懐かしいまちを走る ~松本マラソン~



仕事が立て込んでいてなかなか記事を書けませんでした。10/1(日)に第1回松本マラソン42kmを走りました。松本は大学時代と就職してからの数年間を過ごしたまちです。前日に松本に着き、車でコースを下見、宿泊は当時勤めていた事務所で担当した旅館の改修の仕事でよく行っていた浅間温泉。ゆっくりと温泉と風情を楽しみたいところですが、前日からマラソン出場体制のためビールは少々、朝食は旅館のメニューは食べずに、いつものフルマラソン参加ルーティン、残念ですがマラソンも頑張りたいのでここは我慢。



朝からすっきりと晴れた最高の天気、スタート場所は母校信州大学の北側の松本市総合体育館前、ここの芝生広場で建築コースの先輩たちに新入生歓迎コンパをやってもらった記憶がよみがえります。事前に送付されてきた緑の松本マラソンシャツを着ているランナーがたくさんいました。スタートエリアの道幅は他の大会に比べて狭い感じがしましたが、特に混乱もなくスムーズなスタート。道幅が狭いからか、スタート地点で応援してくださる皆さんとの距離が近く、とても力をもらいました。



スタートしてからもしばらく道幅は狭く、下りが続きます。何度も歩いた大学前の通り、友達の住んでいたアパート、ラグビー同好会で練習をしていたグランド、懐かしい場面が目に飛び込んできて、ここを今、マラソンランナーとして走れている幸せを感じながら走りました。そして、前半のポイント国宝松本城、お堀の外からちらりと姿を見ることができました。



街中に入ると当時設計に関わったビルが目に入ります。あのころ再開発の初期の仕事でいろいろ苦労もありましたが、今は周りも整って新しい街並みに生まれ変わっています。この辺りは道幅も広く応援してくださる人もたくさん居てくれて、シティマラソンの雰囲気を楽しむことができます。街を抜けるとコースは南松本方面へ向かいます、勤務していた事務所は南松本、就職してからの生活圏も南松本だったので、よく通っていた道です。当時住んでいたアパート、通っていたスーパーなどのすぐ近くを走り、思い出を楽しんでいましたが、コースはこれまでの下り基調からじわりじわりと上りとなってきます。



コースは南松本を過ぎ更に塩尻方面へと進みます。この辺りから周囲は田んぼや畑、高速道路、そんな風景になってきます。遠くには北アルプス、僕は松本らしい風景だと思いました。一度折り返した後、来た道をしばらく戻り、途中で折れて西へ向かい松本空港を目指します。のどかな風景を楽しみながら走っていると、ゴールの信州スカイパーク陸上競技場が見えます。しかし、これでゴールとはならず、再び街の方へと一度もどるコースとなります。ここで距離を稼いでいる感があります。そして今回、快調だったのはここまででした。。。35kmを過ぎたあたりでエネルギー切れ、完全に脚が前に出なくなりました。その後は、走ったり歩いたり、風も強くなってきて、辛い思いをしました。タイムも残念、反省の多いレースとなってしまいました。ゴール後にもらえたリンゴ果汁100%のシャーベットは疲れた体にとても美味しくて嬉しかったです。



今回は旅マラソンとしてはとても楽しみました、良かったです。そして松本マラソン、良い大会だったと思います。しかし、自分の記録としてみると不甲斐ない結果なので、涼しくなるこれからまた鍛えなければと感じました。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 清水のまち ... タイムオーバ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。