REPORT

SHIMANO Racingの活動をブログで紹介します。

[Report]JPT・経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ

2016年10月13日 | レースリポート

 


JPT・経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ
開催日:2016年10月9日
開催地:石川県輪島市門前町  12.6km×7周+0.4km(88.6km)

 

Jプロツアーの中でも最も高い位置づけのレースである『経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ』が石川県輪島市のコースで開催され、チームUKYOのオスカル・プジョル選手が他を圧倒し優勝しました。シマノレーシングは入部正太朗選手の11が最高位となりました。

 

レースは輪島市門前町に特設された12㎞の山岳周回コース、1周目から激しくペースが上がり集団は分断してゆきます。
この動きに対応できなかったシマノレーシングはレースの主導権争いから早くも脱落します。

 

1周目から抜け出したチームUKYOのオスカル・プジョル選手とマトリックスパワータグのホセ・ビセンテ選手をBSアンカー勢が中心となり追いかける展開。

 

シマノレーシング選手はさらにこれを追いかける形となりました。

 

厳しい戦いを強いられましたが、ラスト周回に後方から飛び出した入部キャプテンが11位に。
上位は海外選手が占めるリザルトとなりました。

 


シクロワイアードのレース記事↓
http://www.cyclowired.jp/news/node/213316

 

JBCFオフィシャルページ↓
http://www.jbcf.or.jp/races/20161009_id=9462


▲優勝したオスカル・プジョル選手(チームUKYO)


▲入部正太朗選手は11位


▲20歳の小山貴大選手が16位と健闘した

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [Next Race]JPT経済産業大臣... | トップ | [Next Race]JPT南魚沼ロード2... »
最近の画像もっと見る