下倉楽器本店 LM 売り場 【ココだけの話】

「楽器の街」お茶の水下倉楽器本店ギターベースフロアのスタッフによるブログ。
お得情報や小ネタなど掲載していきます!

ベース弦のあれこれ

2017-08-09 | エレキベース関連
どうもTKです。
全国のベーシストの皆様、いきなりですが弦はなにを使ってますか?

一口にベース弦と言ってもたくさんありますよね。
「始めたばかりでなにを買えばいいかわからない」
「切れにくい弦ありますか?」
「錆びにくい弦ありますか?」
「ワウンドって??」
など、毎日たくさんのお客様からお問い合わせを頂きます。


今回はベースの弦の主な種類とサウンドの特長について
簡単に書き出してみました。


・弦の素材

ニッケル:定番。癖が無くいわゆるベースサウンド。
ステンレス:サビに強い。ハリのあるサウンド。
コーテッドニッケル:エリクサーなどの長寿命弦。ヌルっとしたタッチ。
コバルト:磁力が強いのでステンレスよりもアタック感が強い。
ブラックナイロン:ジャズやフャンクなどベースラインを聞かせるサウンド。

・弦の形状
ラウンドワウンド:定番。ザラッとした手触り。サスティーンが長い。
ハーフワウンド:ラウンドとフラットの間。サウンド・タッチなどはややフラットワウンドより。
フラットワウンド:ツルツルしたタッチ。モコモコしたようなサウンド。サスティーンが短い。


上記以外にもありますが、代表的な組み合わせは
“ニッケル+ラウンドワウンド”で、
ほとんどのベーシストが使っていると思います。

同じ組み合わせ、同じゲージでもブランドにより
・テンション感
・サウンド
・弦振動
・タッチ
・フィーリング
・ピッチ
などの違いが出ます。

一番多く聞かれ、一番説明に困るのが
「オススメの弦はどれですか?」です汗

プレイヤーの演奏スタイル
指なのかピックなのかスラップなのか
やる音楽のジャンル
などにより全く変わってしまいます。

下倉楽器のスタッフはお客様との会話の中で
重要な情報を聞き出し、ご案内させて頂いてます。

私は自分のベースやお店での張替えなどで色々試した結果
SITの弦が一番お気に入りです。
なので私はSITをオススメしてしまうことが多いです(笑)

弦購入の際はお気軽にスタッフまでお問い合わせ下さい。
お客様にとって“一番”の弦がご案内できますよ♪


次回はブランドごとに掘り下げていきます!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下倉楽器主催 第16回「学生... | トップ | ベース弦のあれこれ【ダダリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エレキベース関連」カテゴリの最新記事