青い鳥の世界へ

人として厳しい中で生きていかなければならない中、少しでも良い世界になったら。そして、より明るく、清らかに、暖かく。

名称詐欺

2010年08月31日 | 政治
会談物別れ…小沢氏が代表選出馬を改めて表明(読売新聞) - goo ニュース

「大勢の皆さんにご推挙いただき、出馬する決意をした」と考えを改めて表明した。

と言うけれど、その「大勢」の中には、私は入っていない。
推挙なんぞ、していないのだからね。
勝手に「している」ように取り扱うのは、「名称詐欺」みたいなものだ。

これは鳩山前首相が、「この人のお陰で首相になれた」などと言っているが、鳩山前首相が首相になれたのは、一重に「国民のお陰」であることを忘れている。

何だかんだと言って、勝手に「名称詐欺」している。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

因果は廻る

2010年08月31日 | 人生設計
肉親が亡くなってもそのままにしておいて、届け出もせず、埋葬もせず、亡くなられた方の振り込まれた年金を着服している。
かと思うと幼児児童虐待、児童ポルノ、児童買春らと、後を絶たない。
一方の世上ではきらびやかな半面、悲惨な事件が相次ぐし、いい年をしたものが欲得に狂って「切った張った」に明け暮れている。
そして争い、戦争も絶え間なく、この国も戦備に勤しんでいる。

こうした中で、多くの人々が泣き、嘆き、悲しみ、悲惨さを恨み呪っている。
しかし、いくら「恨み、呪って」いても、その元を糺さないことには、因果が巡っていく。

元々こうした「悲惨さ」を産み、「恨み、呪う」べきもの発端となった原因は、我々が「因縁果報」の理に気付かず、身勝手に、自分勝手に自己本位になっていたからにある。これが発端となり、四方八方へと拡散していくこととなった。
それもただ四方八方へと拡大していっただけでなく、「親の因果が子に報い」と言われるように、代から代へと伝えられていくことともなっている。

「因果が巡る」という「因縁果報」の在り方には、二つの形がある。
一つは「善因善果」という形で、「良い因を持てば、よい結果をもたらす」という形。
今一つは「悪因悪果」という形で、「悪い因を持てば、悪い結果をもたらす」というものである。
この「因縁果報」の理を、覆すことはできない。

しかし「善因」を絶ち、「悪因」することはできる。
同じように「悪因」を絶ち、「善因」に衣替えしてしまう事はできる。
我々が今日のような悲惨な世の中から、明るい世の中にしようと思うなら、その元となる「悪因」を絶ち、明るい世の中にするための「善因」にしていく必要がある。

我々が明るい世の中にしようと思うなら、その「善因」とすべきものを、「身勝手な、自分勝手な、自己本位になることを絶つと言う事、それは「豊かで、楽しく、楽(快適、便利)にならなければならないという思いを放棄することを意味する。
何故なら、そうした思いが「不平不満、不服、不足」といった感情を引き出し、他との軋轢となり、双方ともに平安ではいられなくなるからである。それは「因果を廻らせる」元となる。
「自分から人」へ、親から子」へと、際限もなしに続けらる事になる。
その際限もなく続けられそうになる緒を、断ち切らなければならない。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

爆風と消える

2010年08月30日 | 政治
追加経済対策、閣僚委で午後決定へ 首相が前倒し表明(朝日新聞) - goo ニュース


昨日、こういうことが行われた。

 陸上自衛隊による実弾射撃演習「富士総合火力演習」が29日午前、静岡・東富士演習場で行われ、一般公開された。

この演習で使用した弾薬の費用は、およそ三億五千万と言われる。それに車両や航空機の燃料代も入れると、五億円くらいになるだろう。
それらが、二、三時間のうちに「爆風」と共に煙のごとくなって消えていった。

ちなみに、この防衛関係費は、年間確か五兆円を下らない税金が使われている。
よう、そんなに「爆風」と共に煙のように吹き飛ばしてしまうほど金がある。
国の借金だけでも、間もなく一千兆円になろうとするのに、我が家の家計も見たことが無いものに、国家の家計など見られるはずがなかろうに・・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

短歌 140,

2010年08月29日 | 短歌
★ 身内人 見送る中に 待つ身には
                 手を合わせつつ 慾得も無く
                       2010/8/29
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

短歌 139,

2010年08月29日 | 短歌

★ 父ならば 皆を導く 道示し
      母親ならば まとめ包みて    2010/8/29

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

傲慢が募り

2010年08月29日 | 社会
「102歳」の五女逮捕 100歳祝い金詐取容疑 福島(朝日新聞) - goo ニュース

「官房機密費」だの、「政務調査費」だの、更には「タクシー代、今日歳費」、そして「海外視察費」などなどタンといただいてはいても、足元のこんなことには何の調査にも時間もかけていない。

それで税金で傲慢にも丸々太るし、一方ではこんな詐欺みたいなことで、こっちの方でもまた税金などを引っ手繰られる。

国民は、弱り目に祟り目。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

要するに

2010年08月28日 | 政治
日本経済のゆくえ 日銀が国債を買えば問題は解決する? 財政の仕組みと財政赤字の考え方の基本を学ぶ(2)(日経ビジネスオンライン) - goo ニュース

要するに「政府も、政治も、日銀も」みんな国民によって、支えられているということを認識しなくてはならないということ。
それが、手前勝手にできるという、てんでバラバラな身勝手な思いでいるから、何もかもが狂いだし、この先の方向性も見えなくなる。

身勝手な我欲を捨てなければ、行き詰まることになる。
これは、地球世界も同じ・・・・・。
科学技術では、解決できない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無茶苦茶で、馬鹿馬鹿しい

2010年08月28日 | 社会
踏み板の下、薄暗い空間 厳粛さ漂う死刑の刑場(朝日新聞) - goo ニュース


無茶苦茶で、馬鹿馬鹿しいみたい。

人には情報公開せよと言いながら、自分の方は個人情報による守秘義務の何のと言って情報公開しない。
情報公開するのが表現の自由なのか、それとも個人情報による守秘義務を盾に情報公開しないのが表現の自由なのか。

守秘義務とか個人情報(プライバシー)とかを持つものは、その裏に何か怪しいものを抱えているからで、そんなものを持たないものは、泰平楽なものと言える。

いずれにせよ、無茶苦茶で、馬鹿馬鹿しいことだね。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

幼稚な頭脳

2010年08月28日 | 社会
死刑刑場公開 まだ開示すべき情報は多い(読売新聞) - goo ニュース

死刑執行の刑場公開云々は、児童ポルノや性描写、暴力描写などが「表現の自由」と同等に議論するという「幼稚な頭脳」しか持たない人間のすること。

それで我々が納付した税金で、たらふく飯食っている。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

事業仕訳

2010年08月27日 | 政治
首相がきょう経済対策の基本方針を発表へ=荒井担当相(トムソンロイター) - goo ニュース

経済対策もなにも・・・・・。

第一「政党助成金」などと、議員それぞれが給料や歳費をもらいながら、更にその上に党勢によって「助成金」を上乗せしてかっぱらおうとしていることに問題がある。

それも我々、スーパーで見切り品とか、慰藉通いも程々にし、育ち盛りの子供たちにも我慢させながら納税した税金を使ってだ。
経済対策が成功しても、肥えぶとるのは「政党助成金」ががっぽりもらえる政党ばかりで、こちとらには回ってくるまい。

こういう「政党助成金」なども「事業仕訳」してしまってからの話。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加