shiman0のおっさん日記

バイクと自転車に関する記事
日常の出来事

最近は記事が長くなり過ぎている気がします…

氷点下だと

2016年12月31日 16時19分25秒 | バイク(自動二輪)
もう12月31日です。
今年もあっという間でした。

一年を振り返ってみると、カーブでコケてバイクが大破しかけたり…
あ、酷い出来事はそれだけですね。
幸い無傷だったので今も元気に乗れていますけれど、対向車がいたり打ち所が悪かったら大怪我していたでしょう。


今更言うことではないですが、やはりバイクというのは周りの状況によっては安全でない面があります。

つい先日ですが、数名ですこし山手のダムの方を目指して出かけました。
その日の朝の最低気温は市街地で-1℃くらいでした。
行こうとする山の方はもっと気温が低いのは予想がつきます。

目的地に近づくにつれ、霜が降りて凍結している可能性が高くなってきました。
時々止まって凍結の有無を確認ながらゆっくり走行していたのですが、少し進んだ橋に差し掛かったところで先頭の人が止まりました。

「お?凍っているか」と思って私も止まってみると、ついた足がツルツル滑るんです。
そこでやっと事態を把握しました。
橋の上全体に薄く氷が張っている状態で、しばらく身動きが取れませんでした。

こけないように恐る恐るバイクを路肩に寄せました。


幸い誰も転倒しませんでしたけど、私一人だけだったらもっとスピードを出して橋に突っ込んでいたでしょう。
そしてツルッと滑ってガシャーン
という最悪の事態になっていたかもしれません。

というか私一人ならこの時期の早朝に山の方へは行きませんけど…


正しい判断ができたなら、もうこの時期で、市街地でも氷点下になるような時に山の方へ行くのを避けるべきでした。
ただ、私も凍結路面の経験がほぼ無いものですから、どれほど凍るものなのか予想がつかず、それほど山奥ではないので多分大丈夫だろうと思って行ってしまったわけです。


いや~、良い勉強になりました。
やはり氷点下の時にバイクで走るもんじゃないですね。
橋の上って怖いです。

この経験を生かして、今後は冬で凍結しそうな日に山の方へは行きません。
山でなくても、市街地の橋の上等で凍結する恐れがあるので、氷点下の気温の時は極力出かけないようにします。
ジャンル:
運転・道路
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最大の防寒を考える | トップ | バンパー模索 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バイク(自動二輪)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。