しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密

2011年12月04日 15時00分47秒 | 作品名(た行)
第249回「新たなる冒険活劇を期待したものの・・・」
「タンタンの冒険」・・・このタイトルをテレビで見た時に私は思いました。「お、タイタンの戦いの続編をやるのか?」と。ヨーロッパでは知らない人はいないくらい有名な漫画らしいのですが、その存在を私は全く知りませんでした。おそらく、この作品の監督がスティーブン・スピルバーグでなかったとしたら、私は映画館へ足を運ぶことは無かったことでしょう。今回の作品は「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」です。

世界中を股にかけて活躍する少年ルポライターのタンタン、彼はある日街で行われていたノミの市で精巧に作られた「帆船ユニコーン号」の模型を見つけて購入する。その直後から2人の男に立て続けに買い取りたいと言われた。タンタンはユニコーン号に何か秘密があると睨み、図書館で調べることにする。すると、かつてユニコーン号は海賊に襲撃され、積んでいた財宝と共に消えた軍艦だったことがわかる。タンタンが自室に戻ると模型は消えていた。彼はノミ市で会ったうちの1人であるサッカリンが怪しいと考え、彼が居るムーランサール城へと忍び込んだ。案の定そこにはユニコーン号の模型があったが、それは同種の別個体であることがわかった。タンタンが再度自宅に戻ると部屋が荒らされており、侵入者の目的は模型ではなく、そこに隠された何かであることに気付く。そして先ほど模型を置いた棚の裏側から金属ケースに入った謎の羊皮紙を見つける。そこには模型が3つあり、そこに3枚の羊皮紙に隠された財宝のありかが書かれていることがわかった。タンタンは愛犬スノーウィと共に財宝発見の冒険へと出発する。

スピルバーグ監督、冒険活劇と聞けば「インディ・ジョーンズ」を思い出します。この作品も彼が監督をした冒険物と聞けば、否が応にも期待してしまうのは仕方がないことだと思います。原作の存在をまったく知らなかった私はワクワクしながら劇場に足を運びました。そこには私の少年心をくすぐってくれる素敵な作品があることを期待して・・・

しかし、その期待は裏切られることになりました。モーション・キャプチャを使い全編フルCGアニメーションで作られた今作はスピルバーグの新たな挑戦であることは認めます。しかし、肝心なのは脚本です。良くいえばテンポがいい。悪く言ってしまえば物事が簡単に進んでしまう。グルグル回るカメラワークであっという間に展開されるチェイスシーンや財宝を巡る謎解きなどがあまりにも簡単に行われてしまい、緊張感・緊迫感のようなものがまったく伝わってきませんでした。

おそらく原作のテイストを大事にしたのでしょうが、あまりに主人公側にご都合主義に作られてしまっていて、何が起こっても良い方に進むことで眠気まで呼び起こされてしまいました。

点数は★★★☆☆です。原作を知っていれば、お約束やキャラクターの名台詞等で楽しむこともできたのでしょうが、その辺りがまったく伝わってきませんでした。この作品は原作ファンやお子さんを連れたご家族で観るのが正しい見方なのでしょうか?

どうやら3部作で制作されることが決定しているようなのですが、大人も楽しめる「インディ・ジョーンズ」を彷彿とさせる作品が観たいと思いました。

【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ

タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
ジェイミー・ベル,アンディ・サーキス,ダニエル・クレイグ,ニック・フロスト,サイモン・ペッグ
角川書店
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マネーボール | トップ | リアル・スティール »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画レビュー「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆不思議な手触りの映像が魅力の「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」。冒険活劇を描かせたら ...
タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密 (映画とライトノベルな日常自販機)
“スピルバーグ監督、全部入ってます!” スティーヴン・スピルバーグ監督が“インディー・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国”から3年振りの監督作品ということです。 オープニングのアニメーションは登場人物のシルエットを使い、なかなか洒落た感じになっています...
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 (食はすべての源なり。)
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 ★★★☆☆(★3つ) スティーヴン・スピルバーグ監督による初のアニメーション映画で、初の3D映画。 今回は試写だったので残念ながら2Dですが、CGよくできてるなぁ・・・。手相とかめっちゃリアル! 少年記者タンタンと愛犬ス...
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 (3D日本語吹替版)  監督/スティーヴン・スピルバーグ (西京極 紫の館)
【声の出演】  浪川 大輔(タンタン)  チョー  (ハドック船長)  森田 順平(サッカリン) 【ストーリー】 タンタンは、世界中を飛び回り、スリルに満ちた冒険を記事にしている少年レポーター。ある日、彼はガラスケースに陳列されていた帆船の模型に魅了され購入....
映画『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』 観てきた (よくばりアンテナ)
3D吹き替え版で観賞。 やっぱ、ちょっと疲れてる時は3Dメガネが眠気を誘う。 それと、予告編が公開予定よりもかなり前からやりすぎてる作品は 期待しないでおこうと思ってるけど、やはり今回も予告編...
冒険活劇を見よ! (笑う学生の生活)
13日のことですが、映画「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」を鑑賞しました。 IMAX 3Dにて見ました あの有名な絵本シリーズ タンタンの冒険の映画化 パフォーマンスキャプチャーでのアニメで しかも スピルバーグ監督ということで! まさにこれぞ 冒険活劇! ハラハ...
『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
スピルバーグとピーター・ジャクソンのコラボということで話題になっているCGアニメ、あんまり食指をそそられなかったんですが、一応「押えて」おこうかな、ぐらいの感覚で見てきました。 お正月映画の本命とまではいかなくても、少なくても対抗ぐらいのポジションか...
『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密(2D字幕)』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」□監督 スティーヴン・スピルバーグ □脚本 スティーヴン・モファット、エドガー・ライト、ジョー・コーニッシュ□原作 エルジェ □キャスト ジェイミー・ベル、アンディ・サーキス、ダニエル...
『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密(2D字幕)』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」□監督 スティーヴン・スピルバーグ □脚本 スティーヴン・モファット、エドガー・ライト、ジョー・コーニッシュ□原作 エルジェ □キャスト ジェイミー・ベル、アンディ・サーキス、ダニエル...
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 オープニングのアニメのままでいいやん (労組書記長社労士のブログ)
 ティップネスでトレーニングの時に履いていたジョギングシューズのソールが、あり得ないくらいに崩壊した、ほんとにバラバラに崩壊したのだ。 ちょうどセールをしていたので、アディダスのジョギングシューズを購入、これをアウトドアのジョギング用に使い、今、外を走...
タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密 (いやいやえん)
少年記者タンタンと愛犬スノーウィが、莫大な財宝を積んだまま忽然と姿を消したと噂される伝説の帆船、ユニコーン号の秘密に挑む。 実写アニメーションともいうべき映像美が凄い。お話は少年版インディ・ジョーンズ
「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」 自由を得たスピルバーグ (はらやんの映画徒然草)
僕の生涯の中でのベスト5映画の中には必ず「E.T.」「インディ・ジョーンズ 魔宮