しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

スーパーマン リターンズ

2006年08月27日 04時00分34秒 | 作品名(さ行)
第57回「確かに彼は帰ってきました。」

すっかりブログをサボってしまいました。やっぱり精神的に落ち着いていないと映画も楽しめないと思うんですよねぇ。それでもこの映画は観ておきたかったんです。
今夜は「スーパーマン リターンズ」を観てきました。

スーパーマンと聞けば、どうしてもクリストファー・リーブの主演が頭から離れませんよね。しかし、残念ながら彼は帰らぬ人となってしまいました。ずいぶん前からスーパーマンの続編を望む声は多くあり、このリターンズの企画は、かなり前から話があったようです。一時はニコラス・ケイジがスーパーマンを演じるという話題もありましたが、無事に(笑)新人のブランドン・ラウスが演じることになりました。
正直、彼の演じるクラーク・ケントを見たときは、驚きました。「よくこんなにイメージ通りの人間を見つけてきたもんだなぁ・・・」と。彼のスーパーマンっぷりは見事なものでした。彼は今後、スーパーマンのイメージが先行して、役者としての幅が狭くならないことを祈っています。

今回の悪役は、やはりレックス・ルーサーでした。個人的には地味なキャラクターで、小悪党なイメージがあるので、ちょっと心配だったのですが、今回演じたケビン・スペイシーはレックス・ルーサーを見事に大悪党に仕立ててくれました。スーパーマンに対抗するのに、特異な能力があるわけではないのに、優れた頭脳(悪知恵)で乗り切ってしまうところは、すごいですよねぇ。個人的には、もっと見た目でもインパクトのある悪役が登場してくれると嬉しいのですが。

点数は★★★★★です。前シリーズでのスーパーマンらしさを失わず、さらにパワーアップしている姿を見せてくれます。もちろんここから観る人も十分楽しめる作品になっていますが、前シリーズを観ておくとさらに楽しくなりますよ。

この後、数本が作られるでしょうが、ブランドン・ラウスがスーパーマンしか演じる事ができなくなるような状況は起きないで欲しいと思います。

スーパーマン リターンズ [Blu-ray]
ブランドン・ラウス,ケイト・ボスワース,ケビン・スペイシー,ジェームズ・マーズデン,フランク・ランジェラ
ワーナー・ホーム・ビデオ


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゲド戦記 | トップ | グエムル-漢江の怪物- »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品名(さ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事