2013/2/7(木)18:30「建築家のための知っておきたい知的財産権」セミナー

(社)日本建築家協会近畿支部青年委員会様の主催により、
第3回 豆塾「建築家のための知っておきたい知的財産権」
とのセミナーが開催されることになり、その講師を勤め
させて頂くことになりました。

当日はUstreamにより無料ネット配信されますので、
ご興味ある方は下記URLよりご覧下さい。

2013/2/7(木)18:30~20:30
http://www.ustream.tv/channel/jia-kksk

JIAビーンズセミナー案内
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

妹島和世 シャワー装置 特許 特開平3-90118 □

【発明者or創作者】妹島和世 et al.
【 発明の名称 】シャワー装置
【出願or登録国名】日本国
【出願or登録番号】特願平1-226769(特開平3-90118)
【出願or登録言語】日本語
【 内容の解説 】本願は、妹島和世と株式会社INAXとのコラボレーションの
成果であって、シャワーを天井に設ける場合に各種設備の設置施工が簡単に
行なえ、しかも換気を効率よく行なえるシャワー装置に関する特許出願です。
本願では、固定シャワーヘッド及び換気口のほかに、必要に応じミキシング
バルブや照明器具、温風吹き出し装置などの諸設備を設けることとし、また、
換気口を固定シャワーヘッドを中心として対称配置します。これにより、
諸設備の設置施工が容易になり、また、固定シャワーヘッドの使用に伴って
発生する湯気等の湿気を効率よく吸い込んで排出することができる、と説明
されています。
【チザイ解説】特許制度において1出願に包含する複数の発明には「単一性」
が要求されます。互いに関連のない複数の発明が1出願に盛り込まれることを
防止するためです。この発明の単一性の判断規準として、同一または対応する
特別な技術的特徴(先行技術に対して貢献する技術的特徴)を二以上の発明が
有しているかどうか、が問われます。

なお、本文献を入手されたい方は発行者までご連絡下さい。
※発行者多忙のため、しばらく更新をお休みします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

鄭秀和 atehaca保温ポット 意匠 意匠登録1162623 ■

【発明者or創作者】鄭秀和
【 物品の名称 】湯沸し及び保温用電気ポット
【出願or登録国名】日本国
【出願or登録番号】意願2002-3966(意匠登録1162623)
【出願or登録言語】日本語
【 内容の解説 】本願は、鄭秀和のatehaca保温ポットに関する
意匠登録出願です。
【 チザイ解説 】意匠権は同一意匠・同一物品の範囲に留まらず、
類似意匠・類似物品の範囲にも及びます。類似の判断は、
意匠に係る物品の共通点及び差異点の認定、並びに、
形態の共通点及び差異点の認定を行い、共通点及び差異点を
意匠全体として総合的に観察して、それらが両意匠の類否の判断に
与える影響を評価することにより行います。

なお、本文献を入手されたい方は発行者までご連絡下さい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ノーマン・フォスター Vitra Airline 特許 WO2000/16661 □

【発明者or創作者】ノーマン・フォスター
【 発明の名称 】モジュール構造ベンチ
【出願or登録国名】PCT指定国US,JP,CH,DE等
【出願or登録番号】PCT/IB98/01487(WO2000/16661)
【出願or登録言語】ドイツ語
【 内容の解説 】本願は、ノーマン・フォスターによるVitra Airline
に関する特許出願です。本願では、水平梁1に各種部品を着脱可能に
することで、可搬性・拡張性に富んだベンチが実現されています。
【 チザイ解説 】国際特許出願(PCT)は、所定の受理官庁(日本では
日本国特許庁)に出願書類を提出することにより行なわれます。その後、
新規性や進歩性等に関する国際調査(調査結果の採否は移行後の各国に
任される)が行なわれ、本願公報のような国際公開がなされます。日本
では、日本国特許庁が国際調査機関となります。

なお、本文献を入手されたい方は発行者までご連絡下さい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

黒川雅之 miwa415ハンドル 意匠 意匠登録1060951 ■

【発明者or創作者】黒川雅之
【 物品の名称 】建具用レバーハンドル
【出願or登録国名】日本国
【出願or登録番号】意願平9-77354(意匠登録1060951)
【出願or登録言語】日本語
【 内容の解説 】本願は、黒川雅之のmiwa415ハンドル
関する意匠登録出願です。本願の“意匠の説明”欄では、
「この物品は、建具用レバーハンドルで、扉の内壁面又は
外壁面に固定される長座、又は丸座に回転可能に取り付け
られる」と説明されています。
【 チザイ解説 】意匠権・商標権ともに独占排他権ですが、
意匠権は物品の美的外観に係る意匠の創作を、商標権は商標に
化体した業務上の信用を、それぞれ保護対象とする点で異なり
ます。また、意匠権では登録意匠と少し異なる類似した意匠
まで独占実施可能なのに対し、商標権では登録商標と同一の
商標しか独占実施することはできません。

なお、本文献を入手されたい方は発行者までご連絡下さい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マヤ・リン Stonesコーヒーテーブル 意匠 USD406480 ■

【発明者or創作者】マヤ・リン
【 物品の名称 】コーヒーテーブル
【出願or登録国名】アメリカ
【出願or登録番号】登録番号Des.406480
【出願or登録言語】英語
【 内容の解説 】本願は、マヤ・リンのStonesコーヒーテーブルに関する
意匠特許出願です。
【 チザイ解説 】マヤ・リンの他のテーブルに関する米国意匠特許出願
として登録番号Des.415634があります。しかし、その公報では要約図が
誤って別出願の要約図に置換表示されており、その後に審査官補正により
修正
がなされています。このようなこともあるんですね。

なお、本文献を入手されたい方は発行者までご連絡下さい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エットーレ・ソットサス ヴァレンタイン 特許 US3711175 ◆

【発明者or創作者】エットーレ・ソットサスJr
【 発明の名称 】ケースつき可搬タイプライター
【出願or登録国名】アメリカ
【出願or登録番号】登録番号3711175
【出願or登録言語】英語
【 内容の解説 】本願は、エットーレ・ソットサスのヴァレンタイン
に関する特許出願です。本願では、ケース開口端を閉塞するパネルが
タイプライター後面に設けられており、ケース側面に設けられた結合手段が
パネルに着脱可能であると説明されています。
【 チザイ解説 】日本における特許等の出願において、新規性喪失の例外
規定が存在することは既述しました(隈研吾“ONE表参道ソファ”の項)
および(深澤直人“壁掛式CDプレーヤ”の項)
米国では、少し意味合いが違いますが、同様の効果を有する制度として
“グレースピリオド”があります。米国での出願日から1年超以前に
内外国で特許されたか刊行物にて公知となった発明、または米国内で公然に
使用・販売された発明には特許しない、と定められており、この1年が
グレースピリオドと呼ばれています。すなわち、米国においては、
公表日等から1年の期間内に出願を行なえば新規性を喪失しないこと
となります。もっとも、日本と同様“公表より6ヶ月”とする国も
多いですので、各国への出願を考えるならば、公表後は速やかに出願
するのがよいでしょう。

なお、本文献を入手されたい方は発行者までご連絡下さい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

安積伸 メガホン 意匠 意匠登録1249919 ■

【発明者or創作者】安積伸
【 物品の名称 】メガホン
【出願or登録国名】日本国
【出願or登録番号】意願2004-30013(意匠登録1249919)
【出願or登録言語】日本語
【 内容の解説 】本願は、安積伸のメガホンに関する意匠登録
出願です。本願の“意匠の説明”欄では、「透明部を示す参考
左側面図において、薄墨部分は透明又は半透明の透過性のある
材質である。」と説明されています。
【 チザイ解説 】デザインは意匠登録制度においても、著作権
制度においても保護され得ます。ただし、意匠が大量生産的に
工業上利用できる物品(キャラ絵柄を写したマグカップ等)への
適用を前提としているのに対し、著作権は一品制作的なもの
(キャラ絵柄そのもの)への適用を前提としている点で、保護
対象は若干ずれているとも言えます。なお、意匠権よりも他人の
著作権のほうが早く成立していた場合には、意匠の抵触という問題
となり、意匠権者はその抵触範囲を実施することはできません。
最近話題の“ひこにゃん”は商標と著作権でしたが、同様の問題
でしたね。

なお、本文献を入手されたい方は発行者までご連絡下さい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

黒川紀章 就寝用枠 実用新案 実全昭55-157468 □

【発明者or創作者】黒川紀章
【 発明の名称 】就寝用枠
【出願or登録国名】日本国
【出願or登録番号】実願昭54-54659(実全昭55-157468)
【出願or登録言語】日本語
【 内容の解説 】本願は、黒川紀章の就寝用枠に関する
実用新案登録出願です。本願では、上下又は左右に揃えて
組合せる二つの枠体のいずれか一方又は両方にテレビジョン
受像機収納用枠部、及びラジオ受信機その他の電気的器具を
有する電気的装置収納用受枠を内方に降出するように設ける
とともに、端面部に人間が出入りできる大開口部を形成してなる
就寝用枠が開示されています。
【 チザイ解説 】特許および実用新案の出願において、
進歩性が要件として必要とされることは既述しました
(吉岡徳仁“HONEY-POP”の項)。ここで、進歩性有無の判断基準は
下記のように行われます。すなわち、出願された発明(考案)を
容易に行うことができるかどうかの論理付けを行うのに適した
引用発明(考案)を選択し、その両者を対比して、両者の一致点と
相違点を認定します。そして、その認定事項に基づいて、
当業者が引用発明から請求項記載の発明(考案)に容易に
到達しえたかどうかの論理付けが行えるか否かを判断し、
論理付けが行えた場合は進歩性なし、行えなかった場合は
進歩性有り、と判断されます。

なお、本文献を入手されたい方は発行者までご連絡下さい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ジャスパー・モリスン ROWENTAコーヒーメーカー 意匠 USD499599 ■

【発明者or創作者】ジャスパー・モリスン
【 物品の名称 】家庭用電気コーヒーメーカー
【出願or登録国名】アメリカ
【出願or登録番号】登録番号Des.499599
【出願or登録言語】英語
【 内容の解説 】本願は、ジャスパー・モリスンのROWENTA
コーヒーメーカー
に関する米国意匠特許です。
【 チザイ解説 】米国では、現在大多数の国が採用する先願主義
ではなく、先発明主義が採用されていることは既述しました
(F・L・ライト“ジョンソンワックス・パイレックス”の項)
しかし、日経NETの記事によれば、先願主義への移行法案がいよいよ下院を
通過したそうです。これにより、先願主義が名実ともにグローバル
スタンダードとなり、先発明主義は過去の遺物となりそうですね。

なお、本文献を入手されたい方は発行者までご連絡下さい。

※発行人多忙のため、本ブログ更新もメルマガ同様、月1回とします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

ヨコミゾマコト FUN 特許 特開2004-332341 □

【発明者or創作者】横溝真&アラン・バーデン
【 発明の名称 】構造部材及びその結合体
【出願or登録国名】日本国
【出願or登録番号】特願2003-128536(特開2004-332341)
【出願or登録言語】日本語
【 内容の解説 】本願は、ヨコミゾマコトのFUNに関する
特許出願です。本願では構造部材1を、金属製補強板材3と、
この金属製補強板材3を挟む状態で配置された一対の木材2
とで構成し、金属製補強板材3および一対の木材2とは
ボルト4でボルト締めされています。なお、本願のFUNは
2003年度グッドデザイン賞:建築・環境デザイン部門
受賞しています。
【 チザイ解説 】特許出願において、権利内容は出願書類
のうちの“特許請求の範囲”の項目にて記載されることは
既述しました(横河健“平成ドミノ堺”の項)
この特許請求の範囲における請求項(いわゆるクレーム)は、
従属形式にて複数、記載されることが一般的です。すなわち、
ヨコミゾマコトの本願を例に採れば、その請求項1には“金属
製補強板材と、この金属製補強板材を挟む状態で配置された
一対の木材とを備え、前記金属製補強板材および一対の木材が
ボルト締めされていることを特徴とする梁や柱などの構造部材”
と記載されているのに続いて、請求項2では“前記金属製補強
板材の端部は、前記木材の端面から突出して、連結部が形成
されていることを特徴とする請求項1記載の構造部材”と記載
されています。これは、請求項2に係る発明が請求項1に係る
発明に従属するものであって、請求項1の構成要件に加えて、
さらに請求項2にて“金属製補強板材の端部”の形状を詳しく
特定していることを意味します。このように、従属した請求項2
は、親となる請求項1の内容をいわば補強・詳述する役割を
有しており、審査過程で請求項1の新規性・進歩性を否定する
文献が挙げられた際に、請求項1に請求項2の内容を組み入れる
補正を行なうことにより、引用文献からの差異をより広げるとの
機能を果たします。

なお、本文献を入手されたい方は発行者までご連絡下さい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

吉村順三 施錠装置 特許 特開平8-82134 □

【発明者or創作者】吉村順三
【 発明の名称 】引戸の施錠装置
【出願or登録国名】日本国
【出願or登録番号】特願平6-254081(特開平8-82134)
【出願or登録言語】日本語
【 内容の解説 】本願は、吉村順三と株式会社ベストとの
コラボレーションの成果であって、引戸の施錠装置に関する
特許出願です。本願では「ケース体2の収納部内に操作レバー
10を回動可能に収納すると共に、ケース体2にガイド体を
固定し、ガイド体に掛止体40を取付けた作動体をスライド
可能に摺設し、主軸50を掛止体40と作動体の主軸用カム孔
34およびガイド体のカム孔に挿通する一方、作動軸5を
掛止体40の作動軸嵌合孔と作動体の作動軸用カム孔35
およびガイド体のカム孔に挿通し、操作レバー10の回動と
連動して作動体をスライドし、上記掛止体40および作動体
ならびにガイド体の夫々のカム孔に嵌合する主軸50および
作動軸51によって、解錠時掛止体40を施錠孔内に没入し、
鎖錠時掛止体40を施錠孔を突出して対面する引戸の係止孔に
掛止めると共に、これを引寄せて密閉するようにし、これにより
戸の開閉時に手触り良く或いは着衣に絡み着くこともなく外観
上の見栄えも良い上、操作時、掛止体を円滑に作動して戸の
ガタ付きを防止して確実に密閉できる堅牢な引戸の施錠装置を
提供する」と説明されています。

なお、本文献を入手されたい方は発行者までご連絡下さい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

吉村順三 たためる椅子(原型) 特許 US4244619 ◆

【発明者or創作者】吉村順三
【 発明の名称 】フォールディングチェア
【出願or登録国名】米国
【出願or登録番号】登録番号4244619
【出願or登録言語】英語
【 内容の解説 】本願は、吉村順三によるたためる椅子
原型に関する特許出願です。本願では、二つの側方支持部
が折畳み時には背面と平行となり、非折畳み時には背面と
直交すると説明され、座面も折畳み時には背面と平行となり、
非折畳み時には背面に対して直角よりやや角度を持った向きに
配置されると説明されています。
【 チザイ解説 】日本人が海外に特許出願する場合、一般的
には、日本に出願した後に、パリ条約に基づく優先権主張
(優先権制度については、非対称テンセグリティ構造を参照)
を伴う現地出願を行ないます。ところが、吉村順三の本願の
ように、日本に出願せず、いきなり米国に出願する方策も
場合によっては採用されることがあります。日本市場は不要で
米国市場のみターゲットにする場合や、他社に権利内容を掴ませ
にくくするため英語圏に第一国出願し、後にパリ条約に基づく
優先権主張を伴って日本出願を行なう場合などです。本願は
前者の場合を目的としていたのでしょうか…?

なお、本文献を入手されたい方は発行者までご連絡下さい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ハリー・ウィンストン Avenue 意匠 意匠登録1067036 ■

【発明者or創作者】ミシェル・ピテル
【 物品の名称 】腕時計用側
【出願or登録国名】日本国
【出願or登録番号】意願平10-21860(意匠登録1067036)
【出願or登録言語】日本語
【 内容の解説 】本願は、ハリー・ウィンストンのAvenue
関する意匠登録出願です。

なお、本文献を入手されたい方は発行者までご連絡下さい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )

間宮吉彦 椅子 意匠 意匠登録1127538 ■

【発明者or創作者】間宮吉彦
【 物品の名称 】椅子
【出願or登録国名】日本国
【出願or登録番号】意願2000-35617(意匠登録1127538)
【出願or登録言語】日本語
【 内容の解説 】本願は、間宮吉彦の椅子に関する意匠登録
出願です。本願の“意匠の説明”欄では、「実線で表された部分
が、部分意匠として意匠登録を受けようとする部分である。」と
説明されています。
【 チザイ解説 】意匠登録制度においては、物品の部分に係る
形状・模様・色彩についても意匠として保護する部分意匠制度が
設けられています。部分意匠として権利化された意匠権は、同一
又は類似の物品で、部分意匠の形態と同一又は類似の一部分を
有する侵害品に及びます。もっとも、侵害品の一部分の形態の
大きさや、全体に占める位置等が登録意匠に比して大きく異なる
場合は、非類似として侵害とはいえないこともあります。

なお、本文献を入手されたい方は発行者までご連絡下さい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ