青い鳥の世界へ

人として厳しい中で生きていかなければならない中、少しでも良い世界になったら。そして、より明るく、清らかに、暖かく。

弧を拉致(とら)れ

2016年10月15日 | 俳句と川柳

★ 子を拉致(とら)れ
   親が嘆くも
    アベノミクス    2016/10/15

新聞のコラム記事
 【越山若水】乳がんの手術を受けて間もなく父を亡くした失意の若い弟子を、作家の稲垣足穂はこう言って慰めたという。「神様に愛されたんやなあ」▼「読書で見つけたこころに効く『名言・名セリフ』」で、著者の岡崎武志さんが書いている。前段では横田早紀江さんに触れている。「一種の崇高さが備わる」と▼北朝鮮に拉致された長女のめぐみさんを取り戻すため40年近くも活動しているのは周知の通り。事件がなければ「普通のおばさんだった」のに道を曲げられた▼夫の滋さんとともに各地を講演に歩き、集会にも参加し、新聞やテレビの取材に応じた。ブッシュ米大統領と面談もした。しなくてよい経験だが、辛苦は図らずも人格を磨いた▼足穂の言葉は逆境にある人へのいたわりがこもる。とはいえ横田さん一家にとっては、不本意でもあるかもしれない。拉致は言うまでもなく理不尽極まりない他国の犯罪だから▼神様のなせる業ならまだしも、同じ人間がもたらした災厄は解決できるはずだ。両国関係がいかに複雑だろうと、全力を挙げて自国民を取り戻してこその国家でもある▼小浜市の地村保志、富貴恵さん夫妻ら被害者5人が帰国してあすで14年がたつ。北朝鮮の不実に怒り日本政府を叱咤(しった)し続けたのもむなしく、何も進展しない。滋さんは83歳になった。早紀江さんも80歳。家族たちの苦難に寄り添いたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相手が違う | トップ | 10月15日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL