川柳いろいろ

愛犬カールと綴る一日一句一万歩

介護日誌

2017-06-22 16:53:48 | 川柳
妻は週に一度は実家の父のお世話に
一日出かける。病院や買い物の世話
などをするが、兄弟三人の仲がいい
ので他に誰かは帰っている。父親も
子等の優しさに嬉しいことだろう。

   『父の背を越えよと願う肩車』

(2017年5月・川柳城の和・課題「越える」・青野悦子選・入選)

     本日の歩数 4,993歩(雨)



『川柳』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風水 | トップ | 夢遊病 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
宗和さんへ (マリババ)
2017-06-22 18:55:10
こんばんは~
もう親の介護の年頃になりましたね。
マリババ達は、施設に入ってるから大丈夫ですが、自宅療養の人は、行ったり来たりが大変ですね。
周に1度いい事ですよ。
親孝行は生きてる、内にしなくちゃね。
兄弟が仲がいいってことは、誰かが親の所にいけるからいいことだよ。
こんばんは (さくら)
2017-06-22 21:33:03
きょうだい仲良く、
親のお世話ができるってありがたいことですね。
親御さんからも、たくさん愛情を受けて育てられたのでしょうね。
健康で、仲睦まじくいられること。
これにまさるしあわせはないのじゃないかな
と思います。

親とも、老犬とも、いつかは来るお別れですが
その日まで、悔いのない関わり、ともに過ごすよい時間を
たくさん持ちたいものです。
マリババさんへ (宗和)
2017-06-23 07:15:05
おはようございます。
親の介護を、子供たちが押し付け合うとか
たまに聞きますけど、それも仕方ない事情でしょう。
幸い実家の兄弟三人は連絡を取り合って行き来して
いるようです。出来るだけのことはしてあげたいものです。

さくらさんへ (宗和)
2017-06-23 07:24:03
おはようございます。
妻が比較的近くに住んでいますので、声がかかり
やすいのです。高齢になると想像以上に不安が
あると思います。そこらを周りが機敏に動き
カバーしてあげると、安心感も出ましょう。
出来る限りの事はして悔いを残さないようしたいと常々話しております。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。