遊びをせんとや生まれけん

キャンピングカーGTで車中泊したり温泉巡りしています。

新緑の中を

2017-04-25 19:11:58 | 旅行
今日の休日も例により父と二人で出掛けました。天気は良好です。
父はどうも以前に行ったことのある場所にもう一度行ってみたいようで、色々説明してくれるのですが、話がかなり断片的なうえ不正確でもあるので、場所を特定するのが難しいのです。


今回も、安心院の醸造のなんとかや宇佐は海辺で旨い魚があるとしか言わないので、周辺も含め探した結果、耶馬溪見学、宇佐で海鮮料理、安心院の葡萄酒工房でお買い物というルートをひねり出しましたが、果たして昔の思いでとクロスオーバーするのでしょうか!
まあ、私としては見頃の新緑の中を快走出来れば良いかな位の気持ちです。


ルート設定で最も頭を悩ませたのは耶馬溪です。耶馬溪は1ヶ所だけではなく、本耶馬溪、深耶馬溪、裏耶馬溪等あちこちにあり、どこがイメージ通りか、どの順序で回ったら良いかすぐにはわかりませんでした。


結局決まったルートは
R57で大津→県道339、R212で小国→R387で玖珠→県道28で深耶馬溪→R212で本耶馬溪→R212、R10で宇佐
というもので、その後は状況次第で。


やはりこの季節、街中でなく標高がある程度あれば素晴らしい新緑が見られました。
紅葉は見事ではありますが、やはりある程度限られたところでしか見られないのにたいして、新緑は至るところで見られます。
どちらが良いということは言えませんが、ボリュームの点では新緑かなと。
娘にこの季節ならではの名前をつけた私としては、とても嬉しい1日となりました。


やがて深耶馬溪に到着です。






写真の一目八景も見事でしたが、手前の渓流沿いの道から見える岩山が奇妙な形でそそりたち思わず歓声をあげるほどでした。
ここの新緑も良かったのですが、もみじなどが多く見られたので紅葉の季節は素晴らしいだろうと思われ、秋に再び訪れることに決めました。ただ、人出も凄いだろうから早朝に着くように出掛けないといけないかな?
ただし一目八景は昨年の7月に起きた崖崩れで巨岩がいくつも川に転がり落ち、崖も無惨な様子になっているところがあり残念でした。大雨によるとのことですが地震との複合的な災害かもしれません。


途中の耶馬溪ダム湖




先週の夕日の里大橋に続き目も眩むシリーズ第2段!
これで水が濁ってなければもっと盛り上がったのにと、ちょっと残念でした。
でもなりゾクゾクしましたよ。


本耶馬溪、青の洞門とその手前の石橋








今回も石橋と遭遇。結構あるもんですね!
調べてみると大正9年完成とありますので、父より3年先輩ということになります。
いずれ石橋や城跡や古墳等を訪ね歩く旅をしたいと思っています。


昼前になったので宇佐にある魚料理の食べられる店に向かいます。
色々調べてもそれほどヒットしなかったのですが、そのなかでも感じの良さそうなお店を選んでおきました。
魚処丸萬さんです。
ランチを頼みました。1人2,000円+税。




最初に出たお造りはカンパチ、つぶ貝、マコガレイ等でした。
カンパチは特有のコリコリ感だけでなく上品な甘味が感じられ、これを食べただけでここは良い店かもと思いました。
そしてなんといってもマコガレイ。日出の名物である城下カレイはマコガレイで、中居さんによると今が旬とのことでした。
エンガワ一切れ、切り身小二切れですが、甘味も脂もあり大満足です。



次は父がアサリの蒸したもの、私がマダイの兜煮。
タイは頭半分ですが、天然物で脂がよく乗ってました。サクラダイでしょうかね?
もちろん臭みもなく隅々まで食べることが出来ました。
この後茶碗蒸し、ご飯、デザート、コーヒーと続きます。


その他出されたものは皆美味しく頂くことが出来ました。茶碗蒸しは味が薄く感じられましたが、これは普段食べているものが濃すぎるせいなのかもしれません。
あと、足の弱い父のために小さい椅子や高さ調整のためのお膳を用意していただき助かりました。中居さんもとても優しく、居心地が良かったです。
今まで仕出しをする料理屋はたいしたことないという偏見を持っていましたが、今日をもってその考えは撤回です。


次は安心院の葡萄酒工房ですが、確認したところなんと今日は休み!
残念ながら次回のお楽しみとしました。


この後、海を見たいというので、国東半島の真玉で潮干狩り風景を眺めた後、高速道で玖珠まで戻り、あとは来たときと同じ様にミルクロードを経由して帰宅しました。
途中で大分道は由布岳の側を通りますが、この時が一番嬉しそうに見えました。
若い頃登ったことがあるらしく、結局過去とクロスオーバーしたのはこの時だけでしたが、新緑や奇岩やグルメなどそれなりに充実した小旅行に満足したようでした。
次はどこに行きたいと言い出すでしょうか?GWになるので行き先は限られてしまいますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月例会追記 | トップ | 初の霧島ルート探索 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事