FWを入れ替え

2017-06-14 23:04:25 | その他









違うファームウェアに入れ替えてみた。
こちらのファームウェアの方が音も良いし受信性能が高そう。
スペアナ画面も色々変えれます。
本家のHPにあるFWは音悪いしこのFWが今のところ実用的だと思う。
MWもこのFWだと1000kHzから受信可能(本家の物は1.8M以上)
SAMモードも有るのでBCLにも使える。
トーンコントロール機能もある(低音、高音)
プログラミングのスキルの有る方なら独自の物ができそう。
SDRはファームウェア次第でまるで別物になるのが面白い



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MCHF 本家のコメント | トップ | MCHF ケースへ収納 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (PUP)
2017-06-15 16:39:55
このfwの画面表示の方が良いですね。
私のmcHFもすでに出荷された様子です。ケースはどれを買っても手を入れないとダメみたいなので、自分でアクリルエンクロージャーを作ろうかと思案中です。
Unknown (店長)
2017-06-16 14:24:06
PUPさん
中国製のケースは手強いです。
自前で作れる方はその方が良いと思います。
受信性能はブロック図を見れば分かりますがそれなりで、過度の期待は禁物であります。
16bit-ADC+FPGで信号処理した物の方が良いと思いますので、例の基板を使って暇なときに組んでみます。
いずれにしてもプログラムの書き込みまでの環境を含めてのハードルが高いですね。
ハードは半田付けさえ出来れば組めますが。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む