青い鳥の世界へ

人として厳しい中で生きていかなければならない中、少しでも良い世界になったら。そして、より明るく、清らかに、暖かく。

短歌 223.

2011年02月27日 | 短歌
★ 正義故 その正義故に 人泣かす
     雨風にさらす 春待つこずえ  2011/2/27

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また人気で、やり繰りする

2011年02月27日 | 政治
小沢系と河村市長が急接近…執行部、連携認めず(読売新聞) - goo ニュース

かってのタレント候補が、わんさか立候補したように、これからもまた「人気取り」当てにして立候補しようとしている。

「二匹目のドジョウ」みたいに言うけれど、それでこの国のためになるか、知らん。

ま、選挙違反が、タンと出るのが、落ちでしょ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野の花は、そっと野に置け (下)

2011年02月26日 | 政治
予算関連法案先送り「総辞職に値する」石原氏(読売新聞) - goo ニュース


「野の花」を、あっちへ持っていったり、こっちへ持っていたっりした末に、「先送り」とくる。そうすると、自分たちの事は「棚に上げ」て、「やいの、やいの」とやる。

家と言うと、自分たちの都合で海外へいったものに政府専用機を使って救助に当たらせる。
しかれども、どうにもこうにもならなくなって自殺していく人たちや、罪科も無いのに児童虐待に児童ポルノに弄ばされる者には、政府専用機どころか自衛隊も役に立たない。

「野の花は、そっと野に置け」そのままの、他所みをしないでちゃんと足を付け根下ろしている事に、そこに人の生き甲斐を見つけだすことができるなら、都市化一極集長的な人口集中は崩れ、過疎地にも人の笑顔が戻るだろう。
コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

短歌 222.

2011年02月25日 | 短歌
★ 雨後の 暗さの中を ディ行けば
        もやには煙る 間近な山は     2011/2/25

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不純異性交遊しとりました

2011年02月24日 | 政治
野田聖子氏が婚姻届提出(時事通信) - goo ニュース

国会議員という、国民に奉仕すべき奉職にあり、且つ手本にならなければならない身でありながら、結婚しないままに婚前交渉を続けて妊娠して、やっと婚姻届するとは。

まるで「不住異性交遊しとりまして、妊娠しましたから結婚します」というようなもの。

これで済ましこんで、議員さんや世の中のの手本足らんとすべし、か。

これでは「児童ポルノ」などの摘発が、増加するのも、あにしからんや・・・・・。

こんな具合の人が、政界にタンといるのでは、ね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野の花は、そっと野に置け (上)

2011年02月24日 | 社会
NZ地震 「無事」わずか1割強 進まぬ日本人の安全確認(産経新聞) - goo ニュース

国際化とか、グローバル化とか言って、兎角出しゃばると、こんなことになって泡を食う。

山登り、釣り、海外旅行、企業の海外進出等、「出る杭は打たれる」ことになる。

「そーっと」と、「野に咲く花は」、「野に置く」のが慎ましく望ましいように、人間も慎ましやかにしておれば、こんなに痛ましさが増すことにはならないだろうに・・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

短歌 221.

2011年02月23日 | 短歌
★ 如月も 後は五日で 月変わる
      田の雪溶けて 注ぐ陽射しは     2011/2/23

   このところよい天気が続き、今日などは二月としては、とても暖かい日・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本当に合理性が無い

2011年02月22日 | 政治
小沢氏の党員資格停止=処分決定に反発強まる―民主(時事通信) - goo ニュース

本当に小沢を思うなら、疑惑を持たれている不透明な資金管理団体の資金について、さっさと話してしまうようにさせるのが、小沢の取り巻きとして合理的な行動である。

ところが、そういう事をしない。
ただ「処分に反発」とか「離党する」とか言って、原点から避けているような事ばかりしているから、党内だけでなく国会まで混乱し、国民感情まで政治離れを起こしてしまっている。

本当に小沢を思うなら、こんな合理性の無いことしていないで、さっさと「証人喚問」の席に着くよう、首に鈴を付けてやりなさい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前例や例が無いなんて

2011年02月22日 | 政治
党員資格停止に異議=「合理的理由ない」―民主倫理委に弁明―小沢氏(時事通信) - goo ニュース

変なこと言うおっさんやな、この人。
人が生きるという事や人生に、前例や例があるかいな。

「人跡未踏に前人未到」が、人の生きる先にあり、人生の先にある。

ところがこの人、「多中角栄や金丸信」の生き方を腐臭するといった「コピー機械」でいれば、いいと思っているらしい。

人は皆、闇の中に手探りで行くべき道を見つけ出そうともがいているのに、この人なんか出所の判らない資金(献金らしい)などを懐に、のうのうとして「前例がない、例がない」とノタモウていられる。

いい年をして、人の後筋をたどっていればいいものではない。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

解散でなく、崩壊

2011年02月22日 | 政治
首相、一体改革「やり遂げる」=小沢氏「近々解散」―進退めぐり駆け引き・民主(時事通信) - goo ニュース

これはもう、解散如きことに留まらない。

この行く先は、国の崩壊になる。

いい加減に、我が儘ばっかり言ったり、ごねたり、自分勝手なことばっかり言ったりしていないで、裸に為れよ。

「金、権力や権威、地位」など、そうした欲望のしがらみにしがみ付いていると、何もかもが崩壊していく。

:現に、移住地域の中が、だんだん無人化していっている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加