青い鳥の世界へ

人として厳しい中で生きていかなければならない中、少しでも良い世界になったら。そして、より明るく、清らかに、暖かく。

聞く耳は持たない

2017年08月16日 | 政治

臨時国会提出方針は堅持=改憲案、他党と協議も―自民副総裁

何のことはない。
聞く耳は持たない、ということだ。
「(公明や維新より)先に話していけないことはない。話しやすい人がいれば話す」と言っていて、話をしたくない人とは話をしようとしない訳で、それは国民とも真摯に本気になって話をしようという気がないことを意味している。
だから国民の反対意見には耳を傾けずに無視して、強行採決してしまっている。
今ここでそんなことを言っているのは、改憲案を強硬に推し進めるために、予防線を張っておいて突破を図るつもりになっいる。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すぐに取り組め | トップ | 8月16日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事