青い鳥の世界へ

人として厳しい中で生きていかなければならない中、少しでも良い世界になったら。そして、より明るく、清らかに、暖かく。

何故公式文書と

2016年10月18日 | 政治

自民、改憲草案撤回せず 「公的文書」で論議の土台に

自民党の改憲草案を公式文書と言っているが、いつ全体的総意でこのように公式文書化されたのだ。
単に自分たちだけでやったものを、公式文書と言っているに過ぎない。
公式という言葉は、公に使われるもの。
それを自分勝手にしようとするのは、官名詐欺と言わなければならない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 改憲草案の破棄が必要 | トップ | 10月18日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL