しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

ボーン・レガシー

2012年09月30日 14時11分06秒 | 作品名(は行)
第281回「新たに現れたその男は、新たなシリーズと成り得るか?」

マット・デイモン主演で記憶を無くしたCIA工作員の戦いを描いたボーン3部作。テンポの良い展開と良く練りこまれた脚本で大ヒットしました。そんなシリーズのスピンオフ的作品「ボーン・レガシー」を観てきました。前シリーズにすっかり魅了されてしまった私としては、無闇に続編を作ってほしくないと思っていたので、期待半分不安半分という気持ちで劇場に足を運びました。

アメリカの平和の為に自らの存在を消し、殺人さえ厭わない暗殺者を育て上げる「トレッド・ストーン」と呼ばれたミッションによって生み出された男・ジェイソン・ボーン。彼が作戦中の事故で記憶をなくし、自らの存在を探す為に奔走していた頃と時を同じくして、同時進行させていた別の作戦「アウトカム」。ボーンの事件で他の作戦まで表沙汰になり、痛くもない懐を探られることを恐れたCIAは、世間が落ち着くまで作戦の中止を命じた。それはすでに育て上げた工作員を資料もろとも処分することだった。
雪山での訓練中だったアーロン・クロスも「アウトカム」の工作員だった。彼は常に2種類の薬を服用させられ、定期的に血液を製薬会社に送ることになっていた。いつものように山小屋での採血を済ませ、訓練に戻ろうとしたところへ突如、無人機によってミサイルが撃ち込まれる。間一髪でその攻撃を逃れたアーロンは自分の命を繋ぐ為に薬を手に入れようと山を下りる。ところが、その薬を作っている製薬会社でも事件は起きていた。

正直、続編というかスピンオフのこの作品の話を聞いた時は、前3部作があまりにも見事に出来上がっていたので、これ以上このシリーズをいじるのは世界観を壊すだけで良いことはないと悲観的な印象を持っていました。この映画を観るまでは・・・

で、観終わった今は、新たに作られたこの世界観にすっかり浸ってしまいました。とあるシーンやプロットなど、「あれ?どこかで見たことあるぞ」と思うところが、まったく無かったわけではありませんが、最初から最後まですっかり時間を忘れて楽しんでいました。

主演のジェレミー・レナーも見事にハマっていました。彼の持つ雰囲気が元軍人の工作員というキャラクターにピッタリでした。ほんの数年前まではちょっとヤンチャなイメージだったのに、ここ数年でグンと男っぷりを上げた感じがします。

そしてなにより評価すべきは脚本です。前3部作の脚本を手がけたトニー・ギルロイが脚本を担当し、今回は監督も務めています。「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」を監督したポール・グリーングラス監督が見事に2作品を仕上げただけに、ちょっと不安視していたのですが、ジェイソン・ボーン事件の裏側で起こっていた事件を、絶妙にリンクさせながら見事に描いてくれました。

点数は限りなく満点に近い★★★★☆です。映画冒頭のストーリーが多少わかりにくい点と、目新しいプロットではなかった点はマイナスですが、十分に楽しめる作品になっていました。ただ前シリーズを鑑賞していないと何が事件となっているのかが、わからないと思いますので、是非前シリーズを鑑賞してから、映画館へ向かいましょう。

エンディングでいつもの音楽が流れたときは思わずニヤリとしてしまいました。そして下世話な考えですが、ジェイソン・ボーンとアーロン・クロスの共演を考えてしまう自分がいました。どうやら、こちらも続編が決定したようなので、今から楽しみです。

【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】


ボーン・レガシー ブルーレイ+DVDセット(デジタル・コピー付) [Blu-ray]
ジェレミー・レナー,レイチェル・ワイズ,エドワード・ノートン,アルバート・フィニー,ジョアン・アレン
ジェネオン・ユニバーサル
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バイオハザード5:リトリビ... | トップ | ハンガー・ゲーム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ボーン・レガシー (だらだら無気力ブログ!)
前半、ちょっと退屈・・・。
ボーン・レガシー  監督/トニー・ギルロイ  (西京極 紫の館)
【出演】  ジェレミー・レナー  レイチェル・ワイズ  エドワード・ノートン 【ストーリー】 CIAの極秘プログラム「トレッドストーン計画」が、ジェイソン・ボーンによって明るみになろうとしているころ、人体改造の「アウトカム計画」により、強靭な肉体を持つアーロ....
ボーン・レガシー (こみち)
 JUGEMテーマ:洋画     ◆ボーン シリーズ    無人機をライフルで撃ち落とし、体内のカプセルを    メスで使って取り出すシーンは、秘密工作員のありさまが    うまく描かれてお...
ボーン・レガシー (こみち)
 JUGEMテーマ:洋画     ◆ボーン シリーズ    無人機をライフルで撃ち落とし、体内のカプセルを    メスで使って取り出すシーンは、秘密工作員のありさまが    うまく描かれてお...
[映画『ボーン・レガシー』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆実は、この「ボーン」シリーズ、初めての鑑賞であった。  前三部作からは主役が代わったとのことで、物語も仕切りなおしで、とっつき易いかなと思い、見た。  最初は、前作との絡みで分かりにくかったが、どうにか理解できていると思う。  簡単に言うと、CIAと...
『ボーン・レガシー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ボーン・レガシー」 □監督・脚本 トニー・ギルロイ □脚本 ダン・ギルロイ □原案 ロバート・ラドラム □キャスト ジェレミー・レナー、レイチェル・ワイズ、エドワード・ノートン、ジョアン・アレン、       アルバート...
ボーン・レガシー (The Bourne Legacy) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トニー・ギルロイ 主演 ジェレミー・レナー 2012年 アメリカ映画 135分 アクション 採点★★ 『ボーン・アルティメイタム』で最高の幕引きを見せた“ジェイソン・ボーン”シリーズ。ただまぁ、スタジオがそう易々とヒットシリーズを手放すわけもなく、第4作...
映画『ボーン・レガシー』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-80.ボーン・レガシー■原題:The Bourne Legacy■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:135分■字幕:戸田奈津子■観賞日:10月7日、新宿バルト9(新宿三丁目)■料金:1,800円 □監督・脚本・原案・編集:ジョン・ギルロイ□脚本:ダン・ギルロ...
映画『ボーン・レガシー』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-80.ボーン・レガシー■原題:The Bourne Legacy■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:135分■字幕:戸田奈津子■観賞日:10月7日、新宿バルト9(新宿三丁目)■料金:1,800円 □監督・脚本・原案・編集:ジョン・ギルロイ□脚本:ダン・ギルロ...
映画『ボーン・レガシー』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-80.ボーン・レガシー■原題:The Bourne Legacy■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:135分■字幕:戸田奈津子■観賞日:10月7日、新宿バルト9(新宿三丁目)■料金:1,800円 □監督・脚本・原案・編集:ジョン・ギルロイ□脚本:ダン・ギルロ...
ボーン・レガシー (銀幕大帝α)
ジェイソン・ボーンは 氷山の一角に 過ぎなかった。 -感想- え?なにこれ。 すっごく普通なんですけど。 新鮮さも無ければ斬新さも無い。 在り来たりのアクション映画。 面白くない訳ではないけれど、これといった見所が余り無いのは考え物やなぁ。 展開も画で見せ...
ボーン・レガシー (いやいやえん)
ジェレミー・レナーさんを主人公にもってきた、「ボーン」シリーズのスピンオフ的作品。 「トレッドストーン計画」によって生み出された暗殺者ジェイソン・ボーンが、ロンドンで新聞記者サイモン・ロスに接触しようとしていた頃、計画が明るみに出ることを恐れたCIA...
ボーン・レガシー (RISING STEEL)
ボーン・レガシー / THE BOURNE LEGACY 2012年 アメリカ映画  ユニヴァーサル製作 監督:トニー・ギルロイ 製作:フランク・マーシャル  パトリック・クローリー  ジェフリー・M・ワイナー  ベン・スミス 製作総指揮:ヘンリー・モリソン  ジェニ...