しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

アベンジャーズ

2012年08月19日 19時44分50秒 | 作品名(あ行)
第276回「アチラを立てれば、コチラが立たず?」

これだけ待ち望んだ作品の点数が★★★★★以外であるはずもなく、決して期待を裏切らなかった今夜の作品「アベンジャーズ」は歴史に残る凄い映画に違いない。ではそんな作品の一体どこが凄かったのか、うまく伝えられるだろうか?

長官ニック・フューリー率いる国際平和維持組織「シールド」の基地では、ある研究が行われていた。それは、キャプテン・アメリカと共に北極海で眠っていた強大な力をもった「コズミック・キューブ」を極秘で調査するプロジェクトだ。
ある日、突如として制御不能に陥ったキューブは、遠く離れた別世界につながる禁断のワームホールへの扉を開いてしまう。そこから現れたのは、神々の国アスガルドを追放され、地球の支配を目論む邪悪な神ロキだった。彼はキューブを渡すことを条件にチタウリと呼ばれる凶悪な軍勢の力を得て、地球を支配しようと画策していた。アスガルドの尊大な王子ソーの弟であるロキは、セルヴィグ博士やシールド最強のエージェント「ホーク・アイ」ことクリント・バートンをコズミック・スピアによって操り、キューブの強奪に成功する。
キューブと仲間を奪われ、地球滅亡の危機に陥ったフューリー長官はある計画を実行に移すことを決める。それは「アベンジャーズ計画」と呼ばれる実現不可能と言われた計画だった。

この映画を実現するために「アイアンマン」「マイティ・ソー」「キャプテン・アメリカ」「インクレディブル・ハルク」というキャラクターを主人公にした作品を映画化したと言ってもいいくらい、長い年月をかけて辿り着いたこの「アベンジャーズ」という作品ですが、こういうヒーロー集合映画みたいな作品は、一歩間違うと誰か1人だけが目立ってしまい、せっかく登場しているのにまったく目立たないキャラクターがいたりと、主役級のキャラクターが多く登場している作品にはありがちな出来になってしまうことが多くあるのですが、この「アベンジャーズ」という作品は絶妙なバランスでそれぞれのキャラクターを生かしていて、それぞれが活躍する場面があり、それぞれの魅力を存分に引き出せていたように思います。

特に「アイアンマン」のトニー・スタークと「インクレディブル・ハルク」のブルース・バナーの関係性は観ていて微笑ましくなってしまいました。同じ天才科学者ということであっという間に意気投合。生真面目なブルースをいたずらっ子のようなトニーがちょっかいを出し、その様子を怪訝そうに眺めるキャプテン・アメリカという場面が観られるのもこういう映画の良さじゃないでしょうか。
さらに「ブラック・ウィドウ」ことナターシャ・ロマノフと「ホーク・アイ」の関係性や隠された過去なども物語を深めてくれる魅力的なお話になっていました。今後の展開がとても気になりました。おそらくまだまだシリーズは続いていくことでしょう。

それぞれが持つ能力を最初はうまくまとめることが出来ずに苦戦するメンバーも、ある人物の死によって見事にチームとしての連携を見せてくれます。確かにソーやハルクの活躍がちょっと物足りない部分もありましたが、それでもこれだけのキャラクターを上手にまとめ上げた見事な脚本だったと思います。

点数はもちろん★★★★★です。アメコミ映画ファンである私の欲目は入っていると思いますし、この映画を楽しむためには、それぞれの作品を観て各々のキャラクターを理解する必要がありますので、誰もが楽しめる作品というわけではありませんが、それでも夏休みにピッタリのエンターテイメント映画に仕上がっています。

今後もそれぞれの映画がすでに計画されていて、おそらく「アベンジャーズ」も続編が作られることでしょう。個人的には一番好きなハルクの映画を主演俳優を変えることなく、制作してくれることを望んでいます。いい脚本があればいいのですが・・・

アベンジャーズ ブルーレイ(3枚組/デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]
ロバート・ダウニーJr.,クリス・エヴァンス,マーク・ラファロ,クリス・ヘムズワース,スカーレット・ヨハンソン
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トータル・リコール(2012) | トップ | プロメテウス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
アベンジャーズ (だらだら無気力ブログ!)
やっぱ続編あるのか・・・。
アベンジャーズ(2D字幕版)  監督/ジョス・ウェドン  (西京極 紫の館)
【出演】  ロバート・ダウニーJr.(Tony Stark / Iron Man)  クリス・エヴァンス   (Steve Rogers / Captain America)  マーク・ラファロ    (Bruce Banner / The Hulk)  クリス・ヘムズワース  (Thor)  スカーレット・ヨハンソン(Natasha Romanoff ...
アベンジャーズ (だらだら無気力ブログ!)
やっぱ続編あるのか・・・。
「アベンジャーズ」ブラック・ウィドウ最強伝説! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[アベンジャーズ] ブログ村キーワード  マーベル・コミックのヒーロー大集合映画。「アベンジャーズ」(ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン)。「アイアンマン」の1作目公開時から、噂になっていた最強ムービーが遂に完成&公開。そして、やっとこさの...
アベンジャーズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(13) 勢いに乗せられたけど、ほんとうに面白かったのは
『アベンジャーズ』 アイアンマンは何番目か? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  怪物を前にしてアイアンマンことトニー・スタークが叫ぶ。  「ヨナじゃないんだからさ!」  そんなアイアンマンのぼやきが聞き届けられるはずもなく、戦いは激しさを増していく。...
映画「アベンジャーズ(3D版)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「アベンジャーズ(3D版)」観に行ってきました。過去のマーベルコミック作品で実写映画化した「インクレディブル・ハルク」「アイアンマン」「マイティ・ソー」「キャプテン...
『アベンジャーズ 2D字幕版』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アベンジャーズ」□監督・脚本 ジョス・ウェドン □キャスト ロバート・ダウニー・Jr.、クリス・エバンス、スカーレット・ヨハンソン、       クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、ジェレミー・レナー、       ...
アベンジャーズ : これぞ、映画です('ー')ゞ (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 お盆休みがあった方もなかった方も、いかがお過ごしだったでしょうか。本日は、久々の更新になります。相変わらず暑くてくたびれますが、本日はこの熱い映画を紹介します。 【
アベンジャーズ <ネタバレあり> (HAPPY MANIA)
  8月23日に観に行ってきました  3D字幕です   とにかく 面白いっ   だって ヒーロー勢揃いやで 大ヒットするに決まってるやんっ   こんなん反則やで(笑) 総製作費もべらぼうにかかってるやんっ ハリウッド映画凄すぎる...
アベンジャーズ (銀幕大帝α)
THE AVENGERS/12年/米/143分/SFアクション/劇場公開(2012/08/14) -監督- ジョス・ウェドン -製作総指揮- スタン・リー -原案- ジョス・ウェドン -脚本- ジョス・ウェドン -出演- *ロバート・ダウニー・Jr『シャーロック・ホームズ シャドウ ...
映画『アベンジャーズ3D』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-72.アヴェンジャーズ■原題:The Avengers■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:144分■字幕:松岡広幸■観賞日:9月8日、TOHOシネマズ渋谷 □監督・脚本・ストーリー:ジョス・ウェドン□ストーリー:ザック・ペン◆ロバート・ダウニーJR.(トニー...
「アベンジャーズ」 ザ・アメリカ、ザ・ハリウッド (はらやんの映画徒然草)
今年の夏はアメコミ映画の当たり年ということで、「アメイジング・スパイダーマン」、