BCL-LOOPusb 完成

2016-07-30 22:36:49 | その他




アンテナとして動作しているので、一応完成です。
なかなかコンパクトにまとまりました。
USB電源で動作します。
消費電流は60mAほどになります。

まぁ私は使う機会がありませんが、こんなのもできますよって事で。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BCL-LOOPusbでのMW帯

2016-07-30 21:45:13 | その他

ゲインはSW帯よりも低くて、高すぎず低すぎずって感じで使いやすいと思います。
アンプは実質3.3Vで動いてますが、MWのお化けも出ていないようです。

BCL-LOOPusb 1m-LOOP

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5020kHz SIBC

2016-07-30 19:18:35 | その他

そこそこ入ってます。

BCL-LOOPusb
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テスト中

2016-07-30 01:38:38 | その他

BCL-LOOPusb
室内loop
普通に使えてます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

基板が到着

2016-07-29 23:06:29 | その他

PBA-MLA4rev3.0とBCL-LOOPusb
今回より基板色は青としました。
シルクはelecrowのほうがくっきりしてfusionより綺麗です。
サービスとして余分に入ってた基板の数は、PBA-MLAが8枚、BCL-LOOPusbが1枚でした。



早速BCL-LOOPusbを仮組して測定
電源はusbを想定し、BIAS-Tより5Vを供給
特性は当然のごとく保証されてるのでばっちりです。
ゲインは出力に-3dBのPADを入れてますが、約26dBほどあります。
PADを入れなければ30dB近くになり、BCL-LOOP12とかと同レベルになります。
MMICの出力は50オームで整合されていて、同軸でそれなりの受信機を繋ぐ場合はPADも必要ないと思います。
あとはUSBから電源供給できるBIAS-Tを作り、USBより電源供給されるSDRと組めば、安定化電源とかもいらないので、お手軽ペディに最適な感じです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TINAでQUAD22-EQ Tをシミュレーション その2

2016-07-29 14:21:43 | オーディオ、音楽





判りやすく大きく表示
RIAA特性(10Hz-50kHz)と位相特性(1Hz-10MHz)
いずれも実測じゃなくてシミュレーションです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TINAでQUAD22-EQ Tをシミュレーション

2016-07-29 12:59:12 | オーディオ、音楽

こんなもんですかね

色々と定数を変えた場合の傾向は判ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TINAでシミュレーション

2016-07-29 09:39:52 | オーディオ、音楽




QUAD2パワーアンプ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

速いよELECROW

2016-07-28 16:56:31 | その他

おっ! 既に関空に着いて宅配便に回ってます。
明日着は確定です。
発注してから正味1週間とは、劇速ELECROW!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

基板ができたようです。

2016-07-28 12:35:56 | その他

ELECROWへ製造依頼してた基板ができあがったようです。
こうして発送前に画像を送って来るのが憎いですね(笑
今回は枚数限定特価で注文
PBA-MLAが50枚、BCL-LOOPusbが10枚
平均して1週間で製造完了、発送まで行く感じです。
そこからは使う発送業者で到着日数が変わり、今回もOCSを使ったので3日ほどで着くでしょう。
BCL-LOOPusbについては、完成品をEUへテスト依頼しようと思います。
ノートPCのUSBより電源が取れるので、ドングルSDRと合わせてお手軽ペディ用としてなんとか完成させたいもんです。

続いて下記基板を製造依頼して行きます。
BCL-LOOP12 10枚
QUAD22-EQ T 正式リリース版 10枚
磁気センサー基板 24個面付け 5枚
JC2アンプモジュール ピンコンパチ基板 LH0032版 10枚
GPSDO-FBCと3分配XF基板<<問合せも無いので作るかどうか思案中
アンテナアナライザー(RFワールド版)<<パターン作成中

ELECROWは使えますよ、みなさん是非!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加