住宅医の知識


先週、昨年7月からほぼ月に1回通い続けた「住宅医スクール2015浜松」が終了しました。私は住宅医の資格を持っていますが、昨年度と今年度は浜松でスクールが開催されるということで、最新の講義をすべて受けようと考え参加せていただいていました。住宅医スクールは「一般社団法人住宅医協会」が「かかりつけの医者のように、患者(=既存住宅及びその施主)の状態をきちんと把握して対処できる人材の育成」を目的に開催しているもので、そのすべての講座を受講し、講座の最終回に検定を行い、事例を発表し内容の評価を受け、合格すると住宅医として認定されます。

一般的なインスペクションの講座は1日程度のものがほとんどですが、全8回24講座の住宅医スクールはどの分野も深く学ぶことができます。建物調査の基礎から法規・構造・木材・防火・設備・高齢者対応・温熱環境・省エネ・住宅関連施策と幅広い分野を勉強しました。とくに木材のシロアリやそれ以外の虫害、不朽などの講義は普通の建築関連の勉強会ではあまり出てこない分野ですが、改修の現場ではとてもよく目にする事象なのでとてもためになりました。また、毎回必須講座終了後にゲスト講座があり、そこでは第一線で活躍される建築家の方々のお話も聞くことができ、すばらしい事例を見ながら実践のイメージをすることができたことも良かったです。

私はカリキュラムの中で第2回の「構造的不具合の原因と対策~一般住宅の耐震診断の実務~」を担当しています。耐震診断・補強業務に関してはかなり進んでいると言われる静岡県の建築士として事例を説明、紹介するのが役目です。毎回もらっていたテキストも24冊を超えています、それを見るとよく勉強したなぁという感じです。これからはそれらを実務にフィードバックできるよう心掛けていこうと思います。今回、住宅医スクールで勉強した内容を記録しておきます。


「住宅医スクール2015浜松 カリキュラム」

第1回
「木造建築病理学の必要性」
 ・木造建築病理学の背景と取組
「建物調査と報告書の作成」
 ・建物調査と住まいの診断レポート
「木造建築病理学の実践」
 ・住宅医による木造住宅の改修事例

第2回
「構造に関する法規、基準関連」
 ・耐震性能に関する様々な基準
「構造的不具合の原因と対策①」
 ・地盤・基礎・軸組の調査診断
 ・一般住宅の耐震診断の実務
      
第3回
「木材の劣化と対策①」
 ・生物劣化の基礎
「木造建築物の耐久性能と維持管理方法」
 ・木造建築物の劣化、診断、補修の基礎
 ・木造住宅劣化事例

第4回
「木材の劣化と対策②」
 ・木材の劣化と診断
「防蟻対策の基礎」
 ・シロアリ駆除と予防法の事例
「構造的不具合の原因と対策②」
 ・限界耐力計算のやさしい解説

第5回
「防火性能の改善と対策」
 ・防火の基礎と火災時の安全性
「設備の劣化診断と対策」
 ・配管設備診断Q&A
「住宅改修における高齢者対応」
 ・高齢化社会と住宅改修のニーズと実践

第6回
「温熱環境の改善と対策」
 ・温熱・結露診断手法
 ・住宅の省エネルギー評価の基礎

第7回
「契約実務の留意点」
 ・瑕疵及び依頼者とのトラブルを回避する方法
「木造住宅関連施策の動向とその対応」
 ・木造住宅関連施策最新情報と対応実践事例
「住宅改修における高齢者対応」
 ・高齢化社会と住宅改修のニーズと実践

第8回
「既存住宅の改修方法」
 ・事例に見る基礎の改修方法
 ・事例にみる軸組・壁・床・屋根の改修方法
 ・事例にみる温熱・省エネ改修方法




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 座禅 やっと晴れ ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。