青い鳥の世界へ

人として厳しい中で生きていかなければならない中、少しでも良い世界になったら。そして、より明るく、清らかに、暖かく。

9月23日(土)のつぶやき

2017年09月24日 | 国際
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最終回  教育と宗教

2017年09月23日 | 宗教観

「悪の帝国、火で制す」=反米総決起集会開く―北朝鮮

今日は秋分の日。また秋のお彼岸の、中日である。
この日には墓参りや墓参する人が沢山いられる。
だが私は、余りしない。時折家内に誘われていくというように、後ろ向きになっている。
更に家内からは、「少しも仏様に参らない、お仏壇に前らない」という始末になっている。
弁解めいているが、それにはこんな理由がある。

私は亡くなった両親や先祖とは、相対した関係でいたくはない。
相対した関係ではなく、亡くなった両親や先祖を胸の中に置いておいて、その胸の中の両親や先祖と向かい合っていたいと思う。
墓参りしての供養なら、その時だけの供養でしかないだろうが、胸の中でいつも向かい合い、鳴かせまい悲しませまいと自分の行いに気を付けていくならば、一秒一刻が供養になるのではと思う。

仏さまに参らないでいるのは何故かというと、私という人間は常に「目配り気配り」ばかりしているからだ。
何か手伝うことは、手助けするみことは、役に立つことはと気配り目配りばかりしている。そのために、仏さまにお参りするのが疎かになっている。
二つ同時にすればいいのだが、障碍者であるためか、それができない。
人はみんな仕事のことなどで帳付けしながら人と話をして応対しているが、私にはそうした器用なことができないため、一つのことしかできない。

では、仏さまに参ってだけして、後の家族のことも子供のことも何もしないでいいのだろうか。
それとも仏様に参らなくとも、家族や子供の面倒や相手になってやるべきだろうか。

これをもって「教育と宗教」の連載を終わります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月22日(金)のつぶやき

2017年09月23日 | 国際
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウサギと亀

2017年09月22日 | 国際

正恩氏、トランプ氏演説に反発「史上最高の超強硬措置」

日米韓の首脳と、北朝鮮のキム委員長との言葉の戦争は、段々行きつくところまで来ているようになっている。
そうしたことを見ていると、童謡の「ウサギと亀」を思ってしまう。


もしもし かめよ かめさんよ
せかいの うちに おまえほど
あゆみの のろい ものはない
どうして そんなに のろいのか

なんと おっしゃる うさぎさん
そんなら おまえと かけくらべ
むこうの 小山(こやま)の ふもとまで
どちらが さきに かけつくか

                 ♪

この童謡の中の「むこうのおやまのふもとまで
           どちらがさきにかけつくか」
のどちらとは、勝敗を意味しているだろが、この勝敗は単なる勝敗ではない。
どちらが先に先端を切って、戦争に持ち込むかということを意味している。
のみならずこの戦争は、核兵器を用いたものとなり、核戦争に繋がっていく。
これによって我が国はまた、3度目の被爆国になるかもしれない。それも1発ではなく、いくつもの米軍基地めがけて襲ってくると、多重被爆国になる。

ところがこの国の首相は、被爆国の首相でありながら米国の傘に依存しようとしていて、核兵器使用禁止条約にも参加しようとしていない。
むしろ核戦争になってくれるのを、自衛隊の最高指揮官として待っている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人心不信ばかり

2017年09月22日 | ニュース

正恩氏、トランプ氏演説に反発「史上最高の超強硬措置」

安倍首相は国連演説において、持ち時間の8割がたを北朝鮮への圧力や制裁を加えるという非難に終始していた。
ならば間もなく開かれる臨時国会においては、冒頭解散宣言する前に、これまで国民とも約束していた「国有地売却、森友学園、加計学園」問題についてしっかり説明責任を果たす説いた言葉に従って、多くの時間を使って説明を求める。
これは蔑ろにしての国会解散するというのであれば、これはこれまで国民が投票所に足を混んで投票権を行使してきたことを蔑ろにする行為で、犯罪行為と言っていい。
国家の首長がこんな有様だから、閣僚も見習い、議員も見習い、企業首脳も見習っている。
それが人心不信を招き、暗い世の中にしていくばかりでなく、将来の子孫にも影を落としていく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月20日(水)のつぶやき

2017年09月21日 | 国際
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奪われた人材

2017年09月20日 | 社会

O157 厚労省が全国の自治体担当者の緊急会議

安倍政権は、一億総活躍や働き方改革などの政策を取っている。
このことは、単に活躍させるようなことをしているだけで、適切なところには重点に配置しない政策でしかない。
それ故に国民の中には家庭での調理ができず、忽那などの外食ですましがちになっている。
テレビで出ていたが、学校給食は「まずい」という生徒が多いという。そのためにたくさんの残り物が出ている。
それというのも、各学校から給食室が消えてしまった。職員が、給料のいいところなどに引っ張られてしまっているかららしい。
こうしたことには税金を使わず、訪日客が2000万に達するといって、そのおもてなしにはたんまり用意している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦争主義の道へ

2017年09月20日 | 政治

「9条に自衛隊」、自民選挙公約に明記へ 首相の改憲案

こういう公約を選挙公約にするということは、戦争主義の道へまっしぐににいこうという公約だ。戦闘主義と言ってもいい。
9条の1項と2項は残すというが、そんなものいざとなれば黒塗りにしてしまうつもりだ。

それにしても、教育費無償化とか待機児童解消というものも、そういう9条改正して自衛隊を明記し、成長したら自衛隊に引っ張ろうという算段が透けて見える。
積極的平和主義なんぞ何処へやら、敵を求めて戦争主義に。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国連は協調のための場

2017年09月20日 | 国際

北朝鮮の「自滅」警告=横田めぐみさんに言及―初の国連総会演説・米大統領

このトランプ大統領の演説の前に、北朝鮮外相は退席している。
抗議を込めてであろう。
そうした行為は、北朝鮮大使が国連演説を行うときは、米国大使などは退席する。
何が自衛で安全保障か。
国連の場とは、全ての国が協調歩調を取って、人類みんなの世界平和に繋げていくべきもの。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月19日(火)のつぶやき

2017年09月20日 | 国際
コメント
この記事をはてなブックマークに追加