空手バカなオヤジの日常

新潟の空手道場「空手道新武会」で稽古に励む、空手バカオヤジの徒然記

空手道新武会 2017組手競技錬成大会

2017-07-20 10:47:46 | 空手 大会
 7月16日(日)、新潟市北区 北地区コミュニティセンターにおきまして、「空手道新武会 2017 組手競技錬成大会」を開催いたしました。

 今大会は、「上地流空手道協会 新潟県支部」「極真空手道連盟 極真館 新潟県支部」「極真空手連盟 極真館 福島県支部 会津分支部」「極真空手道連盟 極真館 福島県支部 須賀川道場」「実践武道空手 山口道場」「芦原会館 福島県郡山支部」の各団体からご協力をいただき、フルコンタクトルールによる組手競技を行いました。

 大会には、下は5歳から、上は51歳まで、88名の選手が参加し、日頃の修練の成果を競い合いました。

 大会に出場していただいた選手の皆さん、ご協力いただいた各団体の先生方、準備、設営、運営と大会のスムースな進行にご尽力いただいた保護者の皆様、新武会の諸先生方並びに道場生の皆さんに、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。大会結果はこちら

大会の一コマ



皆様、ありがとうございました。


新武会の仲間たち。お疲れ様でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

極真館 2017全日本青少年空手道選手権大会・2017全日本空手道型競技選手権大会・2017国際壮年空手道選手権大会 ~その4~

2017-07-03 16:56:23 | 空手 大会
 青少年大会型競技、小学4年男子の部には、I 5級が出場しました。

 I 5級は、幼児年長の時に入門、お姉さんとともに、稽古に励んで来ました。
 地道に稽古を続け、昨年の中部型競技錬成大会では準優勝、新武会型競技錬成大会では優勝と、着実に力をつけて来ています。
 今大会の予選、緊張からか、焦っているような感じで、ひとつひとつの技の決めが甘く、本来の力を出し切れていないように感じました。結果は第9位。残念ながら決勝進出はなりませんでした。
 今後の課題は、立ち方、動作の正確さ、といった基本的なことを更に突き詰めて稽古すること、そして、出来るだけ試合経験を積み、緊張を味方にする術を身につけてほしいと思います。




 青少年大会型競技、小学3年男子の部には、H7級が出場しました。
 H7級は、前日の組手競技にも出場、組手競技では、残念ながら2回戦で敗れましたが、気持ちを切り替えて型競技に臨みました。

 H7級は、大会2週間前に行われた極真館主催の型競技講習会にも参加する等、今大会出場選手の中で、最も稽古していました。
 予選、緊張からか、序盤、少しバランスを崩した場面もありましたが、中盤からは落ち着いて、とても良い型を打ちました。しかし… 最後に落とし穴がありました。場外に出てしまったのです。結局、場外の減点がひびき、決勝進出はなりませんでした。

 私は、型を指導する際、「型を打つ際には、これから打つ型は前後左右にどのくらい動くのかをしっかりと把握し、場外に出ない位置に立つように」と折に触れて指導してきました。H7級も、そのことはわかっていたと思います。しかし、全日本という大舞台での緊張からか、それを忘れ、試合場のかなり後方に立って型を始めてしまいました…
 これが試合、これが勝負です。H7級には、今回の経験を忘れず、挫けることなく、更に精進してほしいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

極真館 2017全日本青少年空手道選手権大会・2017全日本空手道型競技選手権大会・2017国際壮年空手道選手権大会 ~その3~

2017-06-25 23:50:52 | 空手 大会
 二日目の30日は、全日本青少年大会のうち、小学生以下型競技と組手競技の国際壮年大会が行われました。
 新武会からは、青少年大会型競技に4名、国際壮年大会に2名が出場しました。

 青少年大会型競技、小学6年男子の部には、K3級とR4級の2名が出場しました。

 K3級は、幼児年長の時に入門、先に入門していたお兄さん2人とともに、稽古に励んで来ました。
 K3級は、「才能」という点で、これまで私が指導してきた生徒の中で1、2を争そうほどのものを持っていると思っています。
 道場での組手稽古では、大人の黒帯も、K3級相手の時は、真剣に本気で向かい合わなければ、やられてしまうと思わせるほどの、高い組手センスを持っています。
 型に関しては、組手の強さを思わせる力強い型を打つ、という点では群を抜いていますが、試合という観点から見ると、立ち方や動作の正確さという点で、やや課題が残っています。

 今大会、予選では、力強さはあるものの、緊張からか動きが硬く、実力を出し切れていない感がありましたが、予選第5位で決勝に進出しました。
 決勝では、やや動きが硬いものの、力強い良い型を打っていました。結果は第5位。あと一歩、入賞には及びませんでした。今後の課題は、正確な動作と立ち方です。さらなる精進を期待します。



 R4級は、小学校1年生の時に入門、お姉さんと弟さんと、姉弟3人で稽古に励んでいます。
 R4級も、「才能」という点では、素晴らしいものを持っています。型に関しては、立ち方、動作の正確さ、力強さ、すべての点において、標準以上のレベルにあると思います。

 今大会の予選、ほどよい緊張感を持ちつつ、とても良い型を打っていたように思います。ただ、全体の印象として、小さくまとまってしまっているように感じました。ミスをしてはいけないという気持ちが、動きを小さくしてしまったのかもしれません。気持ちを楽に、伸び伸びとした型を打てたら、もっと良くなると思います。結果は、K3級と同点の予選第5位でしたが、同点の際の順位決定基準により、K3級が決勝へ、R4級は予選敗退となってしまいました。

 R4級、挫けることなかれ。君は、全日本大会で決勝に残れる選手とほぼ同等の実力があるのです。更なる精進を期待します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空手道新武会 2017組手競技新人戦大会

2017-06-19 17:50:12 | 空手 大会
 6月18日(日)、新潟市北地区コミュニティセンターにおきまして、「空手道新武会 2017組手競技新人戦大会」を行いました。

 大会には、幼児から中学生まで、44名の道場生が出場し、日頃の稽古の成果を競い合いました。

 大会に参加してくださった選手の皆さん、大会に協力してくださった道場生の皆さん、運営にご協力くださった保護者の皆様に、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

 大会結果はこちらをご覧ください。

 大会の一コマ


 大会を終えて。皆、お疲れ様でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

極真館 2017全日本青少年空手道選手権大会・2017全日本空手道型競技選手権大会・2017国際壮年空手道選手権大会 ~その2~

2017-06-07 18:06:58 | 空手 大会
 青少年大会組手競技には、小学3年新人戦に、H7級とY8級の2名が出場しました。

 H7級は、幼児年長の時に入門、先に入門していたお兄さんととともに、稽古に励んでいます。
 とても稽古熱心で、道場での合同稽古を終えると、必ず残って自主稽古をかかさず、今大会に臨みました。

 初戦、前半は相手選手の強い突きに、やや苦しんだようですが、負けずに突きと前蹴り、中段回し蹴りで盛り返し、判定勝ちしました。

 2回戦はロシアの選手との対戦です。相手選手は、下突きの連突きを中心に、時折右の上段回し蹴りを出すという戦い方の選手で、H7級はほぼ互角に打ち合い、中盤、技ありには至らなかったものの、相手の出鼻に中段前蹴りを決めて転倒させる等、やや優勢に試合を進めていました。
 しかし終盤、左の下突きを打とうと手が下がったところに、タイミング良く右上段回し蹴りを決められ、技ありを奪われて敗れました。惜しい試合でした。

 H7級は、気持ちが強く、攻撃力もあるのですが、技の的確さに欠けるように思います。今大会の試合でも、あと半歩間合いが詰まった時に出せば決まったのに、という場面が何回かありました。
 また、攻撃に集中するあまり、受けの反応が甘くなり、不用意に相手の攻撃をもらってしまうという点も、今後の課題かと思います。
 しかし、これまでの地道な努力の成果がしっかりと感じられた大会でもありました。更なる精進を期待します。




 Y8級は、幼児年長の時に入門、市外から通っているため、道場には週1回程度しか通えませんが、自宅でも自主稽古を欠かさず頑張っています。

 初戦を手数で上回っての判定勝ちで、2回戦を上段回し蹴りでの合わせ一本勝ちで、それぞれ勝ち上がり、3回戦に進みました。
 3回戦では、積極的に攻めましたが、相手選手に攻撃を冷静にさばかれ、突きと下段蹴りを的確に決められ、判定で敗れました。

 Y8級の良いところは、気持ちが強く、常に積極的に攻めるという姿勢です。今大会でも、すべての試合でその良いところが出ていました。ただ、積極的に攻めようとするあまり、間合いを詰めすぎ、相手を押してしまうところが見られました。
 また、Y8級は身体が柔らかく、上段回し蹴りを得意としていますが、間合いを詰めすぎているため、決まりずらく、近い間合いで無理に上段を蹴ろうとして、自ら転倒する場面も何度か見られました。間合いを詰めすぎず、適正な間合いで戦うということが、今後の課題です。
 さらに、3回戦の敗因に関してですが、差は「技の的確さ」にあったように思います。Y8級の攻撃は、相手のどこに当てるかを狙って技を出しているのではなく、ただ闇雲に手足を出しているだけのように見えました。対する相手選手は、逆に的確にお腹と脚に狙いを定め、しっかり狙って技を出しているように見えました。手数では決して負けていませんでしたが、そこが勝負の分かれ目になったように思います。

 いろいろと書きましたが、新人戦とはいえ、初出場でベストエイトまで勝ち上がるということは、凄いことだと思います。Y8級、君はまだまだ強くなります。更なる精進を期待します。




 全日本型競技大会には、壮年女子の部にS初段が出場しました。 S初段は、全日本型競技大会に壮年女子の部が設けられてから、毎年出場しています。過去に、準優勝、と第4位入賞の実績がありますが、ここ数年はなかなか入賞に至っていません。以前から脚を痛めており、今大会は思うように事前の稽古が出来ないまま臨みました。

 予選、決勝とも、緊張と稽古不足から、動きが硬く、また身体のキレも良くありませんでした。S初段が本来持っている実力の半分程度しか出せていないなと感じました。結果は第5位。入賞には一歩及びませんでした。

 今後の課題は、まず痛めている脚を治すこと。そして身体を絞り、以前のようなキレのある動きを取り戻すことです。地力はあるのです。がんばってください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加