僕の回復体験記

長い期間患っていた精神疾患が治り今に至ります。回復した後の体験談をここに綴せていただきます。

インパクト本

2017年05月25日 | 
今まで読んだ著作の中で最もインパクトがあった中の1冊をご紹介させていただきます。


『ソシュールの思想』 / 丸山圭三郎・著      



この著作を初めて読んだ時、少々とっつきにくくて何を言っているのかいまいち分かりませんでした。
だけど何か惹きつけられました。
きっと重大なことを言っているんだと思いました。


そして何度か読んでいるうちに物凄いことを言っているんだと分かってきました。


僕の感想を少し披瀝させていただくと、普段何気なく使っている言語がこんなにも深い世界を蔵していることに驚きました。
そして、言語に限らず普段生活している中で見過ごされていることがらにも、注意して見れば新しい世界があるんじゃないかと思いました。
より深くて豊かな世界が。

これはこれから行きていく中でも大切なことなんじゃないかと思いました。
というのも、今まで一方的にしか見れなかったことや人に対しても別の視点から観れるのではないかと。
そうすれば余計なことに腹を立てず冷静に判断できるのではないかと学びました。

まだまだこの著作についてはもっと大きくて深い知恵が眠っていると思います。
今はほんのちょっとしか理解できないけど、これからも読み続けてさらに深く理解したい、そう思わせる1冊です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Everlasting | トップ | 出口のないトンネル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。