富士山を眺めて走る ~静岡マラソン2017~



4回目となる静岡マラソン天気は晴れ、4回目にして初めての晴れです。前回自己ワーストを記録した袋井メロンマラソン以来のフルマラソン、フラットなコースでサブ4をめざします。今年からコースが変更になり、これまで難所とされた海岸線での折り返しがなくなり、葵区内を大きくまわるコースになりました。あの場所がなくなると思うだけでだいぶ気持ちが楽になります。そして今回追加された北街道、流通センター通りは私の生活圏なのでさらに地元感が増し楽しみです。スタートも市役所前は同じですが逆方向に、いつもと違う景色が新鮮です。



スタート後はすぐに北街道へ入り東へ向かいます。いつもは交通量の多い通りを沿道の声援を受けながら走るのはとても楽しく気持ちのいいものでした。そして、流通センター通りにぶつかると左に曲がり北へ、このあたりまさにいつも行き来している地域なので気分も盛り上がります。しばらく行くと田畑が広がり、日ごろの練習で向かっている竜爪山が見えてきます。コースは西へと曲がり再び市街地へと向かいます。市街地内もコースが変更され、初めて体験する風景を眺めながらペースは快調、疲れも想定内、イメージ通り順調に走り続けることができました。安倍川を渡った土手の上から、4回目にして初富士山!この景色が見えてこそ静岡マラソン、雲一つない空に美しい富士山を走りながら見ることができました。そしてコースは海岸線へ、このあたり多少の風は感じましたが、過去の激しい雨風を思い出したら比べ物にならないほど快適でした、広々とした視界が気持ちいい。



折り返しもなくこのまま行くだけだと思い順調にペースを刻んでいたのですが、32kmを超えたあたりで急に脚に痙攣が、しばらく耐えていましたが徐々にひどくなり、ついに右ふくらはぎがつってしまいました。そうなると立て続けに左ふくらはぎ、左ももとつってしまい、立っていることもできなくなり歩道へ避難、地面に仰向けに倒れこんでしまいました。自分で治すことができないので、沿道で応援していたお兄さんに声をかけて脚を戻すのを手伝ってもらいました。しかし、痙攣はなかなか治まらず大きなタイムロス。激痛と棒のようになり戻らない自分の脚に棄権も頭をよぎりました。焦らずしばらく休むとなんとか立てるようになりました。ここでサブ4はあきらめて、せめて完走をめざし、ゆっくりと歩き始めます。



1kmくらい歩いたところのエイドでもつカレーが配られていました。普通に走っていれば食べることはなかったでしょうが、今回はもうタイムは気にしないので、この機会にいただきました。紙コップに入ったもつカレー、おいしいのですが走りながら食べるには少し重いかなぁと思ったりしました。しかし、このもつカレーを食べた後から徐々に回復し、少し走っても大丈夫そうなのでレースに復帰、ゆっくりですが再び走り出すことができました。清水区市街地に入ってからは残りの距離がとても長く感じましたが、歩くことなく走り続けました。今回はゴール前もコースの変更があり、これまではゴール直前に狭い道を入っていく箇所がありましたが、今回は広い道路をストレートに走りゴールへ向かうようになっていて、最後の気分を盛り上げるにはうれしい変更でした。そしてネット4時間22分でゴール。自己ワーストは逃れましたが、サブ4を狙っていたところだったので残念な記録でした。ただ、途中のアクシデントから復帰できたと思えば、まぁ良しとします。あまりに良いコンディションだったので、またもや前半オーバーペースだったかもしれません。清水駅海側のゴール地点からも富士山が見えました。こんな良い天気の中走ることができて本当に良かったです。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 風が強かった... 春の山で木を... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。