ロシアンブルー「メメ」との生活始めます。

生まれて初めて猫ちゃんと暮らします。
なーーんにもわからない私と主人ですが、よろしくお願いいたします。

救急病院。

2017-01-04 22:26:18 | 6ヶ月
昨日1月3日、帰省してきた妹と母がメメに会いに来てくれました


ピッタリ




のび~

そんなメメくん、私の近くに来て座った時に、急にお腹がぐわんぐわんと大きく波打つように動き出しました
「吐くのかな?」と思って見ていましたが吐かず、そのうち耳や頭がピクピク、ピクピクと震えだし、こんなこと初めてなので不安に
しばらくしてトコトコと歩き出し、遊んだりトイレに行ったり普通だったのですが、座るとまたお腹が揺れて頭がピクピク

あくびが多いようですし、そういえば朝タラ~っと鼻水も出ていました。
なんか関係あるのかな?

そう考えるとパニックになり、かかりつけの病院に電話するも1月3日まで休診との留守番電話。
ブリーダーさんに直に電話してしまいましたが、運悪くつながらず。
「おお!こんな時の『ねこのきもち電話相談室だ!』」と調べるも、3日まで休み
最後の手段「救急病院に電話」を選択し、電話して診てもらいました

実は、血便もありました
「メメくん、失敗しとるよ!」と妹が言うので見てみると・・・

すのこの上にON(←初めてのこと)
しかも血便

診断の結果、コレ!という原因はありませんでしたが、消化器系の異常の疑いがあるとこのこと。
「今あげているフードの袋を持ってくるように」と指示があり、ロイヤルカナン(キトン)のカリカリとウェット、最近ご褒美にあげた「ちゅ~る(1歳までの子猫用・まぐろ味)」の袋を提出したところ・・・

・カリカリだけ、決まった時間に決まった量をあげること
・ウェットはやめる(歯垢がつくため)
・フードの変更を考えること
・お魚系はおしっこの病気になりやすいので、ちゅ~るはあげないこと

と指示されました。

お薬も出してもらいました。

見たことのない薬

帰ってからブリーダーさんに報告し、一つずつやっていきましょうということで、まずはカリカリの変更をしてみることとなりました。


メメは今6ヵ月半。
11月の時点でお医者さんにも「小さいね」と言われていたので、フードはいつでも食べられるように置きっぱなしにして体重を増やしてもらえる環境にしていました。
今の体重は、なんと3.01キロ
急にデカくなりました

これからはご飯の時間を作ろうね
『猫』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お鏡餅とメメ。 | トップ | 投薬。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大変 (alc)
2017-01-05 05:41:00
いきなり大変でしたね💦
子猫は小さな病気でもすぐに悪化するので救急で診てもらって正解だとと思います。
子猫の頃は置き餌でしっかり栄養とって免役もあげて成長してもらうためにもいいですが、今の症状が落ち着いて去勢もしたら置き餌は止めて、決まった時間に与えるようにした方がいいですよ(*^^*)
肥満の原因にもなりますし、置き餌は劣化しやすいので…

特に去勢後太りやすくなりますし(>_<)
うちは1日三回に分けて与えてますが、ブリーダーさんにもなるべく小分けであげた方がいいと言われたのを思い出しました。

長くなってしまいましたが、メメくんが早く良くなるように願ってますね(/_;)/
ご指導ありがとうございます! (モエコ)
2017-01-05 18:40:15
今回は見たことのない震えがあったので救急に行きましたが、正直血便に関しては、また粘膜の分泌量が多くなっちゃったんだな、明日病院に行こう!ってのんきに思ってしまいました・・。
血便もalcさんのおっしゃる通り油断したらダメでしたね・・・気を引き締めますorz

置き餌に関しては、メメは小さいコですし1歳までそうするつもりでしたが、そろそろ時間を決めてあげなきゃならないんですね・・・。
「太らせる」ということが課題でしたが、今度は「太ってしまう」ということを考えないといけないなと思いました。
ありがとうございます!
シルバくんのようにナイスボディを目標に、体重管理についてもっと勉強したいと思いますq(^-^q)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。