青い鳥の世界へ

人として厳しい中で生きていかなければならない中、少しでも良い世界になったら。そして、より明るく、清らかに、暖かく。

ユリの里

2017年06月13日 | 作詞

今日の午後、ディサービスでゆりの里へ行きました。

ゆりの里は、人出で賑わっています。その主な人々は、車いす。各地のディサービスからやってきていられるのですね。

それでこんな一首を・…・・・・・・・・・・・・

 

★  時来れば ユリは鮮やか 咲き匂う 人も歳得て それぞれ生きる    2017/6/13

世は年とともにある。年とともに、年を得ていく。

しかしこの年を得るにしても、そこに正しく美しき生き方をしてきた証を示していきたいものだ。

汚辱にまみれ、恨みを買い、自分の利得にあくせくとしているような、そういう生き方では生命を持ち頂いたものとして恥ずかしい。む

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« よく言えたものだ | トップ | 6月13日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL