しまね分かち合いの会・虹

【 自死遺族自助グループ 】
しまね分かち合いの会・虹
Jサロン・虹

毎日新聞 シリーズ「追跡」に、しまね自死遺族フォーラムin出雲が今日掲載されました

2017年03月26日 | その他

http://mainichi.jp/articles/20170323/ddl/k32/040/471000c


この記事をはてなブックマークに追加

~津和野町パネル展~  

2017年03月23日 | ご報告
 
3月の自死対策強化月間にあわせ、津和野町で自死遺族の想いを伝えるパネル展「~私の中に今、生きているあなた~」を開催しました。
昨年11月の町広報に自死に対する偏見を助長するような記述があったことから、県の人権啓発推進センターがパイプ役となってくださいました。
津和野(町)の関係者の方々がこのパネル展に足を運ばれ、どのように気づきを感じてもらうことが出来ただろうかと思い悩みながら会場にいました。
 
3月13日から20日までの長丁場でしたが、役場の自死担当課や地元遺族、支援者の応援もあり無事に終了出来ました。
遠くは岡山、尾道、周南市などからの来場があり、遺族同士の繋がりの場にもなりました。
「初めて見た数々のパネルに衝撃を受けた」「遺族の方のお気持ち想像を絶します!」「いじめやパワハラの無い社会になってほしい」等、の来場者アンケートがありました。
たとえ一人でもいい、何かを感じ気づいていただけることが出来ればと、それが今の私達のホントの想いです。
 
今回新しくパネルメッセンジャーになってくださった3名の(遺族の)皆さま、どうもお疲れさまでした。
 
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

~H29年度分かち合いの集い日程~

2017年03月23日 | 年間日程ご案内
 今年度は集いの内容が少し変わります。
・分かち合い                 14:00~15:30
・茶話会(J交流会) 15:30~17:00 
 *茶話会(J交流会)には遺族以外の方にお入りいただくこともあります(弁護士、保健師、宗教者、マスコミ関係者、行政の自死担当者など)。

 
偶数月  松江:4月15日  大田:4月8日  益田:4月22日  
     松江:6月10日  大田:6月3日  益田:6月24日
     松江:8月12日  大田:8月5日  益田:8月26日
     松江:10月21日 大田:10月7日 益田:10月28日
     松江:12月16日 大田:12月2日 益田:12月23日
     松江:2月10日  大田:2月3日  益田:2月24日
 
奇数月  出雲:5月13日  浜田:5月20日 雲南:調整中  
     出雲:7月8日   浜田:7月15日   
     出雲:9月9日   浜田:9月16日 
     出雲:11月11日 浜田:11月18日
     出雲:1月13日  浜田:1月20日
     出雲:3月10日  浜田:3月17日
 
 
29年度(第9回)しまね自死遺族フォーラムは、H30年3月3日(土)浜田市総合福祉センターで開催予定です。
 

この記事をはてなブックマークに追加

~第8回 しまね自死遺族フォーラムin出雲 終了~

2017年03月12日 | ご報告
 
屋内の催事がもったいないほどの良い天気に恵まれた中で、8回目のフォーラムを出雲市民会館で開催しました。
 
「NPO法人しみんふくしの家八日市」介護事業総括管理者:元東近江市長西澤久夫さんにご講演をしていただきました。
ご自身もご子息を自死で亡くされた遺族というお立場や、市長の頃や現在の勤務先での事例をあげながら、解りやすくお話してくださいました。
市役所内の自死(問題)にどのように向き合い対処して来られたのか、また今の職場でのハラスメントの相談を迅速に対応され最悪の事態を回避されたお話などを、解りやすくお話してくださいました。
 
ミニコンサートは、大阪のフォークシンガー木下徹さん。
徹さんの歌はとても優しく特に「ぼくの夢」には涙が止まらなかった・・・とアンケートに書いておられる方が多数ありました。
「大きくなったらぼくは博士になりたい そしてドラえもんに出てくるようなタイムマシーンをつくる ぼくはタイムマシーンにのってお父さんの死んでしまうまえの日に行く そして『仕事に行ったらあかん』ていうんや」
短いフレーズですが、徹さんの声が歌詞の意味を胸に深く深くしみ込ませます。
 
パネルデスカッション(遺族は語る)の1回目から今回の8回目までの共通タイトルは「この苦痛は、もう私達だけでいい!!」です。
今回はひとり一人の思いが強く、初めて遺族の悲痛な心情をお聴きになられた方にはきつかったようですが、これが現実・・・。
私たちのような遺族にならないでほしいという気づきを感じていただければ、また、逝ってしまった人達の死の意味を活かすためにも・・・それが私達の本望なのです。
 
約80名の皆さまのご参加をいただき、無事に終えることができました。
ご協力をいただいた、出雲市役所様、出雲保健所様、出雲市社会福祉協議会様に心より感謝を申し上げます。
 
代表挨拶
 
元東近江市長西澤久夫氏講演
 
ミニコンサート
 
遺族は語る
 
山陰中央新報(3月5日)
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

第8回しまね自死遺族フォーラムin出雲 開催のお知らせ

2017年02月04日 | ご案内

タイトルは、~自死遺族となって、今、伝えたい想い~です。

 出雲では2度目のフォーラムとなります。わたし達のような悲しい苦しい体験を誰にもしてほしくないとの願いを込めて、開催します。
地域の皆さま、自死問題に関わられていらっしゃる方々、自死問題に関心をお持ちの方々、そして当事者の方々などのご参加をお待ちしています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事をはてなブックマークに追加