遊びをせんとや生まれけん

キャンピングカーGTで車中泊したり温泉巡りしています。

まだ新緑が

2017-05-16 20:02:08 | 旅行
さて、休日の今日、いつものごとく父と二人で飯田高原(はんだこうげん)辺りに行くか!ということになり、朝9時頃家を出ました。
これまたいつものセブンイレブンで父はサンドイッチと午後の紅茶、私はおにぎりとほうじ茶とチキンサラダを買い込み出発。
父はたぶん遠足気分なんだと思います。


目指すは瀬の本高原ですが、今日は少し違ったルートを組み込んでみました。
瀬の本方面へはミルクロード→やまなみハイウェイ若しくはミルクロード→R212→R442ですが、R212から蕎麦街道の先で分かれて県道41→県道317で黒川温泉→R442を通り、途中の満願寺温泉などを偵察しつつ(これが目的)行ってみようかと。


一応県道と名がついていたので普通の2車線だろうと思っていましたが、317の方はかなりな隘路で、すれ違いも困難な状況でした。
九州の人はすれ違いのことを離合と言うようですが、全国的には通じないような気がします。通じないと言えば広島の「たう」もまず無理ですね。
方言は文化なのでいつまでも残ってほしいと思ってますが。


満願寺温泉で有名なのは道沿いの小さな川にある露天風呂ですね。
先日キャン友のAさんが訪れていましたが、その時のブログを見た感じではもう少し大きなものだと思っていました。

Aさんすみません、拝借しましたm(__)m
あまりに小さいため危うく通りすぎるところでした。
満願寺温泉は黒川温泉と違って昔の湯治場の雰囲気を色濃く残す魅力的な場所で、今後機会を見つけて是非訪れたいと思いました。
また、少し道を間違えたお陰でチェックしていた華匠庵も発見でき結果オーライでしたね。


ところで今日は朝からどんよりとした曇り空でしたが、なぜか阿蘇、久住、祖母など周囲の山々が驚くほどクリアーに見えました。
いつもよりずっと近くに見えたので、まるで鳥瞰図を眺めている感じです。





瀬の本高原からは豊後中村へ続く県道40号で長者原へ。
この道は木々が覆い被さってまるでトンネルのようになり、紅葉や新緑の時期は見応えがあります。
途中には八丁原の地熱発電所やスキー場、筋湯温泉などもあり、見ごたえのあるルートになっています。
標高が高いので(スキー場辺りで1,154m)今が新緑の見頃となっています。






長者原でコーヒーブレイク。
三俣山が間近に見えなかなかの迫力です。
これでコーヒーがもう少し美味しければ言うことないんですけどねえ🎵


昼も近いので牧ノ戸峠を越えていつもの八菜屋さんへ行きます。




牧ノ戸峠下りからみた大パノラマ。何十回も来ていますが今日がベストです。
それはさておき、毎度のことながら食事の写真がありません。撮ろうと思いつつ、出てくると我を忘れて食いつくので写真がないんですね。
意地汚いとはこの事です。
因みに今日は父が高菜飯定食、私が桜蕎麦定食でした。
高菜飯には山椒の実が混ぜられており、香り高く美味しかったです。


地震の被害が残っているところもまだあります。


今日は思わぬ新緑や眺望が楽しめ、更に新ルートの開拓もできて充実したおでかけとなりました。
このような半日で行って帰ることができる観光ルートが数多くあるところが熊本の良いところではないかと思って居ます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七城温泉ドーム | トップ | 宮苑(みやぞの)温泉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。