Rainy or Shiny 横濱ラジオ亭日乗

レトロな音楽を古い欧州製真空管ラジオで流す傍流カフェ亭主の
音楽、自然、文学、美術、写真等についての独り言。。。

昭和風遺品

2017-07-16 16:04:54 | ラジオ亭便り
梅雨明けもまじかなことを予感させるような強い陽射しが続く2017年7月の第二週だ。挽肉、茄子、玉ねぎの夏向きカレーを自作して夏ばて防止を念じる朝食だ。

客足不振が続く店の開店前に気分の入れ替えを兼ねて通勤途上にある大和の古民具・骨董市を覗くことにした。三ヶ月ぶりの訪問である。例によって整然と中クラス骨董品をスタティックに並べる多くのブースは軍資金もないので全てパスする。駅ロータリーの東側遊歩道にあるジャンク品山積みブースは古本屋漁りに喩えると「せどり」っぽい高揚感が増す面白い場所だ。

付近にはオール100円、オール1000円が並存していてこれに臨む気持ちは全て白紙、どちらのコーナーが優位ということもない。まえにも書いているが整理屋の根こそぎ回収品の類いだ。今回も1000円、100円山積み品から骨董的価値はないけど昭和時代のよき遺風を感じさせる生活雑器、一時期、上昇期の日本家庭でよく見かけたクラシックEPレコードセット、書籍のちょっぴり良品を数品ゲットする。




鉄絵の紋様のダイナミズムに見所があるコーヒー碗の側に転がっていた益子、塚本製陶所の手描き風パンフはオマケ。しかし裏の剛直なPR挨拶文が益子への誇りに満ちていて、今回のゲット品のなかでもこの無料パンフが一番の良品なのかもしれない。

今週の休業日。 7月19日(水) 21日(金) その他は13時〜19時 平常営業
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あと一つの空き瓶 | トップ | 座間の向日葵野辺道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ラジオ亭便り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。