清水医院

愛媛県松山市衣山にある清水医院のブログです。内科・耳鼻咽喉科・麻酔科・機能強化型在宅支援診療所。

遠隔診療

2017-04-20 02:58:15 | 日記
ICTいわゆる情報処理や通信技術が発達してきた現在、遠隔診療という言葉を今まで以上に耳にするようになりました。

これまでは遠隔診療はどちらかというと医師と医師のコミュニケーション、例えば病理組織の診断を院外の医師に依頼したり、画像所見を在宅医師につけてもらう、といったイメージがありました。実際私の友人も自宅で画像所見をつけて、データを病院に送るといった遠隔診療をしています。

また医師と患者のコミュニケーションとして僻地や離島に対する遠隔医療がありましたが、対面診療が困難な場合を除き、原則禁止と捉える医師も多く導入が進まなかったのが現状です。

ここ数年でインターネットの整備やテレビ電話の普及によって、より遠隔診療をしやすい環境が整いつつあるようで、厚労省も遠隔診療の基本的考え方を緩和しているようです。

具体的には、遠隔診療の対象は離島や僻地の患者に限る必要がないことや、対象疾患の拡大、対面診療を事前に行うことが前提条件とはならない等です。

より遠隔診療が行いやすい環境が整備されつつあるということですね。となると、例えば仕事が忙しく通院困難な方にも診療が行いやすくなり、バイタルサインや血糖値、体重、腹囲等のデータを医療機関と共有することでオンライン、オフラインを問わず診療が可能になることも想定されます。

また訪問診療を受けている患者さんにとっても対面診療の補完となることも期待されますし、医師のマンパワー不足により訪問診療ができないといったクリニックでも遠隔診療は役に立つと思われます。

今後時代のニーズに合わせて診療の形態も変わっていくのだなと感じております。

清水医院 院長
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 試行錯誤 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。