続ひだまりの樹

喉摘者の日々をブログで綴る。時にはマーケティング課題も
以前のブログを引き継ぐことにしました。

生き様

2017-07-13 12:26:00 | 日記
墓じまいという話があります。自分の生き様、死に様をどう考えるか、なかなか難しい問題だと感じています。永六輔さんの言う「人は二度死ぬ」「人間は二度死にます…一度目は…その肉体が生命を終えた時。二度目は…その方のことを覚えている人が一人もいなくなった時」確かにと思います。検索していたらある医師の人が「人は3度死ぬ」という話を書いているというコラムを発見しましたので、紹介します。引用です[通常は退職してからすぐではなく、ある程度時間がたってから死にます。社会のため、他人のために貢献出来なくなった時が「社会死」です。その後自分で自分の身の回りの世話ができなくなり、生活を維持するのが困難になってきます。ベットで寝たきりになり、おむつをあてられるようになる。これが「生活死」です。
そのあと心臓が止まって死亡する「生物死」が訪れます。「生活死」と「生物死」の期間がなるべく短いほうが満足死は得られると考えています。できれば一週間ぐらいが理想だそうです。]
最近私もセミナーの為に書きためたテキストを知り合いに引き継いで貰っています。知識は死んでしまえば消えてしまいますからね。人脈も同様です。私は最近、知り合いを引き合わせる会を企画しています。まあ飲み会ですけどね。飲みたいからでしょ?誰、即物的な発言しているのは?
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 傲れるもの | トップ | 砂川啓介さんのご逝去に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。