川柳いろいろ

愛犬カールと綴る一日一句一万歩

防災意識調査

2016-12-20 17:07:00 | 川柳
建物の耐震診断について県内での調査は
72%が実施せず、また補強なしも68%の
結果だった。わが家では何もしていない上に
タンスの前で寝ていた。タンスを固定するか、
寝室を変えるか僕にも危機意識が芽生えた。

   課題「生きる」
   「産声でぼくのドラマの幕が開く」
   「生きてきて良かった妻と巡り合え」
   「酒あれば生きる楽しみ雪月花」
   「生きてきた褒美に赤いちゃんちゃんこ」   
   「どうせなら楽しく生きてピンコロリ」   

     本日の歩数 9,386歩

(レオの寝室)



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 40年振りの忘年会 | トップ | 生活福祉バス »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (guuchan)
2016-12-20 18:49:05
レオ君の寝姿に思わず吹き出しました。

 悩みがなさそう~~^^

 神戸は大きな震災にあっていますので、
私たちも真剣に考えましたよ。

 まず、クローゼットと、押し入れダンスと私の場合は
ベッドの下に引出し3段になっていますので、それを利用してタンスはすべて処分しました。

 神戸には地震はこない。。。とずっといわれづづけていましたので、それまで何の備えもなかったのです。

 和ダンスの観音扉が開いたまま、倒れてきた恐ろしさは口では言えないくらいです。
頭を切ったものの、幸い小さい傷で済みましたが、
恐怖はいつまでも残りました。

 食器棚も固定しておかないと、こちらの方がもっと怖いと思いますよ。
Unknown (マリババ)
2016-12-21 00:01:24
今の時代、何処でどんな災害が起こるか予測できませんね。
今年もあちこちで色んなことがありました。

レオ君ぐっすり熟眠されてますよ。
小屋の中で寝てる姿人間だったら起きたら首が回らなくなってるポーズですよ。
幸せそうですね。元気で育ってますよ。
guuさんへ (宗和)
2016-12-21 07:12:28
おはようございます。

百年に一度地震があるとすれば三十年後です。
これは、南海沖地震の場合です。
この地震では、高知県では津波が三十メートルを
越える規模になると危惧されています。
日日を漠然と過ごすか、危機意識をもって暮らすか
結果が変わって来ましょう。
皆さんの体験談やアドバイスを頂きながら
少しずつ対策を考えて行かねばと思っています。
マリババさんへ (宗和)
2016-12-21 07:16:48
おはようございます。

昔からよく聞きますけど、地震雷火事親父…
一生何もないということは あり得えません。
地震が一番怖いですね、命も財産も全て
無くなるからね。そうならないようにぼつぼつ対策してみます。

コメントを投稿

川柳」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。