志村建設専務の日々坦々

つれづれなるままに…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドイツ・オーストリアBAU視察研修 69

2017-04-30 17:26:15 | ドイツ・オーストリア

入口から見て右側はプレカットライン

大量生産用の設備というより、精度を高めるための機械加工という感じ

反対側はストックヤード 長尺材がありますね。

そして奥が加工残材

仕口加工の状況 大入れですね。

大入れは三角形 形は違っても日本と同じ仕口です。

これもびっくり。あり掛けです。

軸組構法の接合方法は基本古今東西おなじですね。

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドイツ・オーストリアBAU... | トップ | 春の庭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドイツ・オーストリア」カテゴリの最新記事