青い鳥の世界へ

人として厳しい中で生きていかなければならない中、少しでも良い世界になったら。そして、より明るく、清らかに、暖かく。

腰抜け自衛隊

2016年12月13日 | 政治

駆け付け警護きょうから=対処能力は限定的、陸自PKO―南スーダン、治安悪化恐れ

稲田朋美防衛相は、南スーダンに派遣したPKO部隊は、銃撃戦が発生したら速やかに撤収するといっている。
これは逃げるということ。
たとえ邦人が危険にさらされていても、自衛隊員の生命を優先して、撤収して逃げ帰ろうというわけだ。
 これが安保法案の、意義するところとなっている。もし自衛隊に犠牲者が出た場合には、確か8000万円の慰問金をしゅつするとか言っており、一般邦人には当てはめられない。
ここまでくれば、安倍政権の弱腰ぶりがはっきりしてくる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月11日(日)のつぶやき | トップ | 12月13日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL