遊びをせんとや生まれけん

キャンピングカーGTで車中泊したり温泉巡りしています。

今年の桜は

2017-04-04 19:10:11 | 日記
東京では桜が満開になったと聞きましたが、九州ではどうも例年よりかなり遅れているようです。
しかし休日は決まっているので取り敢えず出掛けてみました。


熊本IC→八代JCT→津奈木ICと走って先ずは桜の名所と言われる湯の児チェリーラインへ。
八代から南九州西回り自動車道ですが、芦北から先は最近できたようで、ナビの自車位置が山のなかを指していました。


湯の児温泉には初めて来ましたが、全体的に活気があまり感じられず、寂れた印象を受けました。
建物も痛んだものが多いです。
ただ、海岸が驚くほど立派に整備されており、澄んだ海を見ながらの散策には最適でした。


八代海を挟んで天草の山々が見えます。
観海アルプスと言うそうです。



案内標識が見当たらず少し不安を覚えつつも、なんとか探しあてチェリーラインを走りましたが、桜はほぼつぼみ。満開であれば眼下に海を眺めながらの絶景を見ることが出来たんですけどね。



ただ、あちこち崖崩れのような跡があったり、木が切り倒されていたりで今一つ楽しむことが出来ずちょっと残念。桜の木自体もかなり古いものが多く、傷んでいるように見えました。
ガードレールのないところも多く道も狭いので、混雑時には怖い思いをするかもしれません!



次に少し戻って田の浦ICから御立岬へ。




頂上のモニュメントは登ることも出来、上からの眺めはまさに大パノラマでした。
八代、三角、普賢岳、龍ヶ岳、上天草、芦北など一望です。
季節柄かなり霞んでいたのが残念ではありますが、十分楽しめましたね。
ここにはオートキャンプ場もあるようなので、いつか友人たちと来てみたいと思います。



このあと芦北ICまで再度戻り、
県道27号→国道219号→国道445号と辿って人吉市へ向かいます。
国道219号は球磨川に沿うように走っており、初めて見るその堂々とした急流にすっかり魅せられてしまいました。
事前のルート調査(Googlemap見ただけww)で、ひょっとしたら楽しいかも!と期待はしていたのですが、予想をはるかに上回る流れで、また秋にはこのコースを通ってみようと決めました。
翡翠ブルーに見えるでしょうか?
桜はまあ、二分咲きでした。桜吹雪のなか、このルートを走りたかったですね。


国道の対岸には肥薩線が走っているのが見えました。川岸ギリギリを通ったり鉄橋を渡ったり、周囲の景色と完全に一体化しています。調べてみると「かわせみ やませみ」や「いさぶろう」「しんぺい」などの観光列車が運行されているようです。
熊本から鹿児島まで観光列車を乗り継ぎ、帰りは新幹線で、というのが出来るならばぜひ利用したいですね。
鉄道マニアではないのでいまいち全容をつかみかねていますが、みどりの窓口で聞いてみましょう。(親切丁寧なんですよ、熊本駅)


そして本日の最終目的地である人吉へ。
ここは一昨年父と来て、人吉城趾を一周しました。あの頃はまだどうにかこうにか頂上までいくことが出来ましたが、最近は足腰が弱ってきており、手前の広場までの散策のみ。まあ、94歳ですから上等でしょう。




ここへ来てようやくお花見が出来た感じです。五分咲きですけどね。
今日は暑いくらいの陽気で風もなかったのでとても気持ちの良いお花見となりました。それにしても球磨川と桜と石垣、最高の取り合わせです。
先週の名護屋城に続き石垣マニアの私としても大満足の小旅行でした。





と、ここまで良い調子で来て最後に食事をしようと、かねてから狙っていた上村うなぎ店に行ってみました。午後1時半だったのでなんとかいけるだろうと思い差し掛かったところ長蛇の列。さすがにこの暑いほどの陽気のなか、年寄りを並ばせるわけにもいかず、断念しました。
またいつかリベンジですね。
食事は宮原SAでラーメン。美味しかったんですが、うなぎの蒲焼きが脳裏にチラツイテww



最後に1枚

御立岬のモニュメントの周辺には化石の混じった石材が使われていました。
なかなか良い感じですね!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久々の新規開拓 | トップ | ついに決断! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。