青い鳥の世界へ

人として厳しい中で生きていかなければならない中、少しでも良い世界になったら。そして、より明るく、清らかに、暖かく。

異次元へでも行きなさい

2011年05月31日 | 社会
君が代訴訟、起立命じる職務命令「合憲」 最高裁初判断(朝日新聞) - goo ニュース

まるで「口が物を言うのがいや、目が見えるのがいや、耳が聞こえるのがいや、歩けるのが嫌」なんて言っているような事で、訴訟沙汰を起こし争っている。
そんな我が儘な事を通したいなら、宇宙のどこかの星で通しなさい。

いや、異次元に行って通したらいいですな。

けったいな事ばかり、していなはる。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

イチかバチかのミサイル攻撃

2011年05月31日 | 政治
海水注水の継続 首相「正しかった」 所長判断を支持(朝日新聞) - goo ニュース

二か月以上になんなんとするのに、福島第一原発収束のがおぼつかない。いたづらに日数と費用と人的疲労に被害が出るようになっている。
ここで一発、「イチかバチか」の賭け、勝負に出るより他は無いのではあるまいか。

だが、それが成功し、収束できるという保証はない。
私も専門家ではない、ずぶの素人だし。
それに未曾有の事態だし、過去に例を見ないし、経験もない事だからである。
かと言って、被害を出したりして時間を浪費して手をこまねいている訳にもいかないから、やってみるのも一つの選択肢だろう。
こうした方法は、丁度油田の火災に際し、爆薬を爆発させて消火させる手段と似ている。

「イチかバチかの賭け、勝負」とは、事故を起こしている福島第一原発に、自衛隊によって「ミサイル」をぶち込むのである。
「防衛」とは、他方からの攻撃や侵略に対するものばかりでは、有るまい。事故を起こして放射能を制御できないものからも、防衛しなければならないのも「防衛」といえるだろう。

この「ミサイル攻撃」によって、事故を起こした原発が、それ程放射能を発散せずに粉々になって地中深く埋没してくれたならと思うが、どうなるやら。

だが今のこの国には、かって北朝鮮のミサイル発射時に、「敵基地攻撃だ、核武装だ」などと勇ましい事を言っていた元首相なんかがいたが、こういう「イチかバチか」の賭けや勝負に出るほどの器量ある人物はいるだろうか。
いるどころか、こういう非常事態という時に、「倒閣」とか、「金儲けのチャンス」などと言っている輩が多い。

どっちがいいのだろう。
すべからく、事故原発が廃炉し埋没した方がいいのか。
それとも、だらだらとこのまま、放射能汚染や作業員たちの犠牲を重ねさせていった方がいいのか。

イチかバチか」の賭けと勝負の時やね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一緒や

2011年05月31日 | 社会
推進軸の脱落、過去にも全国で相次いでいた(読売新聞) - goo ニュース

原発事故とと一緒。
いよいよ「文明の利器」は、逆の方に牙を剥き始めた。

ま、「優秀な」という科学技術というものも、こんなものだ。
恐れを知らずに、慢心だらけになって突き進むと、これからもこういう事が次々と起こってくる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全て許可

2011年05月30日 | 社会
死刑囚撮影、誠に遺憾…フライデーに法務省抗議(読売新聞) - goo ニュース


こういう事を掲載するものであるならば、フライデーに関するいかなる秘匿行為であろうと、ニュース価値があるものとして公開できるものとして許可できる。
それは不正行為でも、不法行為でも無いもという事になる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いい気なもの

2011年05月29日 | 社会
首都圏発、南三陸町バスツアー 復興イベントで買い物も(朝日新聞) - goo ニュース

楽をして被災地へ行って、楽をしながら被災地を見て、楽をしながら買い物をして復興支援なんだって。
何んともいい気なもの。

お里が知れるし、お国柄も知れますな。

困難な中で、苦労しながら支援作業をしている人たちを、虚仮にしているみたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今頃言ったって

2011年05月28日 | 政治
「原発の安全性発信は過ちだった」 小泉元首相、講演で(朝日新聞) - goo ニュース

原発推進をあおってきておいて、今頃になってこんな事を言っても、廃炉費用などどでかい代償を支払わなければならない。
これまで自分たちは、さんざん潤ってきたから良いけれど、庶民は消費税増税などで青息吐息になる。
今も、「復興法案」などが中々まとまらない分、国会経費がかかるのにかこつけ、自分たちの懐もあったまったいいなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

短歌 266.

2011年05月28日 | 短歌

    命持ち 楽や楽しむ 道嫌い
    辛さ苦しさに 嬉し楽しみ       
2011/5/28

苦節堪忍の中に得たものにこそ、何にも勝る嬉しさと楽しみとがあり得る。
それは「楽や楽しみ」のためにでも無く、また得るためにでも無いものである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裏切り

2011年05月28日 | 政治
リニア中央新幹線、国交相がJR東海に建設指示(読売新聞) - goo ニュース

こうした事のために、「消費税増税、震災被災地復興遅滞、放射能汚染対策遅滞、少子高齢化対策
在」などで国民にしわ寄せを与える。
裏切った行為を、している。

これ程の巨額の建設資金があるなら、別の方途に回すべきもの。
それが「政治」だろうに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五輪開崔しても、電気使うの禁止

2011年05月27日 | 社会
石原知事、五輪招致再挑戦に前向き発言(読売新聞) - goo ニュース

五輪開催するには、電気使用を禁止することを条件とする。

五輪が開催したは、節電どころか、停電が日常化したらたまらん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

短歌 265.

2011年05月27日 | 短歌

    命受け 生を背負うた 寄る辺身が
    人が人がと 人を頼りに    2011/5/27

自燈明、法燈明。自帰依、法帰依。
命を授けられたものには、自分しか頼るものはいないのに、他のものを頼み、当てにし、寄り掛ろうとする。


だがいつまでも頼りに出来ず、いつかは自分を当てにしないではいられなくなる。


しかし万能ではないこの身、至らぬところは他のものに力や助けを頼み、それを丁寧に慎んで頂くばかり。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加