新老人の会「熊本県支部」サークル 城下町を歩く会

2月、5月、11月の年3回城下町の史跡をたどりながら4Km程度を歩きます。目的は脚力の維持増進と城下町の歴史探訪です。

「城下町を歩く会」の中で即興に句がうまれる  江藤直子(79)

2017-07-14 16:28:56 | 日記

 「歩こう会」でスタートしたしたこの会の正式名称は「城下町を歩く会」となりました。

 第2回の古寺巡りの際、説明に耳を傾けながら境内で一休み中、「1句出来た人」と呼びかけると次々と名句が披露されました。内6点だけを選びました。

俳句

境内は殉教の跡とや夏木立           平川礁舎

ばら咲いて古き通りや寺巡り           松尾茂子

葉桜の木々重なりて地震(ない)の城     近田綾子

肥後狂句

オーイ先導組は一寸待て            片田成子

汗びっしよりバッチリメイクもこっぱげた    谷山律子

汗びっしょり歴史の道もさわやかに     岩尾砂月己

 他に今村尤二さんの句は、「肥後狂句サークル」の中に、芹川さんは次の文の中に入っています。

 会員24名が見学コースを無事に終えた事への達成感と熊本版の歴史を学べた収穫は大きな喜びで、平川代表の企画立案に感謝でした。

                       ※上記記事は支部会報より転載したものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第2回城下町を歩く会 大好... | トップ | 歩こう会に寄せて    芹... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。