しまね分かち合いの会・虹

【 自死遺族自助グループ 】
しまね分かち合いの会・虹
Jサロン・虹

~何十年経っても 初めての一歩~

2016年06月25日 | 年間日程ご案内
 
 
久しぶりに、分かち合いの集いの近況をお知らせします。
 
約30年前に父親を亡くした、という息子さんからご連絡をいただきました。
もう30年も経っているのですが参加してもいいですか・・・と。
そして、出雲市に住んでいるけれど地元はちょっと行きにくいので、松江会場に参加させてほしいとのこと。
どこの会場でも大丈夫です、予約もなしです、足の向くままにお出かけください、と伝えました。
集いの当日も、会場の建物の案内板の前で、行こうか・・・止めようか・・・悩み迷われたそうです。
(ご本人の許可を得て、地域などを書かせていただきました)
 
私にも覚えがあります。
私が初めて自死遺族の分かち合いの集いに参加したのは、仙台でした。
仙台の駅前に降り立ち、道行く人に集いの会場の場所を聞くのが怖かったのです。
だれ一人私のことなど知っている人はいないのに、私の中の自死への偏見が、そんな気持ちにさせていたのでしょう。
 
集いに一度参加してしまえば、ガチガチに身を守りかためていた鎧が、一瞬にして取り除かれました。
向かいの人もとなりの人も、この場にいる人はみんな、あの修羅場のような壮絶な悲しみや苦しみを体験した仲間でした。
封印してきたおもいを安心して分かち合えたこと、孤立からとき放されつながり合えた安堵感。
帰る頃には悲壮な表情は薄らぎ、笑顔さえこぼれていることもありました。
 
松江会場、その日は偶然にも、20年前に母親を亡くされていた息子さんも初めていらっしゃいました。
親を亡くした子供4人、子供を亡くした親4人、8人での分かち合いになりました。
集いへの最初の一歩は、誰もが勇気の一歩でしたが、そこから、再生へのスタートが始まるのかもしれません。

この記事をはてなブックマークに追加

2016年7月~9月分かち合い・Jサロン 開催のご案内

2016年06月23日 | ご案内
🌈分かち合いの集い

誰にも話せない深い深い悲しみ、苦しみ、怒り等を遺族だけで分かち合っています。
大切な家族を自死で亡くした遺族同士だからこそ、分かち合いができると思います。
どうか一人で悩まないでください。同じ痛みをもつ遺族同士で分かち合いませんか…。

【出雲】

      日時 : 2016年7月9日(土) 

  日時 : 2016年9月10日(土) 

      会場 : 出雲社会福祉センター(〒693-0001   出雲市今市町543)



【浜田】

      日時 : 2016年7月16日(土)

  日時 : 2016年9月17日(土)

      会場 : 浜田市総合福祉センター(〒697-0016  浜田市野原町859-1

 

【大田】

      日時 :2016年 8月6日(土)   

      会場 : 島根県立男女共同参画センターあすてらす(〒694-0064  大田市大田町大田イ236-4)


【松江】
  日時 : 2016年8月20日(土)

      会場 : 島根いきいきプラザ(〒690-0011  松江市東津田町1741-3)


【益田】
      日時 : 2016年8月27日(土)

      会場 : 益田保健センター(益田駅前イーガビル)(〒698-0024  益田市駅前町17-1)

 

【雲南】                            

  調整中


     会場 : 雲南市社会福祉センター(〒690-2404  雲南市三刀屋町三刀屋1212-3)

いずれの会場も受付開始は13時30分

分かち合いは14時~16時30分までです


Jサロン・虹

「涙が虹にかわる時がきっとくる、上を見上げよう、前を向こう…」という思いから企画した交流サロンです。
レークサイドの部屋で、お茶やお菓子をいただきながら、ザックバランに交流しています。
また遺族達の声を、行政や専門機関の方々に直接届ける、意見情報交換の場にもなっています。
少し前向きになれた遺族の方、どうぞお出かけください。


      日時 : 調整中

      会場 : ホテル宍道湖(松江市嫁島2丁目10)


この記事をはてなブックマークに追加

~判決~

2016年05月30日 | その他
 
 
自死遺族のSさんの、5年という歳月をかけた裁判の判決が今日言い渡されました。
「平成23年(ワ)第290号損害賠償請求事件」は、却下されました。
Sさん、そして支援して来られた皆さん、ほんとうに長い闘いをご苦労様でした。
 
Sさんの旦那様は、松江市内の教会の牧師の嫌がらせ(ハラスメント)により精神的に追い込まれ、H20年6月に自死されました。
牧師と熱心な信徒の関係でしたが、牧師の会計の不正処理(今を騒がす舛添都知事のような)を指摘したことから、数々のハラスメントが始まりました。
 
昨年12月の、関わる人達の証言でもハラスメントは明確でした。
被告の牧師も、原告側の弁護士に突っ込まれると、しどろもどろで大量の汗をふきふき応えていた姿は、とても印象的でした。
証言した精神科の女性医師は、その牧師とクリスチャン同士という親しい関係にあるため、私たち素人が聴いていてもつじつまの合わない内容証言になっていました。
よほどの証拠提出や、頼みの綱の精神科ドクターの証言は大きいので第3者的医師に意見を言ってもらわねばなりませんでした。
 
自死遺族が原告の裁判は死人に口無しなので、虚偽発言や事実がねつ造されていても、裁判官はその真実までは判らないので鵜呑みにするようです。
自死問題の裁判は、理不尽な結果がほとんどですが、これからはこれらの結果を社会や世論に反映させていこうという動きが始まっています。
 
聖職という立場であのような手の平返しや虚偽証言をし裁判で勝った牧師は、逆に、これから先をずーっと苦しみ続けて生きていかねばならないのでは・・・と思いました。
 

この記事をはてなブックマークに追加

~心ある人達の心のこり、異動の季節~

2016年05月06日 | その他

 

朝日新聞松江総局の記者だった一色涼さんが、5月から大阪府の枚方支局へ異動になりました。
彼が松江に赴任して間もなくの2年前の6月、「島根県の『自死』という公文書に驚いたが、その事についておしえてもらえないか」という連絡をもらいました。
会って話をしているうちに、自死遺族達を取り上げた連載を書きたいと思う・・、と言う話になりました。
遺族を守らねばならないので、「あなたの過去の記事を読ませてください、それによって決めさせてください」と体のいいお断りをしたつもりでした。
彼は宮城県石巻市の大川小学校の記事を持ってきてくれ、彼の視点で書かれたその記事を読む事が出来ました。
そして・・・、「いまもそこに『自死』という死」の7回シリーズが、2014年9月に掲載されました。
その後も、私たちの活動に密着するかのように、「活字」というペンの力で、支援を続けてくれました。
私たち「虹」は、毎日新聞の金記者にも2012年から昨年の4月までの3年間、ずっと、本当にお世話になりました。
金記者も一色記者も、記者のコラムに別れの言葉を書いています。
2人とも、遺族を元気にしてくれる、心ある人だったな~と、感慨深く思っています。
全国紙の記者たちが「自死」「自死遺族」への理解を深め寄り添ってくださったことに、心から感謝しています。

また、お世話になった県の自死対策の担当職員の異動もありました。
彼は、「あと半年間この担当でいたかった、やりたかったことが心のこりです」と話してくれました。
自死対策担当は重いので早く異動があればいいと考える職員が多い中、遺族達の中にも溶けこんでくれる存在感のある方でした。

別れもあれば、新しい人達との出会いもあります。
私たちはまた一から、新しい人に、おもいを伝えていかねばなりません。
新しい人達から違う視点で、心ある「自死遺族支援」対策を、考えてくださることを願っています。

「山陰過労死等を考える家族の会」が、家族の会としては中国地方で2番目、4月22日に立ち上がりました。
代表の高木さんは、2009、9月に息子さんを亡くされています。
息子さんの勤務先や労基署、労働局の対応にもずいぶん傷付けられて来られました。
これから先、このような理不尽な思いをする人達が出てはいけないと、ご自分の体験を活かし頑張ってくださるそうです。
素晴らしい心強い、「虹」のメンバーです。


この記事をはてなブックマークに追加

4月17日(日)朝日新聞島根版に掲載された記事です

2016年04月23日 | その他

自助グループ、体験つづる◆

 自死で家族を失った悲しみに、追い打ちをかけるような知人や僧侶からの心ない言葉。自死遺族の自助グループ「しまね分かち合いの会・虹」が、遺族の受けた差別や偏見の事例を冊子にまとめた。「実態をまず知ってほしい」と、痛みを感じた体験をつづった。

 

 校長の「私の代で、こんなことをされては困る」。知人の「あんたよかったねえ。ようけ子供を産んでおいて」。車内で亡くなった娘の車をその後、愛用していると、友人から「嫌なオーラを感じるのよね」。

 3月に発刊された冊子「自死 聞いてほしい 自死遺族となって出合った苦悩」。県内を中心に18遺族が実際に体験した事例が紹介されている。

 「しまね分かち合いの会・虹」は2008年に発足した。定期的に県内各地で遺族が悩みを分かち合える集いと、年1回のフォーラムを開いている。

 冊子は今回で4冊目。09年に出した1冊目「会いたい」に遺族8人、翌10年の「会いたい 2集」には9人の手記を収めた。

 代表の桑原正好(しょうこ)さん(65)=出雲市=は、県の自殺総合対策連絡協議会にオブザーバーとして参加。12年2月から委員になった。協議会で、「自殺」ではなく「自死」の言葉を使うように要望。翌13年3月、県は全国の自治体で初めて、公文書などでの表記を「自死」とすることを決めた。

 昨年3月、12人の手記を載せた3冊目「わたしたちのまさか~自死遺族の手記より~」を発刊。桑原さんは「まさかと思っている自死は誰にでも起きうると、社会に伝えたかった」。

 桑原さんは06年末、次男大輔さん(当時24)が自死した。四十九日を過ぎた頃、数十年ぶりに知人が訪ねてきた。線香をあげたあと、生年月日と名前を書いてくれと紙を出された。

 理由を聞くと、「息子さんは今、地獄でもがいているので、拝んでひきずり上げます」。ショックで過呼吸のような症状になった。

 2年後、別の知人に「天国から見守っていますよ」と慰められるまで、「息子は地獄にいる」という言葉に悩み、苦しんだ。

 「自分自身の中にも、自死に対する偏見があったからこそ苦しんできた。実態を知ってもらうことで、遺族への差別や偏見をなくしたい」

 

◆僧侶「しっかり布施を」/医師「保険金詐欺で捕まる」◆

 人の最期に関わる僧侶や医師から、心ない言葉を言われた事例がある。

 出雲市の女性(60)は2009年4月、次男(当時28)が自死した。

 寺の僧侶に、「若いのにこんな死に方をすれば、しっかり布施を包まんと成仏できん」と言われた。

 葬儀を終え、四十九日の相談で寺を訪ねると、「あんな死に方をした者はたくさん供養しないといけない。夏用の衣をいただきたい。京都へ発注して、100万円くらいだと思う」。

 女性はあっけにとられた。だが、今後を考え、いくらかの金額を包んだ。

 死亡診断書を書いた医師を訪ねた。生命保険の手続きのためだった。「何の用」と聞かれ、次男の死の経緯を話した。

 淡々と話したつもりだが、「保険金がもらえるようにウソを書けというのか。私も保険金詐欺で捕まりますけん」とまくしたてられた。

 女性は「医師だから話を聞いてくれると、甘えがあったのかも」としつつ、「言葉一つで傷ついたり、救われたりする。大変だったね、と言ってもらえれば、それでよかった」。

 07年、次男は大学で学んだ社会福祉の分野に就職。仕事の負担が集中するなどして、体調を崩し、うつ病の診断を受けた。

 1年ほど休職し、09年3月に退職。4月下旬、職場の前で亡くなった。

 次男に「笑ってる顔が一番好きだわ」と言ったことがある。亡くなる前日の夜。台所にいると、次男が2回、笑顔を見せた。父親には珍しく、「一緒に缶ビール飲まん」と声をかけていた。

 中学、高校は吹奏楽部。大学も応援団で吹奏楽を担当した。読書家で、大学卒業後、実家に段ボール40箱の本を持って帰ってきた。

 女性は冊子に手記を寄せ、研修会で遺族としての思いを語っている。「次男が、これからのこと任せたけん、がんばってよ、と言ってる気がするんですよ」 (一色涼)


この記事をはてなブックマークに追加