川柳いろいろ

愛犬カールと綴る一日一句一万歩

日祀る

2017-02-13 16:58:41 | 川柳
田舎には“おひまち”という行事があり
漢字で書くとお日待ちとなり、日(太陽)
を祀るという意味だそうです。神事の後
は直会(なおらい)でお神酒を頂きます。

   「お日待ちの太鼓で春を呼び起こす」
   「直会が楽しみで来る参拝者」
   「人の世の移ろい儀式だけ残る」
   「前向けばお日様なんと温かい」

     本日の歩数10,582歩







ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪三日 | トップ | 忘却・・・ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マリババ)
2017-02-13 21:30:08
こんばんは、ところでしきたり色々あるんだね。
初めて見たよ。
Unknown (guuchan)
2017-02-14 06:44:20
(おひまち)優しい心ほっこりする言葉ですね。
子どもの頃は、こういう行事が多々ありましたが、
神戸では全く聞きません。
 本当にポカポカお日さまが恋しい~~~ ポチ!
マリババさんへ (宗和)
2017-02-14 08:37:31
おはようございます。
近くの寺社仏閣を訪ねたら、そこの氏子や檀家の
人達が参拝者の世話をしたり、何か奉納の踊りなどを
するのも名残でしょうね。
参加すること自体が伝統を守る事に繋がるのでしょう。
guuさんへ (宗和)
2017-02-14 08:41:34
おはようございます。
これが今年の初詣です。お札をいただいたら
外側の半透明の紙は破り捨てて、中の印刷のしてある
物を神棚にお供えしてくださいとのことでした。
それって、全員が初耳でした。

コメントを投稿

川柳」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。