青い鳥の世界へ

人として厳しい中で生きていかなければならない中、少しでも良い世界になったら。そして、より明るく、清らかに、暖かく。

ぼんくら内閣

2016年10月12日 | 政治

不妊治療、仕事と両立へ制度創設…政府方針

安倍晋三という首相を含め、安倍内閣のぼんくらぶりには呆れる。
不妊治療できるようにすると言っても、この不妊治療に当たる産婦人科医が不足している。なり手がないからだ。
どうしてなり手がないかというと、政府方針はオリンピックでメダル獲得増加させるなどといったスポーツ振興策をとっているために、青少年はそちらの方に向いてしまっているからだ。

日本は、というよりも地球世界は、自然災害の多発にさらされている。この自然災害は、年を追うごとに強力になってきていて、そのための被害は甚大になってきている。
しかし人間のすること、政府などがすることは、発生規模調査とか被害調査などの事後のことばかりで、先手を打った対応をしてこないうでいる。
例えばこれらの災害によって多くの被災者が出ているが、これらの人たちは避難所生活を長く続けることを余儀なくされている。
これをもし、オリンピック施設などの建設に充てずに、先だって仮住宅建設に充てていれば、被災者の疲弊状態は防げることになる。
だがやっていることはこうしたオリンピック施設とかリニア新幹線などといったものに予算や人員を割り振り、災害への備えを疎かにしている。訓練していたって、何にもならない。
そこへもってきて安倍政権の自民党は、総裁任期延長などと、ぼんくらぶりと言ったら切りがない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 引っ込めている | トップ | 10月12日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL