スロー・ブラッシング(歯磨き健康法)への誘い

歯科医師・野菜ソムリエである島谷浩幸が放つ気ままな健康的ブログ

海の日・湖国探訪、びわ湖テラス・蓬莱山。

2017-07-17 21:18:02 | 日記
さて。
今夜は趣を変えまして、「海の日」の今日訪れた滋賀県琵琶湖でのお話を。

私が住む大阪から名神高速や湖西道路を経て、
冬場は関西屈指のスキー場である琵琶湖バレイへ。
麓の駐車場からはロープウェイで標高1100mを超える山頂駅に行きました。
乗り場の表示によると、天気は曇りで麓駅は28度、山頂駅は23度。
雷注意報が出ており、時折小雨がぱらつく悪天候でしたが、
山頂辺りは涼しく、夏の暑さをしのぐことができました。





山頂駅に着いたのが午後2時に近く、まずは遅めの昼食を兼ねて、
隣接するレストランではなく、
昨年7月にオープンしたという「びわ湖テラス」に向かいました。

ロープウェイ降り場から右手に下って、程なく到着。
(Twitterで写真をアップ☆)
しかし、家族連れやカップルなどで、すでに長蛇の列。
結局、40分以上待ってびわ湖テラス店内に入りました。
名物というサンドイッチはすでに品切れでしたが、
表面がサクサクと歯応えが嬉しいチーズ入りカレーパンと、
鈴鹿山系の伏流水を使用した「近江和紅茶」を頂きました。
(Twitterで写真をアップ☆)





束の間の昼食後は、外に出て湖を見渡すウッドデッキへ。
小雨は止み始めて、雲の合間に広大な琵琶湖の姿を眼下に望めましたが、
写真映えはイマイチ。木製の遊歩道を散策した後は、
琵琶湖バレイの山頂に向かうべくリフト乗り場へ向かいました。

一等三角点のある蓬莱山頂(標高1174m)へは、
一度リフトを乗り換えて、山頂駅へ。
霧状の雲の中を通りながらの空中散歩。眺望は残念でしたが、
周りの遊具で楽しく遊ぶ家族連れなどの人たちを眺めながら、
ゆっくりと昇っていきました。
山頂には一等三角点がありましたが(Twitterで写真をアップ☆)、
比良山地の最高峰である武奈ヶ岳(標高1214m)の丸みを帯びた山頂も、
リフトに乗りながら雲越しに望むことができ、
山好きの私にとって一つの収穫でしたね。





すでに時刻は営業時間の終了に迫っておりましたが、
その頃になってようやく青空が広がり始めました。
それにつれて、早くも秋の訪れを感じさせる赤トンボがたくさん空を舞い、
下山するロープウェイからは青空を背景にした眼下の琵琶湖の眺望を、
やっと写真に収めることができました。(Twitterで写真をアップ☆)





海の日に、湖と山。
昨年の京都・鴨川納涼床とはまた違って、
自然と触れ合うことができた有意義な一日でしたね。
さて、来年はどこに行こうか、なんて。
そんな予定をのんびりと立てることも、楽しいものです。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 農・エコニュース362…。祇園... | トップ | 農・エコニュース363…。耕作... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。