青い鳥の世界へ

人として厳しい中で生きていかなければならない中、少しでも良い世界になったら。そして、より明るく、清らかに、暖かく。

「柔」の歌

2014年06月30日 | 政治

集団的自衛権、あす閣議決定 官房長官表明(朝日新聞) - goo ニュース

故美空ひばりの定番の歌、「柔」には、こんな文句がある。

「勝つと思うな 思えば負けよ」
「負けて元々 この胸の」

更にその後には、

「馬鹿を相手の 時じゃない」

----------------------------------------------------------
人間がどんなに勝とうとしても、それが実ることは無い。
栄耀栄華を極めた平氏も滅んだし、それを滅ぼした源氏も滅び、室町幕府も滅び、織田信長は自決している。関白秀吉の豊臣家も徳川家も滅び、神国の天皇も国の象徴になっている。
大英帝国も植民地を放棄してしまい、中央アジアを占領したジンギスカンの蒙古も、見る影もない。
どんなに勝とうとしても、勝つことはできない。

「負ける」ことが元もとになる。
それなのに、安倍政権は憲法解釈変更して集団的自衛権行使して、勝ち馬に乗ろうとしている。それは北朝鮮のミサイル発射や、中国の領海や領空侵入に対してのものというが、そんなものは馬鹿がする事。
今は「馬鹿」を相手にしている時ではない。

韓国の何ていう人だったか忘れたが、彼は、

「韓国が日本軍に侵攻されたのは、神の思し召し」

とか言っていた。
それは我が国が戦争に突き進んだのも、当時の政府関係者にしてみれば「神の思し召し」という事になる。
そしてそれは、その結果全国各地が爆撃され、2発の原爆が投下されたのも、「神の思し召し」という事になる。
更には自然災害で命を落とすのも「神の思し召し」。それを裁判にかけて賠償させるというのには、バカバカしくなる。

「勝つ」ことのみが、道ではない。
「負けるのが元々」と知ることに、人間らしさが出てくる。

http://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/ASG6Z3VPPG6ZUTFK002.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月29日(日)のつぶやき

2014年06月30日 | 宗教観
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もはや国民主権は存在しない

2014年06月29日 | 政治

公明執行部、地方に理解促す=慎重意見相次ぐ―集団的自衛権行使(時事通信) - goo ニュース

もはやこの国には、国民主権が存在しなくなっている。
存在しないどころか、奪い取られている。
国民の主権を守るために「憲法解釈変更」して「集団的自衛権行使」するというけれども、米国の言いなりになり、振り回されていくだけで、何の主権も無くなる。
米国に尻尾を振って、「主権」という与党の小賢しさ。

http://news.goo.ne.jp/article/jiji/politics/jiji-140628X128.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月28日(土)のつぶやき

2014年06月29日 | 宗教観

合区案「鳥取県民として反対」=石破自民幹事長(時事通信) - goo ニュース news.goo.ne.jp/article/jiji/p…この言葉は、他の県民を小馬鹿にしコケにしている。「国民として・・・・・」というべき。


公明執行部、地方に理解促す=慎重意見相次ぐ―集団的自衛権行使(時事通信) - goo ニュース news.goo.ne.jp/article/jiji/p…変わらないのなら、こんなもの容認する必要が無い。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慎重な意見とは

2014年06月28日 | 政治

自民党の高村副総裁「日本人なら勉強しろ」(産経新聞) - goo ニュース

慎重な意見とするならば、「一票の格差」是正がなされた後の総選挙後での審理意見があってこそ言える。それもせずに放ったらかしにしておいて、憲法解釈ばかりに構っていたのでは慎重審理にはならない。
更に憲法解釈変更して集団的自衛権行使容認に挙げてい国民の主権を守るため」というにしても、今の社会では人の命が簡単に奪われていく。幼い子供まてもがいじめや虐待に遭い、命を落としている。
彼らにも「主権」がある。
こういう彼らの「主権」を守ろうとしないでいて、どうして国の主権が守られる。

ただ守るのは、安倍首相やその取り巻きたちの「主権」だけが守られる。
国民の立場に立つよう「勉強」しろ。

http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/snk20140628506.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月27日(金)のつぶやき

2014年06月28日 | 宗教観

水森かおり、結婚に焦り?「もうだれでもいいです」(サンケイスポーツ) - goo ニュース news.goo.ne.jp/article/sanspo…社会の片隅で゛、ひっそりと頑張っている人こそ、似つかわしい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

敗戦の切実性

2014年06月27日 | 政治

下村文科相「9条は無責任」 著書で批判、胃切除も告白(朝日新聞) - goo ニュース

この人には、戦争して敗戦すると、主権を失うという切実性が無い。
この時に連合国は、敗戦の最中にある我が国に主権を与えようとして、現憲法を示した。それによって今日の我が国は、主権国家として存在している。
それを「無責任」というこの人たちや、安倍晋三という人間をこそ、まったく無責任な人たちである。

http://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/ASG6W5JDRG6WUTFK008.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月26日(木)のつぶやき

2014年06月27日 | 宗教観
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これの方向性はなし

2014年06月26日 | 社会

「脱原発」全て否決=東電、汚染水漏れ陳謝―電力9社株主総会(時事通信) - goo ニュース

脱原発を否決し、再稼働にまっしぐらになっているが、再稼働して発生する使用済み核燃料の始末も、処分目当てもないまま、再稼動したとて先が無くなる。
これが電力業界の実態であり、且つ安倍政権の実像である。

http://news.goo.ne.jp/article/jiji/business/jiji-140626X834.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彼岸と此岸    続

2014年06月26日 | 宗教観

彼岸の事を、「極楽浄土」とも「天国」とも言う。
一方の此岸の事を、「娑婆」という。
前述のように、この彼岸の世界と此岸の世界とは次元の異なる世界にある。
では、どのように異なっているのだろうか。

此岸からは彼岸の世界が見えないということは、此岸的見方をすれば見えないというみことになる。そうなると、見方を変える必要がある。
であるだけでなく、此岸的見方には、正しさが無いという事に気が付かなければならなくなる。

結論を言うと、彼岸と此岸との世界は、逆になっている。逆様になっている。
それは此岸の世界での言い分は、彼岸の世界では通用しない事を意味している。
例えば我々が望んで止まない「幸せ」についても、我々が期待する幸せの姿が彼岸では正しいものとはされない。むしろ此岸での望む幸せは、彼岸においては不幸を意味するものとなる。よって此岸的な幸せは、彼岸の世界においては存在できなくなる。
そうなると、我々が望むような幸せが彼岸において幸せとなるのではなく、その反対に此岸において不幸といえるものが、彼岸の世界においては大きなな幸せになっていく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加