青い鳥の世界へ

人として厳しい中で生きていかなければならない中、少しでも良い世界になったら。そして、より明るく、清らかに、暖かく。

不備なままの再稼働

2017年05月12日 | ニュース

高浜原発再稼働、関電姿勢に苦言も 京都の自治体

停止している原発の再稼働が、原子力規制員会の審査に合格して、次々に再稼働しようとしている。
しかし原子力規制員会の審査には、最も大切なことの審査が抜けている。

原発を稼働させると、必然的に使用済み核燃料が排出させる。また核廃棄物も、排出される。
だがこれらの処分法は確立されておらず、使用済み核燃料はプールに保存されていて満杯状態になるところまで来ている。
核廃棄物も、福島事故現場では、山積みされて雨さらしになっている。
こうした処分もしようとしない不備のままでは、なんのための規制員会やら。
尤もこれは、首相の安倍晋三譲り。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月11日(木)のつぶやき | トップ | 元を許していては »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL