しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

ベルセルク 黄金時代篇1 覇王の卵

2012年02月05日 15時47分39秒 | 作品名(は行)
第255回「むやみに実写化されるよりは、なんぼかマシかな?」
今回の作品「ベルセルク 黄金時代篇1 覇王の卵」はヤングアニマルで連載中のマンガ「ベルセルク」が原作だ。この原作を知ったのは、もうずいぶんと前になる。自分自身では持っていなかったが、マンガマニアの友人が購入していたコミックスを読ませてもらったのが最初の出会いだった。その時に私が思ったのは「これはマンガというよりは絵画じゃないか。」だった。それくらい緻密に描かれた絵に衝撃を受けた。それでいて物語も重厚で魅力的だった。それだけに映画化は無謀に思えた。

それは力のみが正義とされ、絶え間なく戦いが続く世界。孤独な剣士ガッツは傭兵として渡り歩く生活をしていた。ある戦いの中で身の丈を超える長大な剣を自在に操り、強大な敵を次々に倒すガッツを見つめる目があった。彼の名はグリフィス。傭兵集団「鷹の団」を率い、その美しい姿からは想像もつかない力と野望を秘めた男。彼はガッツに決闘を挑み、ガッツを鷹の団に引き入れる。それから3年の月日が流れ、ガッツとグリフィスの活躍で今や鷹の団は正規軍を押しのけ、王国一の軍隊となっていた。そしてグリフィスの野望が動き出そうとしていた。

以前に原作のマンガを少し見ただけだった私は、設定や世界観はわかっていましたが、物語そのものはすっかり忘れてしまっていました。そのことが今回の映画を観るには良かったのかも知れません。原作を熟読していたら色々文句を付けたくなったかも・・・。しかし、それでも物足りなさは否めませんでした。最初から3部作で映画化をしているせいなのか、まるでOVAの1話を映画館で見せられているような物足りなさでした。

上映時間が90分というのもその一因でしょう。どうして冒頭の30分を利用して、ガッツの最初のエピソードを描かなかったのでしょう?個人的にはコミックスの最初のエピソードがガッツというキャラクターを印象付ける為の大事なエピソードだと思っているのです。そうすれば、もっと観客を映画の世界観に引き込めたのでは?と思っています。

点数は★★★☆☆です。第2話、第3話へと観客を映画館へ誘うには少し迫力に欠けるような気がします。もっとグリフィスの闇の部分を描いたり、ガッツの孤独な部分を描いていたら、もっと映画に深みが増したのでは?正直、続きを観る為に映画館へ行こうと思える作品ではありませんでした。

最近のマンガを何でも実写化するという風潮には賛同できない私は、この作品をアニメーションでの映画化は評価しますが、原作の壮大さを映画化することは出来ていなかったような気がします。もう一度、最初から読んでみよう。

【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
映画 ブログランキングへ

ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 [Blu-ray]
バップ
バップ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ALWAYS 三丁目の夕日'64 | トップ | ドラゴン・タトゥーの女 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵  監督/窪岡俊之 (西京極 紫の館)
【声の出演】  岩永洋昭(ガッツ)  櫻井孝宏(グリフィス)  行成とあ(キャスカ)  梶裕 貴 (ジュドー) 【ストーリー】 孤独な剣士ガッツは、百年戦争に揺れる地を傭兵として渡り歩いていた。身の丈を超える長大な剣を自在に操り、強大な敵をいとも簡単に倒すガ....
[映画『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆このブログを以前から読んでくれている方なら分かろうが、私が、この20年以上描きつがれている人気作を読んだのは半年ほど前に過ぎない。  故に、テレビアニメ版も知らないので、動いているガッツを観るのは初めてだ^^  あの巨大な剣を自在に振り回す姿に感動!...
映画:「ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年2月10日(金)。 映画「ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵」。 【監  督】窪岡俊之 【監  修】岩尾賢一 【脚  本】大河内一楼 【原  作】三浦建太郎 【作画監督】恩田尚之 【キャラクター】    岩永洋昭 (ガッツ)・櫻井孝宏 (グリ...
ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 (だらだら無気力ブログ!)
面白かった。続きが気になる。
『ベルセルク 黄金時代篇 I  覇王の卵』 ('12初鑑賞16・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 2月4日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 16:00の回を鑑賞。
映画:「ベルセルク 黄金時代篇? 覇王の卵」~劇場で (David the smart ass)
劇場版「ベルセルク」(『ベルセルク 黄金時代篇? 覇王の卵』)を見てきました。公開日に、劇場で。 → 公式ページ → Gyao:冒頭10分イッキ観せ!のページ アニメを見に行くのは、正確には思い出せ...
ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵 (銀幕大帝α)
11年/日本/80分/ファンタジー・アクション/劇場公開(2012/02/04) -監督- 窪岡俊之 -アニメーション制作- STUDIO4℃ -主題曲- 平沢進『Aria』 -声の出演- ◆岩永洋昭…ガッツ ◆櫻井孝宏…グリフィス ◆行成とあ…キャスカ ◆梶裕貴…ジュドー ...
【映画】ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵…あの頃も良かったし、ゾットも良かった (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
改めまして… 皆様、明けましておめでとうございます 本年も宜しくお願いいたします さて、2009年ぐらいから、ずっとなのだけど、ブログに頂いたコメントへの返事が滞っていて、更には去年などブログ更新自体が滞る始末。最近では貰った(個人宛の)メールへの返信も儘...
ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略 ベルセルク 黄金時代篇III 降臨 (いやいやえん)
漫画「ベルセルク」の映画化。1~3作目まで弟と一気に観ました。 私これ昔漫画を集めてたんですよね~今どうして刊行されてないんだろう。不定期連載にもほどがある!ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆ 昔のTVアニメ版もよくできてたけど(特に音楽、サントラもってるよ)...
映画 ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 (VAIOちゃんのよもやまブログ)
漫画原作を一応読んだことのある三浦建太郎の大長編ファンタジー、ベルセルク。原作が遅々として進まない中、アニメ映画化されていたようで・・・(^_^;)  三作目の「黄金時代篇III ...
「ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵」 キーワードは夢と友 (はらやんの映画徒然草)
20年以上も連載が続くコミック「ベルセルク」の映画化作品です。 いつものごとくな