しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

■ワンダーウーマン

2017年09月04日 23時02分32秒 | 作品名(わ行)
第435回「あと1ひねりあったら、もっと面白かったのに。」
マーベル・シネマティック・ユニバースに続けとばかりに着々と各キャラクターの単独作品を作り、11月の「ジャスティスリーグ」へ向けて動き出しているDCコミック群。そんな中でも世界中で大ヒットを記録し、いよいよ日本で公開された「ワンダーウーマン」ですが、監督が「モンスター」のバディ・ジェンキンスと聞いて、ちょっと心配になっていました。「モンスター」は素晴らしい作品でしたが、あのテイストで作られると、エンターテイメント作品としてはちょっとなぁ・・・と。誰もが楽しめる作品になるのかな?と。

全能の神ゼウスによって作られたとされる女性だけが暮らすパラダイス島。そこを統治するヒッポリタ女王の1人娘として、将来は女王となるべく育てられたダイアナは聡明な女性に育っていた。ある日、パラダイス島の外から戦闘機が迷い込み墜落した。その様子を見かけたダイアナは海へ飛び込み搭乗していたスティーブ・トレバーを救うのだった。初めて出会った「男性」という生き物にダイアナはとても興味を持った。彼の話を聞くと外の世界ではナチスドイツとの戦争が激化し、世界は混乱の中にあるという。さらにドイツはドクター・ポイズンによって強力な毒ガスが開発され、使われれば世界中で数百万人が死ぬだろうということだった。戦争が戦いの神「アレス」によって企てられたものだと疑わないダイアナはアレスと倒すことの出来る伝説の剣と盾を持って島を旅立つのだった。

ジェンキンス監督による演出は心配していたような事にはなりませんでした。とても見事なエンターテイメント作品として仕上がっていました。前々から言っていますが、最初のエピソードを描くのはとても難しいのです。観客に世界観や主要キャラクター、性格や能力などなど、説明しなくてはいけないことが山ほどあります。その辺りは今作は見事に描いていました。多過ぎず少な過ぎず、ちょうどいい説明量で描いてありました。141分とちょっと長い尺にも関わらず、ダレることもなくお話が進んでいきました。

では悪いところは無かったのか?個人的に気になった点が幾つかあります。冒頭の戦闘シーンでナチスドイツの兵士が撃った銃弾によってアマゾン族に死者が出ます。普通の銃弾で撃たれたくらいでは死なない種族かと思っていたので、その点は意外でした。超人的な能力を持っていながら、肉体は普通の人間同様なのかと。そうなると今後の展開次第ではアッサリと死ぬことが考えられます。当たらなければどうということはないのですが・・・

もう1つは重要な悪役(ヴィラン)の存在です。今作では軍神アレスが人間界へ影響を与えたことで世界大戦が起こっているとダイアナは思い込み、外の世界を救おうと旅に出る決意をします。それは外界を知らないダイアナの勝手な思い込みで、戦争は1人の神を倒せば終わるのは変だと思っていました。戦いの結末は明言を避けますが、アレスが意外な所から登場し、あまり悪役っぽくない風貌で、ちょっとガッカリしました。能力もイマイチはっきりしなくて残念でした。であるならば、戦争はあくまで未熟な人間同士の過ちで、ダイアナ1人の力ではどうしようもないという設定の方が良かったと思います。

点数は★★★★☆です。いくつか問題点を示しましたが、あまり細かい事を考えずに楽しめばいいのです。自分で書いていて細かいところが気になっているなと思いました。簡単に言ってしまえば、「女性版キャプテン・アメリカ」って感じでした。

マーベルの作品群と比べると、ちょっと問題点が多く、この先予定されている作品がどれもヒット作となるのかは疑問が残ります。ファンとしては上手くいってほしいのですが・・・

【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■スパイダーマン:ホームカミ... | トップ | ■ダンケルク »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品名(わ行)」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

ワンダーウーマン (ネタバレ映画館)
シュメール語を理解できる貴重な女性を前線に送っちゃダメ・・・
ワンダーウーマン(日本語吹替版)  監督/パティ・ジェンキンス (西京極 紫の館)
【出演】  ガル・ガドット(ダイアナ/声:甲斐田裕子)  クリス・パイン(スティーブ/声:小野 大輔) 【ストーリー】 人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生......