志ん馬うぇぶ 付”録”(ぶろぐ)

元噺家の家内が何気ない日常を勝手気ままに綴ります

10月18日(火)

2016年10月18日 | 日記
今日は学校帰りの田原町で、こみっちゃんにばったり会いました。
来年真打ちになる、柳亭こみちさん。

先に私に気付いてくれたのはこみっちゃんの方で
ちょうど電話に出ようとして携帯を耳に当てたところを、やめて、慌てて携帯をしまって、挨拶をしてくれたので

「電話大丈夫?」

って聞いたら

「旦那さんなんで大丈夫です!」

ってにこにこしてくれたけど、、昇さんごめんね!(笑)

 

その宮田陽・昇さんの会に、昨日は伺ったのでした。

東京大神宮十七日寄席
~陽・昇の、そろそろネタを整理して、色んなところで出来る漫才を作ろうの会~

タイトルからして面白そうでしょ。

(笑)(笑)

すごく面白かったです。(笑)
あれも聞けたし。(^^)

お二人はいろいろなジャンルの漫才をされますが
未知のジャンルもたくさんあって、
陽・昇さんの会では、いろいろたっぷり聞かせてくれるので特に楽しいです。

時事ネタもいつもツボで大好き。
それで実はこないだの休みにこっそり演芸ホールに聞きに行って、
結構混んでいた客席の中にまぎれていたのに
昇さんにバレててびっくり。
後でなんでわかったのか聞いた答えも面白かった(笑)

ありゃ話が逸れましたが、
陽・昇さんの楽しい会の今回のゲストは、キープランニングのお二人と、林家花さんでした。

キープランニングの堀内くんと山本くんとは、何かと会う機会はあるものの、漫才はあんまり聞いたことがなくて。。
でも、昨年に比べたらすっかり息もあって、というかとても上手になってて、楽しそうに漫才をしていたので、見ている方も楽しかったです。

林家花さんは、7、8年前、まだ彼女が芸人さんになってそんなに経ってない頃かと思いますが
一度だけ仕事でご一緒したことがあります。
志ん馬さんが上野にある高校の先生に、演芸鑑賞会出演の依頼を受けた際、
高校OBの鈴々舎風車さん(現・柳家三語楼師匠)を紹介してほしいと頼まれました。
そして志ん馬さんは風車さんを連れ、高校での演芸鑑賞会が開かれ、
同じく出演のD51先生が連れてみえたのが、林家花さんでした。
その時のことを覚えているかどうかは知る由もありませんが、
久しぶりに拝見した花さん、すっかり立派なママさん・・・じゃなかった(笑)
紙切り芸人さんになってました。
お客様のリクエストで陽・昇さんのお二人の姿を切ってみせてくれたり、楽しい高座でした。
十七日寄席、次回も楽しみです。行けるといいな。。


 
 
 
 
会場にていただいたチラシが22日開催ばっかし(^^)
⇩ ⇩ ⇩
10月22日(土)
遊心亭~漫才かくめい~
無何有  18:00開演

11月22日(火)
第47回 漫才大会
浅草公会堂
(昼の部)11:00開演  (夜の部)16:00開演
ニックスのお二人おめでとう真打♪


12月22日(木)
第2回「天にどんと陽が昇る 天どん&陽・昇 落語漫才落語会」
日暮里サニーホール 19:00開演 

 

 


こちらは
三語楼師匠、陽・昇さん
10月26日(水)向島落語会
曳舟文化センター 18:30開演




12月15日(木)第209回 下北沢 立川談四楼独演会
18:00開演 下北沢 北澤八幡神社 参集殿







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月25日(日)芸協らくごまつり | トップ | 10月22日(土) »