川柳いろいろ

愛犬カールと綴る一日一句一万歩

150年

2017-04-25 16:51:12 | 川柳
愛媛にゆかりの俳人、正岡子規と夏目漱石の
生誕150年にあたり、色々なイベントがあるよ
うだ。翻って僕達川柳愛好者は、死後百年で何
人の名が残るか。それは誰にも分からない。

   「千年後だあれもいない国がある」
   「遺跡ばかり増えて心配する地球」
   「句集よりお金がいいという遺産」
   「骨のないやつも眠っているお墓」

     本日の歩数10,151歩


【愛媛新聞(2017、4、25)日めくり子規・漱石】より
『川柳』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウドの香り | トップ | 物価の優等生 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マリババ)
2017-04-25 21:36:28
愛媛は、昔何度か行ったことがあります。
2人とも有名だもんね。
生誕150年になるんだ、
日めくりコーナーいい記事ですね。
マリババさんへ (宗和)
2017-04-26 05:42:35
おはようございます。
雨になりました…
この日めくりコーナーは、俳句好きの人たちに
人気があるようです。ボクはたまに読みます。
150年って短い気もしますけどね。
Unknown (guuchan)
2017-04-26 13:37:57
(赤き)と(赤し)の違い 面白いですね。
赤きだと、次の言葉につながりますものね。
 それに、
歯磨き粉。。。
昔は歯磨き粉でしたね~~

 神戸も開港150年記念の年です。
guuさんへ (宗和)
2017-04-26 16:00:46
何と言いますか、そぼ降る雨です。
今でも歯磨き粉(実際は粉ではないですが)言う人
いますよ。
明治維新からそろそろ150年ですかね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。