を目覚めさせる者、ニッサ」が着地。単体除去もなんのそので殴って、その後「忌むべき者のかがり火」奇跡で勝ち。
2戦目
土地破壊が引けない間に相手が「黄金牙、タシグル」を展開してきたので「内にいる獣」で破壊。「反逆の先導者、チャンドラ」「漁る軟泥」「世界を目覚めさせる者、ニッサ」を叩きつけて行って勝ち。

土地破壊引けたらもう少し楽に勝てましたね(適当)。
なお、ペコ君はエルドラージトロンに勝ち、ゆめはらさんは「アミュレットコンボ」という回ったら最強デッキに負け。ヒミコさんは負けてました。

6回戦 赤黒ミッドレンジ 勝ー勝
モダン特有のよくわからないデッキ。「罠の橋」で相手の攻撃を止めさせて、「チャンドラ」「ヴェールのリリアナ」でコントロール、「大いなるガルガドン」でけりをつける。
こういうオリジナルなデッキも組めるのがモダンの楽しいところですね。
1戦目
「リリアナ」「チャンドラ」を叩きつけられるも、土地破壊で相手のランドを3枚にしてから「原初の命令」で「チャンドラ」トップバウンス+「嵐の息吹のドラゴン」サーチで、盤面を更地に。赤タイタン出して勝ちました。
2戦目
相手が「大いなるガルガドン」で土地と「罠の橋」をサクって速攻を仕掛けてきたのを「原初の命令」でライフゲイン+「漁る軟泥」サーチでいなして、こっちだけ生物追加していって勝ち。
原初の命令つよい・・・

この時点でヒミコさんは「アドグレイス」というライフが30点ある相手を踏んで初日ドロップしました。

7戦目 青白フラッシュ 負ー勝ー勝
スタンダードの「青白フラッシュ」とモダンの「白単ヘイトベアー」を混ぜたようなデッキ。生物を好きなタイミングで出せる「霊気の薬瓶」を使い相手の行動を制限する生物を展開するデッキです。
1戦目
こちらは土地破壊5連打、なお相手の「霊気の薬瓶」はマナコストを払わずに生物を出せるカード。
一切相手の展開をとめれず負け。
2戦目
土地破壊で相手が色事故を起こして、カードを展開できず勝ち。
3戦目
「神々の憤怒」「忌むべき者のかがり火」で盤面を更地にしたら相手が後続を引かず勝ち。

これで5-2、あと一勝できれば初日抜けが見えるとこまできました。ゆめはらさんは「けちストーム」に勝ち、ぺこさんは「グリクシスデスシャドウ」に「跳ね返す掌」でうまく勝ちを拾ってました。2人は4勝3敗。2連勝すれば初日突破・・・
「いけるいけるやれるやれる」

8回戦
三人ともぼろ負け。
ゆめはらさん、ぺこさんはここでドロップ。
私は次の対戦で初日落ちかどうか決まることに。

9回戦 グリクシスデスシャドウ 勝ー勝
さきほども説明したデッキのグリクシスバージョン。「終止」「コラガンの命令」という強いスペルを搭載しています。
1戦目
「血染めの月」貼ったら相手の土地が山のみになったので、ドラゴン投げつける簡単な作業。
2戦目
相手が持ってくる基本土地に「石の雨」「沸騰」。そのうえで「チャンドラ」を叩きつけて勝ち。

というわけで初日突破となりましたが・・・翌日10回戦目、11回戦目と連続で負けてドロップ。まだまだでした・・・・。

その後の日曜日はぺこさんとイサムさんがカップルになってるのをしり目にサミーさんがやってた謎解きのMTG部分を余裕で()解いてました。


今回は前日にデッキを組んだせいで調整不足がたたりました…今度はもう少し勝ちたいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GP静岡報告

2017年03月22日 10時49分06秒 | つれづれなること

この記事はmtgの公式大会(一般人参加可能なお祭り)であるグランプリ(GP)についてのものです。

 

大会本戦までのあらすじ

木曜日:JRに集まった若きプレインズウォーカー達。本戦は土日なのですが金曜日の昼から行われるサイドイベントに参加するため木曜の夜に出発してカラオケ素泊まりの構えを取りました。電車に揺られてぶらり18切符の旅。静岡に着いた頃には夜も更けていました。ラーメンを食べて英気を養い(?)、カラオケで歌ったり睡眠したりデッキの調整について話し合ったりしていました。

金曜日:金曜日には前日トライアルと言って本戦のBye(不戦勝)が貰えるミニ大会や、発売したばかりのパックを使って行うサイドイベントも行われています。ヴェリアナ、魂の洞窟、ZENフェッチなど豪華な再録で話題騒然、絶賛好評発売中のモダンマスターズ3(希望小売価格1000円)を6パック使って行うシールド戦に参加したサークル員達。ヒミコ君などは3000円以上するカードを4枚剥いたようです。僕は虚無を手に入れました。バイヤーブースを回ったりフリーを回したりモダマスワンパックシールドなどで遊んだりした後駅へ戻ります。飯屋が見つからないなか、看板のローストビーフ丼を食べようと入った居酒屋で丼は曜日限定と分かりつまみでお腹を満たしたりと色々ありながらも各々ホテルに帰り就寝。

ここから本戦

本戦参加者は7人。

使用デッキは

サミー:緑黒蛇(エネルギー型)

ヒミコ君:ティムールタワー

イサム君:アブザン季節コントロール

ペコ君:赤黒エルドラージ

O保方君:赤黒ドレッジ

ジュビター君:4Cサヒーリ

みのるさん:4Cサヒーリ(昂揚型)

多様性満載やな(白目) 実際の環境はマルドゥバリスタと4Cサヒーリが勢力を2分していると言われていました。

ヒミコ君やペコ君のデッキはそれら2つに強いデッキ、O保方君のデッキはブン周りがあり、どのデッキにも一瞬で勝つ可能性のあるデッキです。僕の緑黒蛇は前まで上の2つと3竦みと言われていたのですが環境理解によって勢力を落としたデッキ。イサム君のはよく分かんないです。機体以外にはそこそこ強いと本人談。

GPは初日全部で9回戦あり、4回負けてしまうと二日目に進むことができません。つまり6勝すればいいということで、みんなとりあえずこのラインを狙っていきます。他の人の試合は詳しく聞いてないので自分の試合だけお届けします。

土曜日:本戦の朝です。9時本戦開始のためホテルを朝はやく出る必要があるため、朝6時半に起きて朝ごはんという計画だったのですが、私は危うく0回戦敗退(寝坊)するところでした。持つべきものは仲間というやつです。

間に合ってデッキリストを書いているとイサム君がサイドカードをホテルに忘れてきたことが判明。みんなからカードを借りたりショップから買ったりして完成させていました。前日に緑黒蛇に見切りをつけたペコ君も新しいデッキを組むため足りなかったグレムリン解放というカードを800円で買ってました。(リスト提出後ショップで100円で山積み)

みんなはカードをきちんと買って整理しておこうな!お兄さんとの約束だ!

1回戦目:僕とヒミコ君はByeを持っているので休み時間です。朝食を松屋で済ませてドリンクを買い、バイヤーブースを見たりフィーチャーエリアでまつがんさんが闘っているのを見たりしていました。他の五人はそこそこ1回戦目勝ってたはずです。(朧気)

2回戦目:まだ休み時間です。まったりしてました。サークル員はぽろぽろ1-1が出てきてました。(朧気)

3回戦目:いよいよ本戦スタート。こちら先手で相手は青赤土地タップインからスタート。サヒーリかタワーかな?と思って進めていると土地が青赤しか出てこず、ずっとコントロールのカードで捌かれていたのでおそらく相手は青赤コントロール。タワーも入ってなさそうでした。1ゲーム目は打ち消しが尽きたのかスカイソブリンが通りそのままベチベチ殴って勝ったのですが2本目は完全に除去や打ち消しで解答され負け。精神背信打ったら予期否認島4見えて頭おかしなりそうやったで。3本目は動物記、オブニクシリスが着地してこれ完全に勝ったでしょみたいな盤面を作り上げた後出てきた青巨人に対する-3を不許可され青巨人を除去るもミシュランにオブがやられ、その後占術で霊気との調和下→土地ドローを3回も繰り返しグレムリン解放で動物記を割られるなどしてひっくり返され負け。終始土地を引いた。 みんなは2-1、1-2のどちらかでした。

4回戦目:後手スタート。相手はマルドゥ機体…かと思いきや難題の予見者が出てきました。相手のアヴァシンやサリアの盤面を捌いていきますが最後抑えきれなかったスレイベンの検査官に1点チクチク殴られて負け。2本目は先手なのでマウントを取ろうとひたすら殴り合い、相手の盤面がクリーチャー1体で相手ライフ4、こちらの場に蛇、牙長、牙長、エネルギーいっぱいの状況でトップ燻蒸され、リシュカー返しでギデオンで押し返せず負け。今までの動きから燻蒸を持っていないと判断して牙長を2体出したのが間違いでした…リシュカーで良かった。

落ち込みながらサークル員のもとに行くとそこには熊の集団が…全員2-2になっていました。神戸灰色熊の会とか言ってふざけてました。(mtgの世界でパワータフネスが2/2の生物は熊と言われる。)

5回戦目:先手、相手はダブルマリガン。辛いな、サム…などと思っていると2ターン目安堵の再開で墓地に縫合体が。あっこれ青赤ドレッジ先輩じゃん。マリガンそこまで関係なくブンされたらイカれると、高速で殴りに行きます。バリスタが2体いるところに緑巨人を出してカウンターを2つずつ乗せ、殴って相手のライフを6に。よっしゃマウント取れてんな!ターンエンド!ここで相手はメイン終了時に墓地から縫い翼のスカーブを起動、縫合体を場に出します。そこで相手が突然「あっ…」ぼく「ん?」…バリスタ本体に打てば勝ってるやんけ!!まあええわ。気づいてないふりしてフルタップになるまで待つか~。相手「現出でタコ出します」(フルタップ)ぼく「じゃあスタックで6点」相手「あっはい(キレ気味)」なんか相手の方を怒らせてしまい、本当はあそこまで行かずに決着だったんですよとかシャッフル中にグチグチ言われました。辛い。2本目は熱病の幻視を貼られながらも増えた手札でライフ10まで軽快に殴り、盤面には6/6のリシュカーと5/5の緑巨人。 押し切ったか…と思ったところでタコループを3回され、殴れず殴られてライフが尽きて負け。ここで相手突然デッキをしまいはじめ、結果記載シートに手を伸ばしかけたので慌てて制止して1-1と説得し3本目へ。先手3ターン目ハンデスで熱病の幻視を抜き、相手の残りハンドがコジリタ解放タコ。次に遺産でデッキの縫合体を抜き、リターン2枚でタフ4を焼かれるも緑巨人に解放打たせてソブリン出してグレムリン殺してもっかい巨人出してとかやってると流石に勝ち。

サークル員は大半が勝ってたかり屋(3-2)になっていましたがみのるさんは代言者(2-3)になってました。

6回戦目:先手。相手は白黒土地からだったのでマルドゥ機体かな?と始めましたが白黒機体エルドラージでした。また難題出てきました。初動のキランをプッシュで殺してライフ14まですれ違いの殴り合いをして、収集挺パンチの除去に顕在的防御合わせて勝ち。2本目:お相手が5マナあるのに後半ギデオン以外何もしてこない間にギデオンごと殴り散らかす。よく見たら相手は無色マナが出ておらず、最後見せてくれた手札にはスマッシャーが3枚あった。ムネン!速く終わったので再び松屋でエネルギーを補充します。

他の人は大体3-3(素だしリシュカー)で、4-2の火炎舌のカヴーは2人くらいだったはずです。みのるさんは2-4(クルフィクス)でドロップ。

7回戦目:後手。お相手1ターン目霊気との調和、2ターン目マナクリ出してきたので4Cサヒーリだと思ってバリスタ設置。除去に顕在的防御当てたり無限に掌握を構えたりしてコンボをケアしつつ、ゴンティでつむじ風の巨匠を手に入れてライフを削り取り、バリスタ除去フェリダー誓いブリンクサヒーリ入手キャスト以外では負けない場を作って流石に勝ち。2本目相手少し土地が止まり、序盤から殴ってリリアナ出してそこからずっと掌握を構え続けて+1してたら除去は飛んでくるもクロックがマナクリ1体しか出てこず奥義打って勝ち。

サークル員3-4ドロップ多数。5-2が私一人でペコ君とヒミコ君が4-3?だったと思います。

8回戦目:先手。2t収集者を返しで焼かれ、3t蛇の返しの蓄霊稲妻を防御で弾いて5tソブリンでひたすらパンチ。しかしバリスタも除去も一切引かない。一応黒黒を立てて殴り続けるもライフ2までいったところでサヒーリコンボ決められて負け。キッツウィ!ライフメモが俺20→19 相手20→14→8→2なのに相手勝ってんの頭おかしい…おかしくない?2本目ワンマリガン、3t目に遺影で守護フェリダーを宣言するとハンドに3枚守護フェリダー。えぇ…。こちらがランド3で止まる中、ハイドラを2体出され、サヒーリでコピーされ3体で殴られる(エネルギー17個)。どうブロックしてもしんどいのでライフに余裕があるうちに1体落とそうと機械巨人とリシュカーでブロックし、バリスタの1点で落とそうと思いましたが呪禁の重ねがけの存在を忘れており1点打てずに2体死ぬだけ。エネルギーは全部消費させたので除去を4/3に打って泥沼で大きいハイドラを相打ちに取ります。リシュカーが落とされ、2マナしか持ってねえ状態!しかし相手も土地しか引いていなさそうです。蛇がいるのにマナクリ3体で殴ってきます。2体通してこの時点でライフ4。キツイキツイ。1体除去して収集者出して2点ずつ詰めていきます。土地を引いて出したリリアナに否認を打たれながらも収集者で2回殴った後、さらに盤面に収集者2号を追加するも相手はニッサの誓いからチャンドラ。2点受けてライフは1。手札に掌握があったのでマナクリを除去して全員パンチで落とさないと負けなので殴って除去を打つと否認。チャンドラ2点で負け。お相手は中国の方だったのですが終盤いい勝負だったので握手。負けましたがいい泥試合でした。

1本目が終わった後の会話

相手「レムとラムどっちが好きですか?」(ぼくのスリーブがレムとラムのキャラスリ)

ぼく「レムです」(スリーブを指差しながら)

相手「私もです」

ぼく(サイドボーディングしながらニッコリ頷く)

他のサークル員はここで全員ドロップし、モダマスのドラフトへ参加。一人寂しく次の試合を待ちます。

9回戦目:先手ワンマリ。相手はマルドゥバリスタ。やっと当たったか(緑黒は機体に強いとされている)と思いながら殴り合います。収集挺で3回殴ってライフレース壊したまではよかったのですが土地が4で止まりギアハルク×2、ソブリンホールドを食らって死ぬ。アバー!!2本目もワンマリ。2tバリスタでチクチク殴りながらハンデスでギデオンを抜くも残り相手ハンドが分解プッシュリリアナの誓い。頭おかしなるで。プッシュと分解食らって頭おかしくなってると相手バリスタ(X=2)にさらにバリスタ(X=2)。誓いケアでこちらは蛇バリスタと2アクションします。相手が誓い置いてきたのでバリスタ1点飛ばし得やん?と何も考えず1点飛ばした後、あっ悪手だと気づきましたがもう遅くスタック合戦で2体とも死んでしまいました。ボード取り返せなくなる前に何か引け…と願いながら土地引いてる間にギデオン出されて負け。

5-4!おわり!閉廷!

サークル員は…誰一人…2日目に行くことができませんでした…何がいけなかったんでしょうかね~。

僕の場合はプレミが散見されたのはありますが負けた試合は土地引けなかったり引きすぎたりしたので構築が甘かったんでしょうね。

さて、金曜日と同様に飯屋を探して彷徨いますが全然空いてません。9人だからね…みんな腰が痛いとか足が痛いとか言いながらもなんとかサイゼリアを見つけて9人ねじ込んでご飯を食べ、ホテルに帰って就寝。明日は熱海で温泉?静岡観光か?名古屋でも行く?とかいろんな話が出てました。

日曜日:朝ご飯が入ってないやん!(9時半起床)(朝ごはんは6時半から9時まで)そもそも待ち合わせの時間も遅れてました。みんなすまんな。帰りの電車で読むためのラノベや小説を買い、昼にみんなで美味しい海鮮丼を食べ、そのまま抹茶ジェラートが有名な店へ。オイシイ…オイシイ…(ミルクティー味のジェラートを食べながら)

次どこ行く?熱海は逆方向やしとりあえず浜松?とかいうノリで電車に揺られる。浜松に着くとここで何すんねん。名古屋行こうぜ!なんかあるやろ!というノリで名古屋へ。駅を出てよっしゃ名古屋城まで歩いて行くか~と適当に歩き出すも、途中で所要時間片道45分であることが判明し駅へとUターン。喫茶店(を探すの)で時間を潰してGP会場にカードを見に行っていたペコ君と合流し、後はひたすら電車に揺られて帰宅。結局優勝したのはマルドゥ機体だったようです。多様性はどこ…ここ…?

はい、GP静岡旅行記でした。サークル員で旅行するのは楽しいですね。観光はほとんどしてないのだけれど。

本戦もみんなで1戦ごとに集まってワイワイできるのは良かったです。緊張とか負けた後の気分とかがほぐれますしね。やはり友達と行くのが板。

5月にはGP神戸(モダン)があります。近場だから宿も要らないし長時間電車に揺られる必要もない!つよい!出場する人は頑張りましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GPT静岡@MTG結果報告

2017年01月08日 00時04分58秒 | つれづれなること

サミーです。

MTGに興味がないかたはこの記事は飛ばして大丈夫です。興味がある人はスタン、やろう!ドラフトでもいいぞ!

3月にMTGの大きな大会であるグランプリ静岡が行われます。

今回参加したのは1位になるとそのグランプリの最初の2回の不戦勝を得ることが出来るという大会です。

参加費は500円で、2位なら3000円分、3.4位でも1000円分のカード割引券が貰えるということで4位以上を目指してイサム君と参加。

なんと参加者は10人だったので非常にコスパがいい。スイスラウンド5回の後、1位から4位で決勝卓という方式でした。

 

使用デッキは緑黒昂揚。

墓地を肥やすカードと墓地に4種類のカードを集めると強くなるカードを使って中盤以降のカードパワーで押しつぶす系ミッドレンジです。

最近は霊気池(4ターン目にデカブツを叩きつけて勝つデッキ)が増えてきて勝ってるのを見るのが少なくなりましたが霊気池以外のデッキには五分以上に戦えるポテンシャルを持った環境に一定数生息する強いデッキです。霊気池をメインから多少見るためにフルスポイラー明けの深夜テンションで取り組み1枚と巡礼者の目1枚を精神背信2枚に、殺害2枚を餌食2枚に。サイドもちょこちょこいじって出陣。ライフメモと朧気な記憶で書いているのでご了承ください。

 

1戦目マルドゥ機体◯×◯

赤黒白の低マナ域クリーチャーと機体で相手が動く前にしばいてしまおうというデッキです。

イシュカナの出せる5マナまでに盤面をマシにしておかないと概ね負け。イシュカナまで行けると(ライフ残ってれば)なんとかなることも多い。

1ゲーム目 相手がたかり屋で殴ってくるのを横目に他のクリーチャーを除去しつつ3回殴られたところでイシュカナ様が着地。地上が止まっている間に精神壊しの悪魔で上から殴り飛ばして勝ち。

2ゲーム目 1ターン目2/3、2ターン目ヘリのムーブをされ、2点、5点、7点と押し込まれ負け。昂揚は速すぎるデッキも駄目です。

3ゲーム目 ワンマリガンの相手、1ターン目霊気拠点から出てきたスレイベンの検査官に殴られる。が、相手は機体や色マナを引き込めない模様。こちらもなかなか昂揚しない中ドライアドで1点を何回か繰り返します。数ターン後に荷馬車を引かれたものの、接死で相売ったり除去を打ったり鞭打つ触手で流したりして相手のリソースを削っていきます。

相手の盤面が何もなくなったところでイシュカナを着地、次ターンに殴った際の無許可の分解を活力の奔出でシャクって相手が投了。

 

2戦目ティムールt白霊気池◯◯

エネルギーを貯めるカード、エネルギーを6個使ってデッキトップ6枚から好きなカードを出す霊気池の脅威、エムラクールやウラモグ。勝ち。

冒頭でも述べたように緑黒昂揚が滅茶苦茶不利です。青が入っていると打ち消しが打てるのですが緑黒昂揚は(基本的にメインは)除去以外はコンボに棒立ちなので。

4ターン目のウラモグやエムラクールに処理する手段も限られています。でも2回殴られたら負ける。最近はコンボ一辺倒じゃなく、プレインズウォーカーやイシュカナを入れている型が多く、そっちのほうがハズレが多いので昂揚側としては嬉しいです。

1ゲーム目 1t器、2t剥ぎ取りスタート。3t目に昂揚期待で殴りますが導路の召使と相打ちます。つらい。一応こちらも悪魔で4点クロックを作りますが、相手は4tか5t目には霊気池の脅威を着地させます。出てきたのは組細工。なーんや。と思っても次のターンにはまた6枚めくられてしまいます。剥ぎ取りを追加し、悪魔でパンチした次のターン、組細工をサクって出てきたのはウラモグ。ハンドの餌食で完全回答をしますが、土地を2枚持って行かれます。8点パンチして剥ぎ取りを追加、ターンを返すと手札から出てきたのはつむじ風の巨匠。もう一回起動か…と思われましたがエネルギーが足りずフルパンで勝ち。

2ゲーム目 昂揚側はサイド後はハンデス、ファクト破壊、デッキ破壊を大量投入して立ち向かいます。

相手は1ターン目タップイン、2ターン目に霊気との調和から森、もう一度霊気との調和で平地。4cだけあって色基盤は厳しそうです。白を持ってきたことから4ターン目ナヒリだろうと思ったので背信を温存、餌食をぶち込みます。その後背信で確認するも脅威は無し。背信で抜いた後の手札は蓄冷稲妻、エムラ、ウラモグでした。ターンを返すと出て来る脅威。アイエエエ!トップ脅威ナンデ!その後脅威から出てきたのは今話題と値段沸騰中のサヒーリ・ライ。はえーこんなカード入ってるんだーでも手札の人工物への興味があるので何も出てこなければ割れるしハズレか良かったーと思ったのも束の間、サヒーリ-2から脅威を生成、コピーを残して本体を捨て、もう一度起動!アイエエエエエ!1ターン2回脅威ナンデ!しかし出てきたのはさらなる脅威。流石に3回目のエネルギーは残っておらず、返しで猿が食べてくれました。次のターン、相手は何か考えていたようでしたが何もせずエンド。僕は場の組細工と手札の蓄冷稲妻合わせたら場の悪魔焼けるとかそういうことかな?とかアホなこと考えてました。ハンドが動けなかったので適当にエムラでも抜くかーと背信を打ったらなんと脅威にヒット。相手がびっくりしてました。その後悪魔を焼かれ、相手のチャンドラにリリアナの忠誠値を1ずつ削られる不毛な争いをしつつ(クリーチャー引かなかった)イシュカナでチャンドラを落とし父さんの遺影でもうすぐ出そうだった手札とデッキのエムラを抜き、GG。

 

3戦目 黒緑昂揚×◯(時間切れで引き分け)

ミラーはリリアナをいかに守れるか、またはエムラに速くたどり着けるかを競うゲームになります。

1ゲーム目 相手3ターン目リリアナ。1t器2tサクり3t巡礼者と動いていたのでリリアナを削るクロックがありません。4tトラッカーからリリアナ削りを目論みますが巡礼者の目でチャンプ。さらに次のターン殺害を打たれ削ることができぬぅ!そうこうしているうちにリリアナ様をお守りします!と蜘蛛が登場。リリアナ奥義の次のターンにエムラクールが出せて惜しくも奥義に間に合いませんでした。エムラ対リリアナ奥義は基本的にリリアナ奥義の方が強いので、カリタスなどで延命しつつエムラのツーパンで相手を殺す作戦に切り替えていったのですがワンパンした後相手の残り一枚のハンドが横断。エムラサーチからエムラ相打ちを取られ、剥ぎ取りやカリタスがゾンビに殺されてしまい、負け。

 

2ゲーム目 先手3ターン目リリアナ。強い。と思っていたら相手も3tリリアナ。遺影でデッキからエムラを抜きハンデスでイシュカナを抜き除去でトラッカーを処理しリリアナでゴンティを止め…などとやっているとこちらのリリアナが忠誠値7に。よっしゃ奥義やんけ!相手のリリアナも忠誠値7に。よっしゃ奥義やんけ!こうして頭のおかしいゾンビ大戦が始まったのだ…2→6→14あたりまでお互いいったところでこちらがエムラ。エンドに前のターン3体消費したゾンビが24体になり、相手のゾンビと1:1交換を繰り広げることで10体に。相手は黒巨人でエムラを処理し13点ゲイン、ターンエンド2回で6体。いやこれ終わらんやろ…と思いながらやっていると途中で置いていたリリアナの忠誠度が7に。おっ奥義か?と思いながらもなぜか+1で舐める(雑魚)。ここでエクストラターンに突入し、エムラ2体目のプランが崩壊します。削りきるには奥義しかねえ!と奥義を打つと奥義がシナジーしてゾンビが94体に。何を言っているか分からねえと思うが俺にも分からねえ…次のターンで30体以上いたゾンビの上から90体以上のゾンビで殴って勝ちました。1-1で引き分け。

 

4戦目 青白フラッシュ◯×◯

後で聞いたところによると2-0-1だしIDしてたら良かったらしい。まあこの2人は結局決勝行ったからいいのですが。

vs青白フラッシュはメインイシュカナの分で有利とか言われてるんですけどギデオンがキツすぎてそんな気はまったくしません。サイドはカウンター増えるので更に辛い。こちらもハンデスで対抗していくしかありません。

1ゲーム目 序盤の無私の霊魂をリリアナで処理していく麗しい動き。しかし相手のカウンターがうまく刺さってこちらのハンドが土地まみれになり、ギデオンの忠誠度が8になるまでサンドバックにされます。相手のハンドはずっと抱えている2枚。通るわけねえ…と思いつつトップから来たイシュカナを出すと着地。子グモがギデオンをチャンプしますが盤面がギデオンを止められていないので延命にしかなりません。すると次のトップがエムラクール!これも着地し、相手のハンドを見るとギデオンギデオンギデオン!!と引いてきた島。なるほどなあとギデオンを出し直しクリーチャー化してヘリに搭乗、ギデオンを捨てつつ他のクリーチャーを壊滅させ、無私の霊魂を2体サクって圧倒的アドバンテージを得ます。そこからエムラで2回殴って勝ち。

 

2ゲーム目 1tスレイベン2tヘリ3t除去に呪文捕らえ。ハンデス打ったときに呪文捕らえとアヴァシンと萎れ見えててクロックにもなる捕らえ落としたらイシュカナが萎れで消されて負け。

 

3ゲーム目 序盤は相手のスレイベンとこちらの巡礼者の目が殴り合い。中盤はヘリ、ギデオンに殴られつつも掌握を打ったりこちらの悪魔が追放されたりしていました。途中で盤面をまくって一気に相手のライフを削り、最後はアヴァシンスタック蜘蛛ビームで勝利。

5戦目 ID

なんと3-0-2でスイス1位抜け。他の3人は3-1-1だったみたいです。イサム君は2-3(1-4)。パンナコッタ。

1位抜けなのでここから全て1ゲーム目先手をとれます。

準決

vsマルドゥ機体×◯◯

1戦目に当たった人です。

1ゲーム目 相手マリガンからスレイベン。こちらは2t取り組みでソーサリーインスタントのみを落とすなど何をやっているのか分からない動き。相手もそこまで速くなかったはずなんですが無許可の分解を少ないブロッカーにきれいに当てられて負け。

2ゲーム目 相手さん何も出てこない。ながらも3tリリアナ4t悪魔で昂揚せず、4ダメージずつ受け続けこちらのライフがなぜか8に。いやなんでや。ようやく取り組みを引いて昂揚達成も、リリアナがスカイソブリンに落とされます。下に除去を当てつつソブリンパンチに対して活力の奔出を悪魔に打ち一方5点ゲイン!さらにイシュカナを出し、ハンドのない相手は次のドローを見て投了。

3ゲーム目 相手1tスレイベン、2tドロー、3t操縦者。これに掌握。相手4tギデオンに5t目カリタスを出して相手がギデオン+0してボードが広い相手に鞭打つ触手。作り手をキャストしヘリとギデオンパンチされるものの、トップで引いた掌握を作り手に打ち込みゾンビを食べてギデオンを5点で落とします。無許可な分解でカリタスを処理されるものの2体目のカリタスを出して再展開も押さえ込み勝ち。

 

決勝

vs青白フラッシュ◯◯

4戦目に当たった人です。

1ゲーム目 1t横断2t剥ぎ取り、相手2t無私の霊魂も3tメインの取り組みで昂揚達成し4/4パンチ。次もスレイベンだったので4点パンチ。次は何も出てこず4点パンチ。イシュカナキャスト。次のターンはアヴァシン構えてるようにしか見えなかったので掌握構えつつ大蜘蛛と剥ぎ取りでパンチ。アヴァシンに掌握。こちらが悪魔出した次のドロー見て投了。

剥ぎ取りってカードヤバない?

2ゲーム目 後手なので2t剥ぎ取りを反射魔道士で戻される。反射の返しに背信打つとアヴァシン停滞の罠×2呪文捕らえ呪文萎れ。つよ。捕らえを追放して相手の土地が3枚で止まっている間に剥ぎ取り、悪魔を除去の生贄にしつつ、イシュカナに萎れを打たせてスカイソブリン着地。これまで5回も殴られた反射魔道士を殺す。ギデオンが出て来るもイシュカナを出して搭乗、盤面を制圧。アヴァシンに掌握当てたりしつつそのまま3回殴って勝利。

 

というわけでトップやら初手やらにも恵まれ、1位を取ることができました。実際マリガン1回くらいしかしてない気がする。

あとは霊気池の脅威デッキに勝てたのが大きいですね。決勝に残ってたら多分勝てなかったでしょう。

今環境はもうすぐ終わりなので新しいデッキ(サヒーリコンボとか)が出てきてメタ分からねえ!ってなる前に勝ててよかったです。

静岡に乗り込むサークル員は一緒に頑張りましょう。

このブログだいぶ記憶力試されるんですね。知りませんでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度前期 ブログダービー

2016年09月19日 00時40分00秒 | つれづれなること
2016年度前期、ブログダービー結果発表!!!!!






えー、まず何この記事?って方に説明しますと、今年度前期に公開されたブログの執筆数が多い人を煽ろう称えようということで、前期後期の終わりにブロガーをランキング形式で発表しようと、そういった企画になります。さあ今回はどのような結果になったのでしょうか!早速結果発表に参りましょう!




○8位 4本

腐国さん
ミズキ

8位にランクインしたのはこのお二人です。腐国さんは後半、ミズキは前半でスコアを伸ばした、という印象ですね。特にミズキは今期TRPG勢がたくさん入ってきたので定例会とかで頑張ってほしいと思います。



○6位 4.5本

麻木さん

端数が出たのは某氏との共同ブログを0.5ずつでカウントしているからです。就活を理由にお母様からゲームを封印されたにも関わらずこのスコア、というのは見習わなければならないポイントですね。また、BGAでの十二季節の遊び方の紹介ブログもわかりやすいと各方面から好評だったようです。恐らく今年が最後でしょうから、下半期はぜひ1位に返り咲いてほしいと思います。



○5位 5本

メグロさん
そす

農夫枠。半期に書くブログの本数は5本くらいがちょうどいいと思うので、今回ランクインを逃した皆さんはこのくらいを目指してみましょう。
そすに関してはもうちょっとはっちゃけたブログ書いてもいいんじゃない?書こう?普通星人、じゃあないんだよ



○3位 9本

ひらしゅうさん

5位から大きく本数を引き離したひらしゅうさんが3位でした。
特筆事項は特にないですね。麻木さんを幸せにしてあげてください。



○2位 11本

上宮

ブログのタイトルに漢数字が使われていてカウントしやすかったです。ありがとう。
でもカウントしやすくするってことは最初からダービー上位を目指してたってことだよね?2位おめでとう!



○1位 15.5本
栄吉
ほら、去年後期はひとりで16本書いてた人もいたし、それに比べれば全然……ね?


今回は1回生からのランクインはありませんでした。(1回生内だとトップはトクP、ゆうき、G.P.の3本)後期に期待ですね。

ついでなので個人的今期お気に入りブログを紹介しておきます。

ゆき「りーさん、100万円で何買ったの?」 by麻木
そういえば20周年でしたっけ by輝田
5月16日 雨 byひらしゅう
5月19日(木)迫真ボドゲ部~ごいたの裏技~ byなえぽよ
活動報告だよ!byポルカ
七転八起の七不思議 by上宮
おばけキャッチ上達の秘訣 by栄吉
ちゅうちゅう海苔食おう byツナ
TOEIC対策 byメグロ
幼児対抗、ナツ、最終回…うっ、頭がっ! byトクP
神戸ソーシャルゲームの会活動報告←リンクが貼れない……


(ちょっと多くなっちゃったな……)

もうすぐ後期がスタートするということで、今後もブログからは目が離せませんね!以上で前期ブログダービー結果発表を終わります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年最初のプロツアー PPTQ

2015年08月02日 21時49分29秒 | つれづれなること

どうも、mznです。毎度おなじみMTGブログです。
「トップ8に入ったらブログな」 とみのるさんやヒミコ君に言われながらも、優勝しなかったら書かんとこう、と心に決めてたんですけどね。優勝してしまったので書きます。
いつもどおり、MTGに興味のない人はMTGの話しかしませんのでスルー推奨。
やったことはないけど興味はあるという方、手始めにブードラでもしましょう。

今回の大会、フォーマットはモダンです。
参加者30名くらいでスイス5回戦、トップ8でシングルエリミという形式でした。
使用デッキはドランカンパニー。コンボ要素は0でただのビートダウンデッキです。アンフェアデッキにあたると死ぬ。
フライデーで流刑への道もらって強化できたから勝てたらいいな、という感じで参加しました(緑黒フェッチやタルモは高くてかえない)。
ぬる構築すぎるな、これ。
以下マッチ詳細


1回戦 赤緑トロン 〇〇
初戦からアンフェアデッキ。ウギン出されると負ける。ウルザランドそろえられるまでに殴り勝つしかない(最速3ターンでそろえてくるけど)。

1戦目
こちら先攻。相手が1ターン目で燃え柳の木立ち置いてきた瞬間察する。こちらは2ターン目クァーサルの群れ魔道師スタート。返しで相手は搭セットして、少し悩んでから森の占術で魔力炉サーチ。3ターン目土地が止まってしまったので殴ってターンを返す。相手3ターン目、魔力炉セットから紅蓮地獄(2ターン目たぶんこれと悩んでたんだと思われる)。スタックでクァーサルに流刑への道を撃って4ターン目になんとか土地引きから集合した中隊。台所の嫌がらせやと漁る軟泥を場に出す。返しで搭から忘却石おかれるも、さらにキッチン追加。5ターン目は流されるが、そのあと中隊からキッチンとロクソドンの強打者。その後ウルザランドそろわず、何もしてこなかったので勝ち。ちなみにウギンは持ってたらしいです。

2戦目
相手4マリガンから搭セット。返しで思考囲いで紅蓮地獄とエムラクールを確認して、紅蓮地獄を落とす。あとは2ターン目に貴族の教主、4ターン目くらいに中隊から包囲の搭、ドランと先頭に立つもの、アナフェンザ出して勝ち。


2回戦 トリコトラフト 〇〇
青赤白見て、双子かなと思ったけど、普通にトラフトでした。まあ、フェアデッキ相手なら勝てるから(慢心)。

1戦目
2ターン目まで土地を置きあってターンが進む。相手先攻3ターン目に聖トラフトの霊。返しでキッチン合わせとけばいいやろ、という雑プレイにパスを撃たれる。4ターン目先頭に立つもの、アナフェンザが通ってターンを返したところ、トラフトがアタック。ブロックしたところで稲妻のらせん撃たれて除去られてトラフトキャスト。返しでキッチンとクァーサル追加。相手は土地しか引いてないみたいで、7ターン目くらいまでトラフト殴れずに土地だけ伸ばしてくる。その間にキッチンを2体追加しつつ、賛美キッチンで殴る。天界の列柱アクティベイトには全部パスを当てて勝ち。

2戦目
こちら後攻1ターン目貴族の教主から2ターン目ロクソドンの強打者。返しに仕組まれた爆薬x=3でおかれる。3ターン目はアナフェンザとドラン温存で強打者だけで殴る。4ターン目に稲妻で教主やかれて強打者にはパス、そして大祖始の遺産。しかしこっちのデッキには大祖始の遺産は効かないので、サイドでミスリードできた形に。返しでドランを出すもこれもパス。血染めの月警戒で基本土地持ってきまくってたので基本土が切れてしまう。5ターン目中隊からキッチン2体出すがこれを爆薬起動。キッチン誘発に大祖始の遺産を起動しなかったので無事頑強。返しで未練ある魂表裏して勝ち。相手はまったくクリーチャーを出してきませんでした。


3回戦 アミュレットブルーム ××
アンフェアデッキやめろ。対戦経験も1回しかないので、分からないカードだらけ。以前やった時は5ターン目緑タイタンとかやったしいけるやろ(てきとー) 。

1戦目
相手先攻魂の洞窟(指定巨人)から精力の護符。こちら緑白フェッチで返す。相手2ターン目緑青バウンスランドで2マナだしてそのまま戻す。そこから花盛りの夏。緑青バウンスランドをマナだしながら出して戻してを繰り返して、最後は魂の洞窟をハンドに。6マナで原始のタイタン。cipで赤白バウンスランドと処刑者の要塞を持ってきて要塞起動から要塞ハンドに。アタック前に白黒ショックインからパスを合わせる。返しで思考囲い。相手ハンドは集団意識2枚とさっきの土地2枚と殺戮の契約。とりあえず契約を落とすも古きものの活性をトップされてトレイリア西部をハンドに加えられる。返しでキッチンを出すも、次のターン集団意識、その次のターンにトレイリア西部から召喚士の契約で集団意識によるパクト死で負け。

2戦目
1ターン目思考囲いで相手のハンドが宝石鉱山、古きものの活性2枚、原始のタイタン、精力の護符、スラーグ牙、血清の幻視。ここから幻視を落とす(スラーグ牙のほうがよかった気もする)。返しに活性で赤緑バウンスランドをハンドに。2ターン目貴族の教主を出すも、護符から赤緑バウンスランドで宝石鉱山もどしつつ古きものの活性撃たれカルニの庭を持ってこられる。護符を置いてくれたのでクァーサル出して教主で殴ってから割るが、カルニの庭とバウンスランドで時間を稼がれる。そこからスラーグ牙2連発で、こっちにはエイヴンの思考検閲者2体と教主しかいない。ショックランドと思考囲いでライフがきつく、防戦一方になったところで原始のタイタン出されて負け。


4回戦 リビングエンド 〇〇
メインからアナフェンザや軟泥をとっており、かなり有利。ほかにも死せる生で死なないキッチンや、相手のクリーチャーをほぼ何でも止めれるドランもいる。双子入りはちょいきついがこれは特化型なので関係なし。

1戦目
相手1ターン目からサイクリングしてくるのでリビングエンド確定。こちら後攻2ターン目の思考囲いに対応してサイクリングしてくる(続唱が1枚しかなかったとかかな。よくわからない)。相手のハンドがサイクリングクリーチャー1体と死せる生と続唱カード2枚と大爆発の魔道師2体。とりあえず続唱を1枚落とす。相手3ターン目サイクリングするも土地が2枚で止まる。キッチンで返したところ、猿人の指導霊追放から続唱。こちらの場、キッチン。相手の場、3/3一体、4/4二体、3/4一体。次のターンにフルパンしてきたところに中隊でアナフェンザとドランを出す。4/4をドランで3/4をアナフェンザでブロックするが、愚かにもドランの効果を忘れてアナフェンザと3/4相討ち。ただ、そのあとはキッチン2体だしてドランで殴りきって勝ち。

2戦目
後攻1ターン目で大祖始の遺産。3ターン目にクァーサル出した返しに森サイクリング。ここで愚かにも相手のドローステップに大祖始起動したせいでコラコマでクァーサル焼かれながらクリーチャー回収される。そのあとは、続唱ケアしとけばいいやろ的なテンションでターンを無駄に消費したせいで5マナや6マナでクリーチャーをどんどん素出しされる。ただここからは飛行クリーチャーにはパスを撃って地上のクリーチャーはキッチンでチャンプブロックからのガヴォニーで粘りつつ、いつの間にか教主のパワータフネスが相手のクリーチャーを上回ったので攻めに転じて勝ち。


5回戦 ID
4回戦終了時点で12点1人、10点2人、9点6人、7点2人という感じでした。勝ち点9の中でもオポでトップだったのでID。5位か6位で抜けかなとおもいつつ昼食に。
ちなみにみのるさんは1-5(0-4)、ヒミコ君は2-3(1-3)でした。()をつけたのは勝ちのうち1つがbyeだったからです。あと、この日みのるさんはゲーロスしてましたね。ゲーロスにもなんか罰則つけたほうがいいのでは(具体的には反省ブログとか)

5回戦終了で勝ち点10、7位でスイス抜けました。9位からは3-2だったのでやっぱり3-1-1ラインだったみたいです。まあ、スイス7位の時点でシングルエリミはずっと後攻確定みたいなもんですが。


シングル1回戦 黒単ハンデス ×〇〇
対戦相手は有名な方みたいでした。メガハンデッキ使いらしいというのは噂で聞いてたので、対人メタでケアしていこうかなと。対戦は初めてで、デッキもよくしらないままですが。

1戦目
先攻相手1ターン目からコジレックの審問。ハンドを見せると、スマイターを見てちょっと嫌そうにする。教主を落とされて、こちらはフェッチをおいて終了。相手も変わり谷おいて終了してきたので、フェッチ切って思考囲い。相手のハンドが狂乱病のもつれ、カラスの罪、思考囲い、沼、埋没した廃墟。そこから思考囲いを落とす(ここは狂乱病のもつれのほうが良かったな)。返しにカラスの罪を撃たれて、スマイターを能力で出したところ喉首狙い。返しにキッチンを出すも、「よくわからないアーティファクト(だれか名前を教えてください)」をだされてから狂乱病のもつれでお互いハンド0に。返しにハンドが3枚よりすくないので3点喰らってドローして殴る。返しに審問を撃たれるが残り一枚は中隊なので回避。こちらのアップキープで2点くらって、土地引きから中隊。しかし、これは1枚もあたりなし。キッチンで殴るも「よく分からない再生ランド」で軽くかわされる。そのあと「よくわからないエンチャント(手札1枚以下の時3ダメ)」を貼られ、よく分からないまま負け。

2戦目
1ターン目教主スタートから2ターン目思考囲い。相手のハンドがファイレクシアの抹消者、滅び、魂の裏切りの夜、沼、変わり谷、よくわからない土地。そこから抹消者を抜く。相手は変わり谷でエンドだったので返しに大爆発で割る。次のターンも谷セットしてきたので大爆発。次のターンのランド2枚目セットのエンドに中隊。キッチンと軟泥。大爆発2枚食べて7点。相手は3枚目の土地セットから魂の裏切りの夜。返しに貴族を食べて殴って、相手残りライフ4。相手の4枚目土地セット、滅びうたれたエンドに中隊でアナフェンザとドランめくって勝ち。

3戦目
土地3、スマイター2、未練ある魂、中隊というハンドをキープ。相手ダブマリスタートから「よくわからないエンチャント」を2枚貼ってる間に2ターン目思考囲いを撃つ。相手のハンドは土地とヴェールのリリアナ。ヴェリアナをおとす。返しに審問を撃たれ未練ある魂を落とされる。こちら3ターン目スマイターは小悪疫。ハンドからスマイターを捨てて出す。あとは中隊からアナフェンザ、ドランで勝ち。


シングル2回戦 トリコトラフト 〇〇
スイスラウンドで当たった相手。

1戦目
こちらが出す3マナ帯をパス、パス、瞬唱フラッシュバックパスしていかれる展開。ただ、こちらも中隊2連打で盤面をかえして、とどめに思考囲い。修復の天使2枚と稲妻から修復の天使を落とす。そこからはドランとアナフェンザの10点パンチで勝ち。修復の天使で瞬唱ちらつかせてパスフラッシュバックされたらまだ分からなかったかもって感じでした。

2戦目
1ターン目貴族の教主、2ターン目スマイターという順調な滑り出し。スマイター出したエンドに稲妻で教主焼かれる。ちなみに相手が自分のメインで教主焼かなかったのはマナ漏出を構えてたからみたいです。相手3ターン目トラフト、こちらはクァーサル。除去られてトラフトで殴られたくなかったので殴らずエンド。4ターン目、相手は露骨に構えてくるがアナフェンザを出してみる。これを謎めいた命令でカウンターバウンスでスマイターを手札に。次のターンにスマイターを出しなおすも、パス。6ターン目タップインランドから刃の接合者の返しで中隊。アナフェンザとドランを出す。7ターン目もかまえてきたが、とりあえずアナフェンザとドランでアタック。イゼットの静電術士瞬速から能力でアナフェンザに1点。3/3ゴーレムでブロックしてきたのでクァーサルで割る。ドランの6点が通った後に中隊。これはリークを撃たれて、返しで嵐の神、ケラノス。トラフトのアタックを通した後、パスを2枚立ってるクリーチャーに撃って殴って勝ち。



シングル3回戦 アミュレットブルーム 〇〇
アミュレットブルームで負けなしとかやばすぎ。事故ってくれることを祈るしかない。

1戦目
相手1ターン目精力の護符。こちら後攻1ターン目思考囲いで相手のハンドが集団意識、否定の契約、護符、魂の洞窟。ここから集団意識を落とす。2ターン目は相手護符、こちら貴族の教主。3ターン目相手はバウンスランドを引かずもたついてるところにクァーサルで一枚割る。4ターン目中隊でスマイターとクァーサルだして即起動で、2枚目の護符も割る。5ターン目軟泥をプレイして墓地のクァーサルを食べる。6ターン目にドランとライオンを出して軟泥とスマイターでアタック。返しにようやくタイタンが出てきて速攻つけて殴ってくるがドランと教主ダブルブロックで相討ち。タイタンの能力でカルニの庭とヴェズーヴァを持ってこられてトークン2体だしてくるが、数がたりず、殴って勝ち。

2戦目

相手1マリスタート。2ターン目ライオン、3ターン目ライオンと並べたところで仕組まれた爆薬で吹っ飛ばされる。4ターン目中隊でドランとスマイター。5ターン目に殴って構える。6ターン目にようやく相手が動いてきて、原始のタイタン。これには静翼のグリフをあわせるが殺戮の契約で躱される。タイタンのcipで赤白バウンスランドと処刑者の要塞を持ってきて速攻を付けたところでパス。これで相手投了で勝ち。

 

というわけで優勝しました。
ちなみに賞品はシングルエリミ1没でモダマス2一パック(1800円くらい)、2没でモダマス2三パックだったので、決勝はモダマス2一box(24パック入り) かなぁとか思ってたんですが、まさかのオリジン一box(2位の賞品)。しかも優勝者は権利獲得のみというね。モダマス2一boxなら秒で負け宣言してたんですが。ちなみにモダマス3パックで呪文滑りのfoilや大爆発の魔道師が出たみたいです。たぶんその人がこの日一番の勝ち組だぞ
とりあえず権利はもらったんで10月末のRPTQは出ようかなという感じです。フォーマットはモダンらしいのであまり勝てる気はしませんが、ヴェリアナ旅行楽しんできます。
 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

BMOサイドイベント マジック甲子園 報告

2015年07月27日 23時31分18秒 | つれづれなること

 

どうも、お久しぶりです。イサムです。

今回は先週の土日に行われた、BMOというMTGの大会のサイドイベントとして行われていたマジック甲子園というイベントに参加してきたので、それについての報告です。

なので、MTGに興味がない人は面白くないと思いますが、MTGを始めようと思っている人やお金をもて余している麻木君のような人は、これをみて少しでも興味をもって頂けたら幸いです。

まさか僕もサイドイベントでこうしてブログを書くことはないだろうと思っていたのですが、卑弥呼君に散々せっつかれたので、こうして記事を書いている次第です。

このイベントは、さっき述べたようにBMOという大会のサイドイベントとして行われていました。この本選にはmznさんや卑弥呼君が参加していました。本選については、mznさんが書いてくれた記事を見て頂いたら分かりやすいと思います。

マジック甲子園は学生限定のイベントで、通常よりもお手軽な価格で参加できるイベントでした。僕は10:30位に会場に到着したのですが、ちょうど参加者を募集していたので、そのまま申し込みました。一方、mznさんもこの日はモダンのサイドイベントに申し込みをしていました。卑弥呼君はこの日も(テスト勉強をスルーして)本選に参加しておりました。

予選をスイスラウンドで5回戦行い、そのトップ8でシングルエネミネーション式の決勝ラウンドを行う形式でした。

さて、今回僕が使用したデッキはスゥルタイコントロールです。今流行りのアーティファクト型やドラゴン型ではなく、基本的にフィニッシャーがウギン様だけの形に調整しました。ただ、棲み家の防御者や層雲の躍り手が入っているので、アドを稼ぎながらビートダウンで決めるということが多くあります。オリジンから大きな入ったカードは器用に立ち回れるカウンターの意思の激突と両面ジェイスが挙げられます。

基本的にコントロールなので、アグロ系のデッキは苦手です。その分、思いデッキは得意なのですが、防御者をくるくるされるとお手上げなので雲散霧消を4枚、個人的に好きな頭蓋書庫をサイドに1枚積んでいます。

心配なのは、このデッキゆめはら君と1回回しただけなので、ほぼ頭の中だけで調整されているという点です。

では、ここから実際の試合の内容をざっくり紹介していきます。

 

マルドゥドラゴン ●○○

マルドゥの優秀な除去+ドラゴンみたいなデッキです。相性は火力が多いので苦手な方ですね。

1戦目:序盤、こちらはジェイスを龍詞の咆哮で焼かれ、相手はラブルや赤執政をカウンターされる立ち上がり。カウンターが尽きたところに相手の前哨地の包囲が通りガンガンアドをとられて、こちらは時を越えた探索で必死にスゥルタイの魔除けを探すも、間に合わず負け。

2戦目:こちらが先行なので2ターン目道探しから3ターン目相手のラブルを雲散霧消。その後、特に4ターン目動きがなかったので、時を越えた探索をうって防御者と土地をハンドに。それから、相手は龍詞の咆哮や弾ける破滅でライフを削ってきたので、サイドから入れた宮殿の包囲でドレインしてそのまま勝ち。

3戦目:相手が黒マナが出ない状況で渾身のラブルを除去。そのまま、相手は土地も止まり、その間に宮殿の包囲をさっさと置いて、相手がまともに動き出す時には手遅れで勝ち。ちなみにアーボーグは持ってたけどスゥルタイの魔除けで捨てました。

 

アブザン大変異 ●●

言わずと知れた、トカゲ入りのアブザン。ひどくあっさり負けたので、記憶もあっさりしています。

1戦目:よく覚えてませんが、サイとタシグルと防御者にぐちゃぐちゃにされた気がします。

2戦目:思考囲い!脅迫!サイ!タシグル! むぅりぃ~。

 

赤青アーティファクト ○○

搭載歩行機械を爆裂させたり、諜報網で出てきた飛行機械を爆発させるデッキです。

1戦目:相手は2ターン目にアーティファクトの魂込めを羽ばたき飛行機械に付けて殴ってくる。ライフを10点削られたあと英雄の破滅で除去に成功するも、その後、x=1で搭載歩行機械が登場。防御者で相討ちをとり、出てきたトークンを羽ばたき飛行機械もろとも衰滅で一掃。相手は諜報網をキャストするも意思の激突で打ち消し。そのまま、層雲の躍り手と防御者で殴り勝ち。 

2戦目:相手は飛行機械に幽霊火の刃付けてビートを刻む。こちらはスゥルタイの魔除けで幽霊火の刃を割ろうとするも、爆片波で5点火力に変えられる。が、その後の後続がなく万を辞してキャストされた歩行機械も意思の激突で打ち消し。その後、相手は宮殿の包囲を割れずにそのまま勝ち。

オジュタイバント ●●

オジュタイの入ったバントカラーのデッキ。打ち消しもできるビートダウン。

1戦目:5ターン目に出てくるであろうオジュタイもろとも相手の場のクル狩とライオンと女人像を衰滅で一掃しようと考えていたら、出てきたのは龍王ドロモカ。それに動揺したこちらは、思わず次のターンをそのまま返し、除去出来ずに負け。

2戦目:双方手札が尽きた状態でこちらのライフが6。こちらは、トップデックした雲散霧消を構えるも、相手のトップデックガイアの復讐者になすすべもなく負け。

赤単タッチ黒 ●○○

赤単アグロにコラガンの命令をタッチしたデッキ。勿論メインは不利。

1戦目:凄い勢いで殴られて負け。流石にきついっす。

2戦目:さっきと同じくらいのスピードで殴られるも、悲哀まみれが間に合い、後続も衰滅で除去。その後、タシグルを出し、そのまま殴って勝ち。

3戦目:相手がやたら除去の多いハンドをキープしており、あぶり焼きを3回ほど打ってくるも、宮殿の包囲を張り、ゆっくりドレインしつつ勝ち。相手いわくコントロールとは思わなかったとのこと(そういえばここまでカウンターうってねぇ)。

ここまで、予選ラウンドで3-2で7位となり、決勝ラウンド進出となりました。一方、mznさんは予選で負けて、卑弥呼君からスリーブを奪い8人ドラフトへと繰り出していきました。

準々決勝 アブザン大変異 ●●

またアブザンかー(遠い目)。

1戦目:サイ、タシグルを順調に打ち消すも、その後、相手がキャストしたタシグル2号と防御者にアドを稼がれ、最終的にはタシグル園長とゆかいな動物たち(サイ、トカゲ)になぶられて負け。

2戦目:痛恨の土地事故。全ては働かない道探しが悪い。そのまま、サイやらタシグルやらトカゲやらに殴られて負け。

 

そんな感じに見事アブザンに負けて、俺たちの甲子園もここまでかーと思っていると、なんと対戦相手の方がこのあと直ぐに帰らなければならないらしく、僕が準決勝に上がってもいいと仰っていたのです。

なんという幸運!このチャンスを活かさねば!と望んだ準決勝。

準決勝 アブザン大変異(予選と同じ人)○●●

あっこれ知ってるダメなやつだー。

1戦目:相手がなんと土地事故。ただ、このデッキもそんなに急にゲームを決めれるデッキじゃないのでゆったりとアドを稼ぐ。相手の状況も次第に回復してくるが、こちらは防御者ビートを決行。除去や大型クリーチャーをカウンターしつつ、なんとか殴りきって勝ち。

2戦目:除去の応酬でお互いにリソースが少なくなっていく中こちらはウギンをプレイし、ゲームを終わらしにかかるも、相手はエルズペスをプレイ。トークンを除去するも、次のターンに相手は変異を追加し、やむ無く変異を除去する。案の定、それは防御者で墓地の防御者を回収してぐるぐるしだす。防御者の除去に手間を割いている内に、じわじわライフを削られ負け。

3戦目:相手は道探しからのクル狩、こちらは道探しからのジェイスとお互いに悪くないスタートを切るが、その後、ジェイスを残忍な除去され、ついでに思考囲いで時を越えた探索を落とされる。その後、数ターン目に時を越えた探索をドローするが、すでに盤面はタシグルなどによって制圧されている。万を辞して、時を越えた探索をキャストする。そのなかにはウギンがあったが土地は7枚なのでウギンを次のターンに即キャストしたければウギンとフェッチをとらなければならないが、クル狩で相手が英雄の破滅を加えているのは知っている。そこで、ここは、ウギンとタシグルを手札に加え、先に英雄の破滅をタシグルに打たそうと画策します。結果的に英雄の破滅はタシグルに向けて放たれましたが、その後、ウギンを唱えるための土地を引けず負け。

 

こんな感じで、準決勝敗退となりました。感想としては、アブザンには一回も勝ててないので、その辺は改良が必要かなぁと思いました。後、宮殿の包囲は強かったです。

今後も、こんなイベントがあったら極力参加していこうと思っているので、他にも興味があるかたは一緒に参加しましょう。

以上、長文になりましたが、マジック甲子園の報告でした。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BMOスタンダード報告 

2015年07月25日 21時41分57秒 | つれづれなること

どうも、mznです。
7/25(土)にBMOというMTGの大会に参加してきました。
この記事がサークル活動と関係あるのかと言われると、まあないのですが、需要があるみたいなので、書かせていただきます。
興味のない方はすみません。以下MTGの話しかしないのでこの記事はスルーしてください。
やったことはないけどMTGに興味があるという方は、ぜひ始めましょう(布教)。

MTGについての説明については何度か説明されているので、ここでは割愛します。
BMOというのは、BigMagicという店が開催している大会で、賞金総額100万円というそこそこデカい大会です。
優勝すれば24万円のほかいろいろ特典もつきます。
ぜひ優勝したいですね(叶わなかったよ……)。
ちなみに参加費は事前予約で5000円です。

今回の大会は参加者280人くらいのスイスラウンド9回戦、トップ8でシングルエリミネーションというルールで行われました。
使用デッキはジャンド。
棲み家の防御者とコラガンの命令でアドをとりまくって気持ちよくなるデッキです。
トップメタのアブザンに対してはドラゴンもそこそこ入ってるし、アド差で勝てるから相性はいいです(楽観視)。 
また、アグロデッキに対してもサイドから乱撃斬など積めるので、アブザンとくらべて手数を撃てるのが利点かなと。
弱点は3色ランドがないのでマナ基盤がきついことくらいですね。

結果だけ先に書くと、7勝2敗で約280名中18位でした。
一応賞金として1万もらえるみたいです。
では、詳細(合ってるとは言ってない)を書いていきます。 

1回戦 VS黒単アグロ ×〇〇
龍紀伝までの黒単アグロとほとんど構成は同じ。ただ、オリジンから魂の略奪者が入ってました。対戦とは関係ない話ですが、対戦相手の方が「chagamo fireball」のTシャツを着てたのを「channel fireball」と読み間違えて、やべえよやべえよ、ってなってました。ちなみにその人はchannelともchagamoとも関係ないらしいです。

1戦目
相手先攻から1ターン目苛まれし英雄、2ターン目、3ターン目ともに魂の略奪者と展開してくる中、こちらの初動は忌呪の発動。4ターン目に出した変異は胆汁病で除去られてそのまま負け。

2戦目
乱撃斬、神々の憤怒サイドイン。相手の1ターン目苛まれし英雄の返しでサテュロスの道さがしを出す。次のターン相討ちから魂の略奪者をキャストしてくる。防御者変異で返したあとは、殴りあいに。後続を龍詞の咆哮で焼いてライフを詰めつつ、最後は嵐の憤怒、コラガン疾駆で勝ち。

3戦目
また苛まれし英雄スタートされる。2ターン目に殴られた後、血に染まりし勇者をキャストされる。返しに、防御者を素出し。勇者単独アタックをスルーしたあと魂の略奪者をプレイされる。こちらの3ターン目の防御者変異は除去られるが、4ターン目に雷破の執政を出すと、相手フルパンしてきたので勇者だけ通して防御者と英雄相討ち。その後、略奪者をプレイされるが、返しにタシグルをプレイして盤面を固めて勝ち。

2回戦 VSアブザン大変異 ××
今日はアブザンを倒すために来たので、この対戦は願ったり叶ったり……だったはずなのだが。

1戦目
先攻3ターン目タシグル、4ターン目雷破の執政をプレイして圧力をかけていくも、相手の3ターン目クルフィックスの狩猟者から、4ターン目以降どんどん除去が飛んでくる。その間にクル狩にアドをとられる。こちらがマナフラ気味の間に防御者くるくるしだして、ペスで負け。

2戦目
こちら先攻3ターン目猛禽。 相手は3ターン目クル狩キャストから4ターン目猛禽、トーモッドの墓所。猛禽同士で相討ちから占術ランドでなぜか防御者をトップにしてしまう。6ターン目防御者変異でフェイスアップ。墓所起動にスタックでやけくそ気味に残忍な切断をクル狩に。ただ、クル狩2号機にまたアドを稼がれ始める。削っても削ってもライフ回復されるなか、ペスから除去撃たれまくり負け。

この戦いで、アブザンに対して苦手意識を持ちました。

3回戦 VSラクドスアグロ 〇〇
鐘叩く方のズルゴや軍族童の突発、ゴブリンの熟練扇動者で序盤から圧力をかけつつ最後は嵐の息吹のドラゴンや嵐の憤怒、コラガンでフィニッシュするデッキのようでした。

1戦目
相手先攻3ターン目軍族童の突発に4ターン目雷破の執政。執政は出された直後に究極の価格で処理して返しでこちらも赤執政。 これを英雄の破滅で破壊される。5ターン目に道さがしからタシグル。ここから殴りあいをして勝ち。

2戦目
相手土地3枚で詰まる中、こちらは土地を8枚まで伸ばす。コラガンで相手をなぐりつつ、あいてのドラゴンはすべて除去して勝ち。

4回戦 白黒戦士 〇〇
血顎の憤怒鬼やアラシンの先頭に立つもの、粗暴な軍族長といった勝負を決めにいけるクリーチャーを優先的に除去して、最終的に更地にすれば勝てる相手。比較的対戦経験もあり楽。

1戦目
相手後攻マルドゥの悲哀狩りスタート。こちら2ターン目サテュロスの道さがしキャスト。返しで相討ちしてからマルドゥの頭蓋狩り。3ターン目何もせずターンを返して、相手が憤怒鬼出してきたところに龍詞の咆哮。4ターン目猛禽出した返しに、ドラゴンを狩るものとドロモカの戦士を出される。5ターン目構えて終了したところ、真面目な訪問者ソリンを出される。龍詞の咆哮と残忍な切断で二体除去の1体相討ち。返しで防御者変異から龍詞の咆哮を回収。そこからは、アラシンの先頭に立つものしか出てこなかったのでそいつを除去して勝ち。

2戦目
1ターン目マルドゥの悲哀狩りに乱撃斬。2ターン目憤怒鬼から3ターン目刃の隊長出してきて3点はスルー。返しに神々の憤怒。4ターン目血顎の憤怒鬼だしてきたのでこちらはニッサをキャスト。5ターン目の粗暴な軍族長に残忍な切断を合わせて、殴りあいに。コラガンの命令で除去ハンデスでアドとりまくって勝ち。

5回戦 ジェスカイトークン ×〇×
急報や軍族童の突発を撃たれてるのに、ジェスカイの隆盛の存在を忘れてたあたり、ここらへんでボケてきてる。 あとこのマッチは相性的にも勝てるはずだった。

1戦目
相手先攻2ターン目、3ターン目ともに道の探究者を除去する。4ターン目に土地をおかずにそのまま終了してきたので勝ちを確信。こちらのエンドに急報撃ってくるが、こちらの頭のなかではまだジェスカイウィンズなのに珍しいなぁ、とかいう感じ(今考えると意味不明)。5ターン目に軍族童の突発をうたれて、ジェスカイトークンだと気づく。6ターン目に隆盛貼られて、そういえばそんなカードもあったなぁ、とか考えてる間にかきたてる炎召集でうたれて負け。

2戦目
2ターン目道さがしの返しにドラゴンの餌。3ターン目にトークンと相打ちしたあと探究者出される。こちらの4ターン目に神々の憤怒。返しにまた突発撃たれるも5ターン目憤怒。スタックでかきたてる炎うたれ残12になる。その後、思考囲いで相手のハンドがかきたてる炎×2、宝船の巡航、ジェスカイの隆盛、土地。ここから宝船の巡航を落として、タシグル。相手は隆盛を貼っておわり。返しにニッサからトークン出して、雷破の執政。かきたてる炎でトークン除去られるも防御者引いてコラコマ回収、打って勝ち。

3戦目
後攻赤黒フェッチ、道さがし×2、タシグル、思考囲い、龍詞の咆哮×2とかいうヌルハンドをキープ。一ターン目思考囲いから、相手のハンドが乱撃斬、ドラゴンの餌、隆盛、他土地というハンドだったので隆盛を落とす。返しに餌を撃たれるも、何とか山を引いてトークンに龍詞の咆哮。次のターンも土地引けず龍詞の咆哮をトークンに。その後探究者を出される。4ターン目も土地引けず、タシグルキャスト。しかし、突発からかきたてる炎、乱撃斬でタシグル落とされる。次のターンにようやく土地を引くも、赤緑占術ランド。次のターンに殴られて負け。

ちなみにヒミコ君は、というと……。
1-3卓でエルフとあたってました。ヒミコ君のデッキは赤単ゴブリン。突発や餌でトークンを出して面で攻めるデッキ。なお、私が見た場面では悪性の疫病を貼られており、ハンドには熟練扇動者×2と突発が腐ってました。当然まけで1-4ドロップ。
まあ、参加賞でスリーブもらえたからね(5000円のスリーブ)。 

6回戦 アブザン 〇×〇
2回戦でもう心が折られたよ……。クル狩、サイ、ペスきらい。
あと、この試合が今日一番しんどかったです。二転三転しててあまり覚えてない。猛禽は入ってないようだったので助かった感じです。

1戦目
なんか衰滅うたれたりペス出されたりしてるうちに処理したりしてるうちに、相手ハンドゼロ盤面タシグル(フルタップ)、こちらハンド土地2枚ほど盤面ニッサ(プレインズウォーカーの状態)。そこからターンもらって、忌呪の発動トップデッキ、ニッサプラスでコラコマハンドイン。忌呪撃って相手のドローステップにハンデス回収防御者。相手のトップが英雄の破滅だったのでニッサは落とされる。しかしそこから防御者でコラコマ回収。相手のドローステップにハンデスと回収防御者を2回やって勝ち。

2戦目
ペス出されすぎぃ→負け

3戦目
消耗戦に陥っていろいろあってから、こちらハンド囲い土地、盤面防御者(3/2) 、道さがし、ライフ8。相手盤面なしフルタップライフ8ハンド2。殴って相手残4から囲いキャスト。相手のハンドがペスとアブザンの魔除け。ペス落として終了。相手はドローゴー。こちらは土地引きで、アタック。防御者にアブチャ撃たれて残3。相手ドローゴー。道さがしアタックで残2。相手は土地おいて終了。こちらのターンで道さがしアタックに英雄の破滅。そのあと雷破壊の執政でエンドにフェッチ切ってきて残1。相手のターンで土地セットからのウギンでー4。こちらのドローは占術土地で、セットしてトップの土地をボトムに送る。相手も土地引きだが、ウギンプラスでこちらが残り3。ラストターンで防御者を引いて、コラコマ回収プレイヤーに2点で勝ち

7回戦 赤単ゴブリン 〇〇
ゴブリン寄りの構成。稲妻の一撃が入ってたり、若干のバーン要素もある。ウルドのオベリスクの有無は不明。ゴブリン相手は散々やったから(疲れ)。 

1戦目
トークンをほぼ出されなかったので1体1体除去して勝ち。

2戦目
1ターン目に「稲妻の狂戦士」と言いながら間違えてゴブリンの踵裂きを出してくる。さすがに巻き戻しになるが、情報アドは得る。2ターン目殴られてからゴブリンの群集追い。踵裂きがあるので道さがし出さずにターンを返す(今思うと出してもいい気はする)。3ターン目熟練扇動者出してきたので除去。また構えて、4ターン目の熟練扇動者とゴブリンの群集追いを除去。返しに赤執政出す。5ターン目踵裂き疾駆で殴られて残10。防御者変異で出して、踵裂き疾駆に龍詞の咆哮で除去。そこからは防御者表返して2回殴って勝ち。

8回戦 赤単 ×〇〇
ゴブリンの群集追いも入ってるのでゴブリンよりだが、稲妻の一撃や僧院の速槍なども入ってる形。ゴブリンデッキよりもトップデッキ火力が怖い。

1戦目
序盤はあまり覚えてないが、突発や餌でトークン並べまくられて凱旋の間で負けた。

2戦目
1ターン目に出されたクリーチャーを相手のエンドに乱撃斬で除去してから、防御者素出し。2ターン目に餌撃たれたので、防御者で殴りに行って道さがし。相手速僧から餌。神々の憤怒を持っていた(山引かないと打てないが)ので速僧チャンプ。4ターン目殴らずタシグル。返しで紅蓮の達人チャンドラを出されて防御者除去られる。速僧は究極の価格で除去してトークン3体通って3点。返しで山引いたので、憤怒撃ってチャンドラを殴る。相手5ターン目はチャンドラ+0で土地がめくれてから突発。防御者を変異で出したところ、返しでチャンドラ+1からフルパンで3点削られ突発。エンドに表返して憤怒回収、自ターンに打ってトークン除去、チャンドラも落とす。そこからかきたてる炎で残3まで削られるも土地2回引いてもらっている間に殴って勝ち。

3戦目
相手ドラゴンの餌、こちら道さがしスタート。3ターン目のアタックを1体相討ちするも突発を撃たれる。タシグルで返したところフルパンされて3点通ってから突発。これを憤怒で流して殴る。返しに餌と突発をうたれたので、防御者から憤怒を回収する。6ターン目防御者殴ってから憤怒か、憤怒撃ってからタシグルで殴るか悩んだあと先に憤怒を撃つ。そこで焦熱の衝動でタシグルを除去られる。ここで相手、自分、相手とドローゴーした後、タシグルを引いてきたのでキャスト。即、焦熱の衝動と灼熱の血で除去られる。相手はその後3ターン有効牌を引かず、その間に赤執政だしてコラガン疾駆で2回殴って勝ち。

9回戦 緑信心タッチ赤 ×〇〇
今大会優勝デッキと同じアーキタイプ。マナクリーチャーを全部除去して7マナまでいかないように祈るしかない。相性は悪いとおもってる。

1戦目
こちら先攻。相手1ターン目のエルフの神秘家に対して究極の価格を構えてエンド。 相手2ターン目に森の女人像からタップインランド。忌呪の発動がハンドにあるのと、価格を撃てば3ターン目にタシグルをだせるという理由から、エンドに神秘家に究極の価格(自分のメインで打っとけばよかった)。3ターン目、女人像除去するより速攻で決めることを選択してタシグルをプレイするも返しでポルクラノス。4ターン目にさっきの反省を活かして、自分のメインで忌呪の発動で女人像除去りつつコラガン公開でライフを21に戻す。相手4ターン目はポルクラノスで殴ってきて終わり。5ターン目にコラガン疾駆で相手残り10。返しにクルフィックスの狩猟者プレイされて1点ゲインされてからポルクラノスで殴られて残10。6ターン目もコラガン疾駆で相手残1にする。次のターンコラコマで勝ちとおもってたところ、返しに歓楽の神、ゼナゴスプレイからポルクラで殴られ10点削られて負け。

2戦目
1戦目の反省を活かしてエルフの神秘家、森の女人像、クルフィックスの狩猟者、ポルクラノスと順番に除去していく。5ターン目にニッサを出した返しに囁きの森の精霊をプレイされるも、残忍な切断を合わせる。6ターン目に防御者変異から残忍な切断を回収、相手の動きは爪ならしのみ。7ターン目ニッサ裏返して-2からコラガン疾駆で9点。これに対して相手に解答がなかったので勝ち。

3戦目
初動神々の憤怒キープ(いわゆるヌルキープ)。ただ、相手も事故っててエルフの神秘家を2ターン連続で出されるも土地が1で止まる。こちらの2ターン目で土地おいてターンを返すと、土地を引かれてから前哨地の包囲。とりあえず憤怒でマナクリを流す。4ターン目土地が止まったままだが爪ならしの神秘家を出してくる。これを除去してターンを返す。5ターン目さすがに土地を引かれるがそのままエンドしてくる。こちらはコラガンを通常コストでプレイ。6ターン目相手は土地詰まりだが、女人像プレイ。こちらもなぐってそのまま終了。返しで土地セットから高木の巨人を出してきて、こっちには除去は焙り焼きしかない状態。ターンもらって、とりあえずトップした忌呪の発動を撃ってみる。相手が高木の巨人をサクってくれたので殴って相手残8にして思考囲い。ハンドが起源のハイドラ、神ゼナゴス、龍王アタルカだったので、アタルカを落としてエンド。相手が自分のアンタップステップに女人像の存在に気付く(女人像を土地に重ねてタップしてたので存在をわすれていたみたいです)。なんか適当に神ゼナゴスを置いてくる。返しに殴ってニッサだして裏返し、-2でトークン出して除去構えてエンド。最後のターンで相手は思い出起源のハイドラして投了、勝ち。

 

感想
このデッキ使ってみて、メイン厳しいデッキが多すぎるなぁという感じを受けました。
アブザンに対しては龍詞の咆哮が効きにくいし、アグロ系のデッキに対しては重いところ引きまくるとどうしようもないという感じですね。
サイド後はアグロ絶対殺すマンになれるんですが、アブザンはサイド後有利というわけでもなかったです。
アブザンに強いなんてのは幻想だったよ(練習不足) 。むしろアブザンいがいにつよい(錯乱)。
改良するならメインから囲いをいれるんかな、って感じなんですかね?
だれか相談にのってくれ、たのむー。

以上大会レポートです。
並みの大学の課題レポートより量多いよな、って感じになりました(MTG実習可くらいはもらえそう)。
デッキ説明で出したカードが対戦記で登場してないとかターン飛んでるとか、いろいろ辻褄あってないところありそうですが気にしないでください。書き直そうにもこれ以上思い出せないので。
では。

 


 


 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

PPTQ戦乱のゼンディカー@MTG結果報告

2015年04月29日 21時47分28秒 | つれづれなること

どうも、mznです。
兵庫県民会館でMTGスタンダードの大会に参加してきました。
最近は、大会に参加して勝つとブログを書かないといけないという風潮があるみたいです。普通は逆じゃないですかね……。

MTGの説明やらは、以前に紹介がされているので割愛させてもらいます。
(いや、8マッチやった後で疲れているので勘弁してください。)
私は、そこで67人中2位でした。無念

今回、私が使ったデッキはアブザンアグロです。 
私のデッキは、一般的なアブザンアグロとは違って、序盤にテンポをとることをかなり重視しています。
1マナのカードを8枚、2マナのカードも18枚といった感じですね。
ただ、3色という色拘束に加え、序盤からマナを使いたいという都合からダメランや合流点を入れまくっているので、気が付いたら自分で10点くらってたとかもザラです。別名アブザンスーサイド
なので、赤系のデッキ相手はつらいかなーというところです。

ちなみに、この大会にはジョー君も参加してました。
彼のデッキはいつも通り赤緑アグロ。最近流行ってるような気がするデッキタイプですね。ただ、そこそこメタられているようで、今回は下位卓に多かったです。 
その例に漏れず、0-4でドロップしていました。

ここから、それぞれの対戦について書いていこうと思いますが、ライフ変動のメモしかないため、かなり端折っていきますが、ご了承ください。
サイを出したときはライフ変動がわかりやすいからいいですね

 

1回戦  VS赤緑アグロ  〇〇

赤緑アグロの中でも粘れるように死霧の猛禽、棲み家の防御者、灰雲のフェニックス、赤執政が入ったデッキ。ただこのデッキは結構重めな構成だったようで、序盤でテンポよく除去って殴れれば勝てるマッチ。逆に、場が硬直しだすと勝てない。 

1ゲーム目
始まりの木の管理人、ライオンスタートで、相手は初動が3ターン目の死霧の猛禽。雑に相打ちしつつ、管理人を追加。とどめに包囲サイを出して勝ち。この間に土地から4点くらっていた。

2ゲーム目
初ターンエルフの神秘家(始まりの木の管理人だったかも……)から2ターン目ライオンとテンポよく動く。途中で管理人をドロコマでパンプしつつ、絆魂をもたせて殴り続けて勝ち。たぶん、土地から6点くらいくらっている。

 

2回戦  VS赤緑アグロ   〇☓〇

基本的には上で紹介したものと同じだが、フェニックスは入ってなさそうだった。その代り、メインから乱撃斬や焙り焼きが入っていて、テンポをとれる形になっている。こちらのクリーチャーを裁かれた上で、ドラゴンが並び始めると勝てない。火力除去にドロコマを合わせられるとほぼ勝ちかな。

1ゲーム目
いつも通り管理人、ライオンスタート。どっちか除去られつつも3点ビートを刻んで、サイ出して勝ち。その間に自分の土地から6点ほどくらっているように見えるが気にしない。

2ゲーム目
今度は逆に、こちらが出すクリーチャーを龍詞の咆哮や焙り焼きで焼かれまくり、場に残ったクリーチャーも群衆の掟でパクられて負け。

3ゲーム目
初手で管理人を出してパンプして殴り続ける。相手は合流点2枚でスーサイドしていく中、出してくるカードを除去って、サイを2枚たたきつけて勝ち。今回は最初にフェッチ切った時の1点だけで済みました。

 

3回戦  VS白黒トークン  〇〇

いままで見たことのないデッキタイプ。急報、荒野の確保でトークンを並べて地上をとめ、ロック鳥で空から殴るデッキ、なのかな。白の道の探究者やブリマーズなどの優秀なクリーチャーを黒の除去でサポートする感じのデッキでした。

1ゲーム目
管理人で最初気持ちよく殴ってたら、急報2発で相手の場がトークンまみれに。4点くらいだったら別に、と思ってたらそこからロック鳥出されて逆にピンチに。ライフゲインされると負けなのでロック鳥の本体を除去りつつサイを雑に追加。トークンが厳しいなぁ、と思っていたところで棲み家の防御者をトップデッキし、胆汁病を回収して勝ち。

2ゲーム目
後攻ではあったものの、2ターン目先頭に立つもの、アナフェンザをプレイして気持ちよくなる。返しでエルフの神秘家を除去られて、お互いランドが2枚で止まったままずるずると。先にこちらがマナスクリュー解消できて勝ち。ただ、一回も殴られていないはずなのに7点もくらっていました。

 

4回戦  VSアブザンミッドレンジ  〇〇

サテュロスの道さがしをいれて、死霧の猛禽、棲み家の防御者、黄金牙、タシグルとのシナジーを高めたデッキ。2戦とも高速で殴り殺したのであまり見れていないが、対アブザン用カードをサイドに10枚ほど入れてきているので相性はいいはず。とくに、狩人狩り、自傷疵がイケメンな働きをする。

1ゲーム目
先行2ターン目アナフェンザをだして、3ターン目からエルフの神秘家も殴り始める展開。一方相手は3ターン連続タップインランドで、初動が3ターン目サテュロスの道さがし。それを無視して殴りつつ、4ターン目にサイを出すと相手が投了。その間に土地から5点くらっていた。痛すぎ

2ゲーム目
2ターン目にライオンを出したところ、返しで猛禽を出されたので除去からの思考囲い。相手のハンドはフェッチ、白黒ダメラン、猛禽、サイ、勇敢な姿勢。自分のハンドと相談して、対処できない猛禽を落とす。返しでサイを出されたら狩人狩りでうまいなぁとおもっていたら、ソリンを出される。計画が崩れたがソリンを殴りにいって、トークンを殺す。その後、サイを出すが、返しで勇敢な姿勢と胆汁病で両方除去られる。こちらのクリーチャーが全滅して相手の場にはソリンときつい場だが、とりあえずライオンを出してターンを返す。相手は、サイをプレイして吸血鬼トークンを出してくるがこれを狩人狩りでサイを殺してソリンを殴り殺してから、ライオンを怪物化。その後、棲み家の防御者をトップデッキしたので、除去を拾って殴って勝ち。 

ちなみにこの戦いはフィーチャーマッチでした。3回戦目あたりから緊張で胃がキリキリしだしたのと、お腹がすいたので、この試合の始まる前にサンドウィッチを食べに行ってました。
4回戦終了でジョー君がドロップして、こっちの試合をずっと見ていたらしいので、ここからはジョー君のほうが詳しいかも知れません。 

 

5回戦  VSアブザンミッドレンジ  〇☓〇

上で紹介したカードに加え、囁きの森の精霊が入ってました(4回戦目であたったデッキにも入っていたかもしれませんが)。正直、こっちにとって厳しいカードが満載で、特にタシグルや囁き森を対処できないとそのまま負けてしまいます。うまくテンポをとれるかがカギですね。

1ゲーム目
管理人、ライオンスタート。3ターン目に出された猛禽と管理人を相打ちにする。そのあとの2ターンはお互いにサイを2体ずつ出し合うだけでターンが進む。場が硬直しだしてどんどん不利になっていく中、雑にライオンを怪物化するものの、猛禽をプレイされて雑ブロされる。そこから囁きの森の精霊をプレイされて数ターン経過して、予示を表返されて猛禽が2体戻ってくる。しかし返しで、アナフェンザをトップデッキしプレイ。握ってた胆汁病で猛禽は除去る。返しでタシグルをプレイされるが、ドロコマをトップデッキし、ライオンとアナフェンザ、サイ2体でアタック。ドロコマを上手く使って、5体を一方的に殺し、そこからは果敢に攻めて勝ち。

2ゲーム目
マリガンスタート。地味にこの日初のマリガン。ただマリガン後もハンドはよわい。弱いながらも35分くらい粘るがタシグル、猛禽、防御者が止まらず、負け。

3ゲーム目
さっき無駄に粘ったせいで試合時間のこり5分からスタート。管理人、ライオンといつものスタートで道さがしにブロックされるなかで管理人をパンプさせて殴りまくる。相手3ターン目道さがしを出すが2体で殴ってノーブロックだったので6点。その後防御者を裏向きでプレイする。返しでサイを出されるが、狩人狩りでサイを、ドロコマで道さがしを除去って3体で殴って勝ち。

 

6回戦目  ID
引き分けするとトップ8確定だったのでID。あと胃が痛かったのと、お腹が空いていたので。
牛丼を食べて、7回戦目に備えました。
ちなみに、この時点で全勝は私とIDした相手だけだったらしく、相手のデッキはティムールだったそうです。

 

7回戦目  ID
対戦相手がIDを申し込んできたので受けました。
とりあえず、ここは休んで、トーナメントに備えます。

 

結果、スイスドロー7回戦で勝ち点17の3位でした。他は7位までが勝ち点16、8位が勝ち点15だったので、1敗しかできない環境だったようです(きびしすぎる……)。残ったデッキは、ジェスカイドラゴン(?)、赤速攻タッチ緑(?)、緑白アグロ、エスパーコントロール、ティムール 、ほか2つといった感じでした。ここまで来たら優勝したいとおもっていました。

 

トーナメント1回戦目
VS  ジェスカイドラゴン  ☓〇〇

ここからはスイスドローで順位が高いほうが先手か後手か選べます。当然先攻をえらびます。
相手のデッキは、魂火の大導師から龍詞の咆哮を打って6点ゲインを狙ったり、それを使いまわしたりするデッキのようでした。
また、3マナの優秀なクリーチャーであるゴブリンの熟練扇動者やカマキリの乗り手、4マナ以降は雷破の執政、嵐の息吹のドラゴンというふうに、こちらの苦手とするカードばかりです。正直いうとかなり不利ですね。それにジェスカイは全く対策していなかったのでかなり厳しかったです。

1ゲーム目
ライオンスタートで気持ち良く殴っていく。カマキリを出されるが、ドロコマでパンプしつつ除去って殴る。その返しでまたカマキリをプレイされるが、このままいけばこちらのほうが早くライフを削りきれるので無視。すると、その次のターンで魂火の大導師をプレイされる。ライフを回復されるとつらいのでエンドに除去ろうとするが、スタックで龍詞の咆哮から6点ゲイン。そのままドラゴンを追加され、対処できずに負け。

2ゲーム目
マリガンするが、あまりいいハンドにはならない。しかし、キープする。合流点から神秘家、ライオンとプレイするが、2ターン目にランドを置けない。返しで龍詞の咆哮(追加コストなし)を唱えてくるが、これを召集コストでかきあつめる勇気を撃って回避。3ターン目になんとかランドを引いて、神秘家とライオンで殴る。その返しでカマキリをプレイされる。とりあえずのライオンアタックが通って、管理人を追加。相手が4ターン目にタップインランドから大導師をプレイしてきたので除去。5ターン目、こちらはアンタップインランドを置いてライオンだけ殴って終了。返しで出してきたクリーチャーを除去して管理人をパンプ。6ターン目にここまで引っ張ったソリンを出して殴る。除去しようとしてくるが、これをサイドインした神々の思し召しで回避して、ライオンとカマキリが相打ちしつつの8点ゲイン。そこからはソリンパワーで勝ち。

3ゲーム目
今度は相手がマリガン。あまり覚えていないが、最後はサイで殴ってサイを出して勝ち。

 

トーナメント2回戦目 
赤速攻タッチ緑  〇〇

今回もこちらが先攻。赤速攻デッキはサイドから対策をしているので、相手の引きが強くなければ勝てます。ただ、こちらの生物を全部除去られるとさすがに勝てないので相手の引き次第といったところでしょうか。

1ゲーム目
1ターン目何もせずエンドすると、速槍でパンチされる。2ターン目ライオンプレイで、返しの速槍パンチをブロック。乱撃斬を打たれて除去られるが1-2交換できていい感じ。3ターン目変異で返しのラブルからのトークンをブロックし、4ターン目ドロコマでパンプしつつ格闘して除去。変異で出していた防御者を表返してライオン回収しつつ、殴る。あとはライオン出して殴って勝ち。

2ゲーム目
相手マリガンスタート。1ターン目鋳造所通りの住人でスタートされるが返しで管理人。速槍プレイされて住人は殴るが速槍は殴らないというプレミ。とりあえず相打ちする。そしてこのままエンドで相手はランド1枚で止まったまま。2ターン目にライオンプレイ。相手は3ターン目なにもせずにエンド。返しにとりあえずライオンで殴る。相手4ターン目で合流点をひいてドラゴンの餌。こちらの4ターン目はソリンからトークン生成。返しでソリンは倒されるが、ここから殴り合いをして勝ち。

 

トーナメント決勝
緑白アグロ  ☓〇☓

相手はスイスドローで勝ち点18だったため、こちらが後攻。デッキとしては、低マナ帯は管理人、ライオン、防御者といったこちらのデッキとほぼ同じ構成。違うのは死霧の猛禽入りで、フィニッシャーが新しいほうのスーラクと囁きの森の精霊だということ。あと長引いたときのプランとして見えざる者の熟達入り。

1ゲーム目
後攻1ターン目で管理人をプレイ。返しに熟達を置かれるものの、気にせずパンプして殴る。3ターン目に変異を出されるが、これを除去してアタック。4ターン目にスーラクをプレイされるが、ドロコマがハンドにあったので気にせず殴って、残り10まで減らしてサイをたたきつける。しかし、返しにドロコマで格闘から猛禽プレイされ、スーラクで殴られる。とりあえず殴って猛禽と相打ちにした後サイをプレイするが、これを勇敢な姿勢で裁かれて負け。

2ゲーム目
1ターン目はお互い管理人スタート。2ターン目でタップインランドを処理してから狩人狩りして3点。2ターン目にライオンをプレイされるもののの返しでパンプ効果を使ってから狩人狩りで5点。その後相手3ターン目はタップインランドを処理して終了。こちらは殴って、防御者を変異でプレイ。返しで猛禽をプレイされるものの、気にせず殴って管理人と相打ち。その間に表返して狩人狩りをサルベージしつつ、さらに防御者を変異でプレイ。相手はさらに猛禽をプレイするが気にせずアタック。表向きの防御者ブロックから猛禽に勇敢な姿勢で破壊不能を打たれ、一方をとられつつも2点。第2メインで表返して、防御者回収からのそのまま裏向きでプレイ。返しの囁きの森の精霊を狩人狩りして除去してスタックでサクられるが、+2/+2修正は入ったままらしく、そのまま殴って勝ち。

3ゲーム目
相手先攻で神秘家から2ターン目変異をプレイしてくる。こちらは何もプレイせずに構えてエンド。相手3ターン目にスーラクをプレイしてくるが、変異に胆汁病を撃って除去。こちらの3ターン目のメインで究極の価格でスーラクも除去する。4ターン目でお互い変異を出し合うが、こちらのエンドにさっき胆汁病で除去った防御者を回収される。5ターン目に囁きの森の精霊をプレイされるが、こちらのターンで防御者を表返し、価格を回収し、囁き森にキャスト。スタックでサクられたあと狩人狩りで防御者を除去(ここはプレミだったが、どちらも気付かなかったので予示はでてこなかった)。殴って5点。ただ、囁きの森の精霊で予示されたカードがスーラクだったため、返しに大ダメージを受け、そこから返せず負け。

 

というわけで、決勝はなすすべなく敗北しました。最終戦が一番先攻後攻の差を感じましたね。やっぱり7戦目IDしたのがミスだったのか……
ところどころプレイミスもありましたし、そこは反省して、次に生かしたいと思います。
あと、賞品として、タルキール龍紀伝を1ボックスもらいましたので、ぜひブードラしましょう。
では、また。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加