青い鳥の世界へ

人として厳しい中で生きていかなければならない中、少しでも良い世界になったら。そして、より明るく、清らかに、暖かく。

敬老の日

2017年09月15日 | 短歌

★ 敬老の日 長生きするは 良きことか
     生きた証を 示さぬままに    2017/9/15

生きていても、高度医療を受けて長生きしているだけでは・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リンゴの歌

2017年08月15日 | 短歌

★   この年に 今また来れる 終戦の日
    誇りある日か 詫びにし日にか    2017/8/15

先の大戦について、悔やみを述べる人は多い。
その中には、誇る者もいる。
靖国神社に詣でて、英霊たちに対して尊崇の念を捧げるという。まるでそれは、お前たちを戦死させて、こうして英霊と奉ってやっているのだぞ、有り難いと思えといった驕りを見せている。

この戦争によって、国内ばかりか戦闘地域になった大陸、東南ア諸国、オセアニア諸国の人々の犠牲者を入れると、その数は1千万人にも上るだろう。
一旦争いになり戦争となると、多くの犠牲者を出さないではおけない。
故に我が国は、二度と戦争しないようにと「日本国憲法」を制定し、「戦争放棄」条項も加えてある。
それは戦争を起こし行ったことへの、悔やみとお詫びの思いを込めている。

敗戦によって焼け野原になった国土には、二度と戦争をしないと誓いつつと、再起に掛ける意を込めた、一つの歌が人々の中に流れわたっている。
しかしこの歌は、今日のようにアイドル歌手たちが「愛だの幸せだの」と歌うような歌ではない。言葉だけの口先だけのものではない。この人たちの歌の目的は、観客を集めてスポットライトを浴びること、CDやグッズの販売数に観客動員数や握手会などでのファンの多さをマスコミに発表してもらい目立たちタヌがろうとしている。
この歌はノーベル平和賞受賞者であるマララさんのように、戦乱の中で重傷を負い、生死の境をさまよったという実体験の上に立ち、人類平和を願い思う心を込めた歌である。
その歌とは「リンゴの歌」である。

https://www.youtube.com/watch?v=wKTY-WwzMp0

リンゴの歌

【作詞】サトウ ハチロー
【作曲】万城目 正

1.赤いリンゴに 口びるよせて
  だまってみている 青い空
  リンゴはなんにも 云わないけれど
  リンゴの気持ちは よくわかる
  リンゴ可愛や 可愛やリンゴ

2.あの娘よい子だ 気立のよい子
  リンゴによく似た 可愛い娘
  どなたがいったか うれしい噂
  軽いクシャミも とんで出る
  リンゴ可愛や 可愛やリンゴ

3.朝のあいさつ 夕べのわかれ
  愛しいリンゴに ささやけば
  言葉は出さずに 小くびをまげて
  明日もまたねと 夢みがお
  リンゴ可愛や 可愛やリンゴ

4.歌いましょうか リンゴの歌を
  二人で歌えば なおたのし
  皆で歌えば なおなおうれし
  リンゴの気持ちを 伝えよか
  リンゴ可愛や 可愛やリンゴ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頭を垂れる

2017年08月15日 | 短歌

★ ひたすらに 頭を垂れる 終戦の日
      身を守るより 平和目指して   2017/8/15

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素直なままに

2017年08月11日 | 短歌

米議員が国務長官に書簡「大統領の発言に強い懸念」

★ 齢得て あちこち痛む 身となるも
     素直に受けて 今を生き行く    2017/8/11

歳を取るとともに病を得、体の節々も痛むようになってきている。
しかしそれに反発しても、どう対抗しようとしても、地から及ばない。
だとしたら、このままを素直に受け入れて、有りのままに生きていくより外はない。

北朝鮮が核実験やミサイル発射していることで、国際社会は大騒ぎしている。
そしてその対抗処置として、制裁や圧力を加え宇としている。
対抗処置を講じて対応すると、どうなるか。
とめどもない争いあうことが、待ち受けている。
今度争いが、戦争が起きると、人類滅亡の道へと進んでいく。
そうなった時、我々はそれを甘んじて受けざるを得ない。
人類すべての責任だから。
そんな戦争にならないように、手を尽くさなかった責任があるから。
しかし国家の首脳の多くは、自己主張や自己本位になっており、そのために人類は滅亡となれば、みんなで責任を負わなければならなくなる。

何事も有りのままにして、素直なその思いのままに従っていく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絶滅危惧種

2017年08月06日 | 短歌

きょう72年 広島原爆の日 核兵器のない世界を

★ 今もなお 絶やすこと無き 核開発
     人を導く 絶滅危惧種へ     2017/8/6

核実験を行い核開発をし、核排脱をしていかないということは、人類を絶滅危惧種にしていこうとすることにある。
平家物語にあるように「栄えねもの久しからず」と、一つの種だけが繁栄することのないよう、自然の摂理として働いている。
これを「天敵が働く」という。
今人類は、自然世界の資源を奪い破壊して、自分たちだけの繁栄の世を築こうとしているが、それによって痛めつけられて自然環境や動植物世界は、今度は人間世界に対して「一人勝ちを許すまい」と天敵に回っている。
自然環境破壊によって、自然災害は気候変動や地球温暖化のもとに、威力を強化し、巨大化して天敵となって襲おうとしている。
そして人類は、人類同士の争いも伴って、絶滅危惧種化していく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心の食

2017年08月04日 | 短歌

★ 今の世は グルメグルメの 花盛り
    忘れ果て止む 心の食は     2017/8/4

★ 原爆を 非人道的と 批判すも
    戦争始めた 罪は逃れぬ     2017/8/4

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦争という非人道性

2017年08月03日 | 短歌

★ 原爆を 非人道的と 言いながら
     戦争するには 批判もせずに    2017/8/3

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全てのものが

2017年07月10日 | 短歌

★ 人生は 己がためは 何もなし
    全ての者の 良かれしがため   2017/7/10

己の人生だからと言って、自分の思い通りになるものは一つもない。
世に稀にもここに産まれ生きていくなら、自然にも動植物にも全人類に良かれし行いをして、この一生を遂げたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

業に

2017年07月09日 | 短歌

500人孤立、救助活動続く=発生72時間、懸命の捜索―死者18人、九州豪雨

★ 川あばれ 山動きにし 豪雨とは
     飽くなき欲を 求める業に   2017/7/9

経済成長、アベノミクスの成果などは、地球温暖化をまねき温室効果を造花させ、災害被害を増大させるの以外の何物でもない。
みんな人間の、飽くなき欲を求める豪にある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

光投げかけ

2017年07月07日 | 短歌

★七夕に 丸い月かな 小暑の日
    被災の人に 光投げかけ    2017/7/7

コメント
この記事をはてなブックマークに追加