しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

パッセンジャー

2017年03月28日 22時33分27秒 | 作品名(は行)
第422回「もう少し違う描き方をしていたら、傑作だったのかも。」
前から言っているようにSF映画が大好きだ。今の科学では不可能かも知れないが、もう少し時間が経てば、科学の進歩が進んだら・・・と考えてワクワクしながら観るのが大好きです。なのでSF映画と聞けば、まずは見ておかなければと思うのです。今回の作品は「パッセンジャー」です。

時は未来。荒廃した地球を離れ、新たな植民地を求めて巨大宇宙船「アヴァロン」に乗船したのは5000人の乗客と238人の乗組員。彼らは冬眠装置で眠ったまま、約120年かかる植民星へと向かう長い旅路の途中だった。30年が経過した頃、突如として乗客の1人だったジム・プレストンの冬眠装置が動きを止めた。目覚めた彼は星に到着したのかと思ったが、事態はそう簡単ではないことはすぐにわかった。彼以外の人間は誰一人として目覚めていなかった。再び冬眠装置を動かそうとするが、予備の装置は無い。さらには装置はあくまで冬眠状態を維持するための装置で、冬眠状態に入るには別の処置が必要で、宇宙船にはその設備が無い。それは残された90年をこの宇宙船で生きること。つまり残りの人生をここで終えることを意味していた。絶望の中で自暴自棄になった彼だったが、そんな彼を救ったのは冬眠装置で眠っている1人の女性だった。彼女は作家のオーロラ・レーン。この宇宙船での事、植民地へ着いてからのことを本にまとめるのを目的に乗り込んでいた。彼女の事を知れば知るほど、思いは募るばかりだった。そして彼が目覚めて1年が経ったころ。彼はとある決断をする。それは彼女の冬眠装置を停止し、目覚めさせることだった。

作品としては想像していたものとは違っていましたが、決してつまらない作品ではありませんでした。しかし、色々と突っ込み所が多かったのも確かです。数千人規模での移民計画なのだから、あらゆるトラブルに備えていて当然。なのに冬眠装置の故障を直すことはおろか、再び冬眠することも出来ない。もちろん、そういう状況を作らなければ物語にならないのはわかります。であるならば、主人公の彼が目覚めた理由が装置の故障という「予想外のトラブル」ではなく、なんらかの重要な意味があったというほうが説得力があったと思っています。

実際に劇中では技術者である彼が目を覚ますには十分なトラブルが起こっていました。私は完全に「彼はそのトラブルを解決するために選ばれた」と思っていましたが、そのまま何と1年が経過、彼女が目覚めて、さらに1年が経過する。物語は2人の恋愛模様に焦点があたり、冒頭のあのシーンは?と疑問に思ったままお話は進んで行きました。

最近のSF映画は昔に比べると、評価が上がってきており、アカデミー賞でも作品賞候補になることも増えてきました。「第9地区」や今年度で言えば「メッセージ」などがそれにあたります。この「パッセンジャー」という作品ももう少し脚本をひねっていれば、そんな作品の1つになっていたのでは?と個人的には思っています。2人の恋愛に焦点をあてたのならば、エンディングで描かれた最後の様子(彼らの行く末)をもう少し時間をかけて描くべきだったのではと思っています。

それでも少ない登場人物でよく脚本も練られていて、最後まで睡魔に襲われることなく鑑賞できました。主役を演じたクリス・プラットも良かったし、オーロラを演じたジェニファー・ローレンスはここ数年でメキメキと頭角を現してきた女優さんなので、彼女のあの表情の変化は見事でした。2人の登場人物で終わるのかと思っていたのですが、いきなり登場した3人目の登場人物も思わぬ名優が演じていて、物語に厚みを与えてくれました。さらには船長役の名優にいたっては、たったワンシーンしか登場しないという贅沢な使い方に驚きました。

点数としては★★★★☆です。個人的には彼らがあの後どうなったのか。どのように生き、どのように死んでいったのかをきちんと描いていれば上記に述べたように傑作となっていたのではと思っています。

パッセンジャー [Blu-ray]
ジェニファー・ローレンス,クリス・プラット,マイケル・シーン,ローレンス・フィッシュバーン,アンディ・ガルシア
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラ・ラ・ランド | トップ | ゴースト・イン・ザ・シェル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
パッセンジャー  監督/モルテン・ティルドゥム (西京極 紫の館)
【出演】  クリス・プラット  ジェニファー・ローレンス  マイケル・シーン  ローレンス・フィッシュバーン 【ストーリー】 近未来、5,000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、......
パッセンジャー (映画的・絵画的・音楽的)
 SFの『パッセンジャー』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編で見て面白そうだなと思い、映画館に行きました。  本作(注1)の冒頭では、恒星がたくさん見える宇宙空間を、......
パッセンジャー/PASSENGERS (我想一個人映画美的女人blog)
キアヌとサンドラの傑作「スピード」のラストでは、「異常な状況下で生まれた恋はうまくいかない」 なんて言ってるけど、人間の心理ではこういう状況は「吊り橋の心理」と言っ......
「パッセンジャー」 (或る日の出来事)
いいところに目をつけたなあと思いました!