青い鳥の世界へ

人として厳しい中で生きていかなければならない中、少しでも良い世界になったら。そして、より明るく、清らかに、暖かく。

圧力政権

2017年06月16日 | 政治

【速報中】首相「批判、真摯に受け止めたい」 加計問題

会うに立つ者の口から発したたった一言の言葉でも、下にいる者や部下にとっては、大きな重圧となる圧力が加えられる。
それ故に、上に立つものほど、言葉使いには気を付けにければならない。
天皇陛下はそれを良く知っていられるようで、陛下のお言葉には素直な胸の内を述べられる言葉に終始していられる。

安倍首相がよく使う「指示した」などという言葉には、重圧を加えるような圧力感が込められている。それでその言葉「指示」を何とか実現しようと躍起になってしまい、本当に「総理の意向」を受けたようになっている。

織田信長は、そうした指示や命令のようなものは、余り使わなかった気がする。
墨俣城建設にしても、「誰ぞやる者はおらぬか」と問いかけているし、朝倉攻めの時、妹婿の浅井勢が反逆してきた時、退却の時の後詰め、追っ手に対するしんがりも希望者を募っていて指示したりしてはいない。自発的な希望者にさせている。

それが安倍政権は、圧力の連続。
口では納得のいく説明責任を果たすと言いながら、時間切れ、決議動機、ルール無視などと、圧力三昧。
次の選挙では、今度はこちらの方がうんと圧力を加えることにしますか。
覚悟しときなさい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 堂々とヘイトスピーチ | トップ | 6月16日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL